夢記録

しゃべる犬はシェパードでした

昨日は、園の仕事でプールでした。
くたくたに疲れて寝たから、やっぱり変な夢をみました。

疲れた夜に見る夢は、たいてい仕事、しかも園バスの夢が多い。
過去最高記録は、園バスが世界路線となって、
シフトがとんでもなくなって、
「ネパール経由ロンドン行き」
だったりしたこともあります。
園児をひとり、タクラマカン砂漠でおろした後に、
「ああ、ここで砂漠はおわりじゃあないんですよね。この後、サハラもあるからね。」と、ガックリして、運転の先生に愚痴を言おうとしたら、
すでに現地ドライバーに交代していて、さらにガックリしました。

そんな夢をみた記憶もはっきりとあるので、
昨日の夢もすぐに「疲れてるから園バスの夢を見ている、だからこれは夢、ウソ。」と思いながらどこかで安心していました。

だってそのバスは、園バスを車検にだしている時に借りるレンタカーだったからです。今、借りてるワケないし。
レンタカーだから、大人の座席なので、先生はいちいちシートベルトを園児に着装させます。カシャン、カシャン。

すると、私の頭をワシワシと掴む小さな手を感じました。
小さなリスザルが乗車しているようです。
まりせんせいはマスのつかみ取りが得意なので、
絶対に捕まえられる自信があったのですが、
ダメでした。

しかも、園バスにも違う子を乗せてしまうというミスもおかしているようです。まだ、3歳になっていない、卒園児の妹さんが、うちの園ブレザーをきていたから間違えてのせてしまったようです。
夢じゃないまりせんせいなら、ありえないことです。

どうやら、リスザルは、その小さいお嬢さんの家のペットだったらしく、
電話で連絡がつきました。
でも、園バスにはルートがあり、まだピックアップをしていない園バスを待つ園児のために運行は続けなければいけません。リスザルをのせたまま。

園児の乗車のたびに、私は片手でリスザルをガードして、
園バスからサルが逃げ出さないようにしなければなりません。
これは、そうとうこたえました。
園児だけが園バス内にいるだけでも大変なのに、プラス、サルが逃げないようにガードしつつ、次々と園児を乗車させなければなりません。
もうヘトヘトです。

でも、そのリスザルは、持ち主がはっきりしている「ペット」で、所有物でもあるので、私が逃がしてしまえば園の責任が問われるかもしれません。
だから必死で、足もつかってくいとめます。
サルは、助手席からも逃げようしました。
運転のY先生が、
「まりせんせい、危ないよ。」
と、教えてくれました。

「今日はついてないなぁ。水瓶座のラッキー順位は12位だったのか?」

ちょっとゲンナリしたところで、
園バスの携帯が再び鳴りました。

今度は犬らしい。
「あ、うちの犬が後ろからついてくる!」
電話で園からの連絡があったとおり、園児の家の犬が自ら園バスを追いかけてここまできてしまったらしい。

場所は、もう10年以上もルートを通っていないT市の自衛隊宿舎近くでした。(こうゆう過去の記憶がドンとつながってなつかしくでてくるのが夢っぽい)

こうなったら、犬も捕獲せねばならぬのか!(嗚呼)
そう思って、園バスを路肩に駐車してもらって、ドアをあけて、
私だけが犬と向き合いました。

犬はジャーマンシェパードでした。
「いいんです。ボクは勝手についてきただけだから、まりせんせいは関係ないんです。」

お、犬がしゃべったよ。
ソフトバンクかよ。

なんでも、その犬はお父さんではなくて、
ただ、その家で飼われている普通の犬で3歳だそうで、
ただなんとなく、走っているバスをおいかけてみただけだそうでした。

「しかし、困ったね。おうちの人に先生はなんて言ったらいい?
ちゃんと届けてくれって、責任って言われるかな?」
と、私も保身マンマンで申し訳なく言ったところ、

「大丈夫です。ボクは自分でしたくてきたんだから。
それに、ボクは飼われているんじゃなくて、持ち物でもないから。
出て行こうと思えば、いつでも出ていけるんです。
あ、大丈夫ですよ。まり先生の立場もあるでしょうから、
ちゃんと今日のところは帰りますから。」

そういって、シェパードはキュンときびすを返して、またスタスタと家路にむかって4本足で去っていきました。

こんなことがあったんで、
「こりゃもう10時には幼稚園につけないね。お片づけになっちゃうね。」

年長さんたちにため息をつかれながら、私もすまないねぇ。

と、思ったところで目が覚めました。


あの、リスザルはどうなったんだろう?
ハッピーエンドのエンドロールが見たかった。

そして、シェパードが「えっ?何か?」
って、とっても意外そうな顔で首を傾ける仕草が、とっても印象的でした。


目が覚めてから、だんだん頭がはっきりして、テレビの星占いをみたら、

やっぱり水瓶座は12位でした。


ちょうど、近隣でヘビが逃げ出した事件があって、
そのヘビが「ペット」なのか「野生」なのかによって、
警察と市役所とで管轄が違うって、話を聞いて寝たからかな?


次の疲れた日には、できればまた世界旅行バージョンが見たいものです。
スケール小さくてリアルな夢は、疲れます。朝なのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和ワールド

さっきまで見ていた夢の話。
忘れないうちに記録です。

新しくできたテーマパークにこどもたち2人を連れて初めて行きました。
「昭和」をテーマにしたとっても大きな室内型のテーマパーク。
イクスピアリくらいの大きさでした。

まず、入ると、「昭和のゲームセンターゾーン」、そこに連続して「さくらんぼショッピングアーケード」というのもありました。アーケードとあって、室内にさらにアーケードがある。なつかしい。アーケード。コロッケとか売ってるし、ママは後でここにいくの希望。

ゲームセンターは、ファミコン登場以前らしく、「紐ひき飴」とかがあり、リリアン編み教室、写し絵教室がありました。エリザベスは、ピンボールをやってすっかりはまり、テーブルホッケーで、その場で友達もできました。
パンダは、ひゅっとどこかにいってしまったので、携帯で探そうとしたら、
「昭和をテーマとした空間なので、携帯のご使用はできません」
と、なっていました。
ママはパンダを探しにいかねばなりません。
エリザベスに所持金を聞くと、500円あるというので、自分の裁量で使う許可をだして、パンダを探しにいくことになりました。

ここからが、すごい。
昭和ワールドはすごく広かった!
その先には、「男の世界」「女の世界」「男と女の世界」の3つ又になっていて、どこかを通らなければ先にいけません。
パンダを探すことは忘れて、迷わず女の世界に足を踏み入れました。
男の世界のBGMには、「ボギー大佐」が流れ、
「♪サル、ゴリラ、チンパンジー」と聴こえます。コンバットっぽい内容かもしれません。
女子の世界は、少女マンガのような、ベルばらのような小物がたくさん売っていたり、「変身コーナー」や漫画喫茶がありました。
とにかく、パンダを探すために概要をつかもうと、先をいそぐと、あっけなく出口にきてしまいました。
チケットはポケットにあったので、最初から振り出しに戻れば、またこどもたちに会えるかもしれない。
そう思って、トイレにいってから退場しました。
トイレはくみとりトイレだったので、とってもしたかったのにでなかったようです。いえ、夢だったからでなかった、それで良かったのです。
出ちゃったら、おねしょだもんね。
洗剤はサンポール、手を洗う石鹸は緑の液体シャボネット。芸が細かいなぁ。

再入場すると、今度はなぜか、壁にお経のような文字がたくさん。と、思うとヤバイ、昭和の恐怖ゾーンで、エリザベスの大っ嫌いなお化けがいそう。ものすごい行列。梅図かずお先生プロデュースだ。
ここをさけようさけようと迂回すると、空襲警報が。モンペ姿のスタッフがいる、「戦時中」を表現している。
とにかく今は、コドモたちに会いたい。
自分で勝手にどこかにいっちゃったパンダはともかく、エリザベスは小心者なので、心配。

とにかく先を急いで、戦争中のすいとんコーナーから、綿飴、チュッパチャップスがあって、やった〜!「さくらんぼショッピングセンター」に再び入れた!

そこで、さびしげに「ママ」と、片手をあげるエリザベス。
「どう?楽しめた?」と聞くと、
「500円なんて、あっとゆうまになくなっちゃったよ。」
と、自分で何かを買って食べたり、手には買い物袋をぶらさげているので、お土産も何か買ったらしい。

「これからは、ママが何か買ってあげるよ。」
と、言うと、
「じゃあさ。じゃあさ。100マン円のおもちゃを買って、なんちゃって!」
パンダがいきなり現れた。
何がなんちゃってだよ。アンタを探して大変だったんだよ。
だいたい、コートもシャツも全部脱いじゃって、どこかに置いてきたらしく、
真っ赤なTシャツなんか着てる。
「洋服どこに置いてきたの?」
「忘れた!」

洋服を回収すべく、パンダが手をひくとおりに連れていかれると、
「昭和の公園ゾーン」。
地球儀、箱ブランコ、メリーゴーランド等。
危険と言われ、平成の公園からは消えた遊具がいっぱい。

生まれてはじめて出会う遊具にすっかりはまったパンダは、ここでどんどん熱くなって脱いだんだね。

でも、良かった。夢で。だから、もう洋服を探すのはやめよう。

`````````````````````````````
自分で、そう夢と気づいて、目が覚めました。

でも、行ってみたいな昭和ワールド。

型抜きのチューイングキャンディの甘い匂いが、まだ脳内に残っています。

そうそう、「男と女のゾーン」のプロデュースは、IKKOUさんだそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ宇宙に出発らしい

1月3日の朝の事らしい。
テレビの「のだめカンタービレ」の再放送は、朝の8時から一挙に1時くらいまでまとめて放送という。

なので、がんばって早起きした!と思ったけれども、
もう家族の皆さんは起きている。

実家の毋と娘が宇宙戦艦ヤマトの制服みたいな服をきてボーっと立っている。
私はまだ、ベッドに入ったまま、
「ああ、早くおきなきゃ、『のだめ』に間に合わない」と思った。

毋と娘とは、まだひとことも会話をかわしていないけれども、
夫から急がないと地球が危ないと言われて、やっと起きることができました。

なんでも、ウチの家族は、これから宇宙に出発するらしい。
毋は宇宙船を操縦するために、宇宙人と身体を共生させた状態になっており、
これからの長い旅路の間は、ずっと意識は宇宙人となっているらしい。
娘は、その助手として選ばれたそうだ。

それで、選ばれなかった、夫と私と息子のパンダは、
これから冷凍睡眠の状態で宇宙に運ばれるらしい。

「そ・れ・で・だ。」
夫がもったいぶって発表、というか、いつものようにアホの私でもわかるように、わざと簡単に説明しようとしてるところがムカつく。

「これから、冷凍睡眠に入るチームの3人は、しばらくは動けなくなるんだから、それぞれ大事な事を済ましておかないといけない。」

夫はそうゆうと、イソイソと、大事な事を済ませに行った。
と、思うと、3分もたたずに帰ってきた。
「アンタ、何してきたの?」と、尋ねると、
「スクールゾーンの看板を出して来た。」と言うと、
これで、俺が地球でやらなければいけない大事な事は終わった!
と、私とパンダをせっついてきた。

パンダは、
「俺、シャケのおにぎりが食べたい。」と、言いました。
冷凍人間になる前に、どうしても食べておきたいというので、
私はパンダを連れて、近くのコンビニまでいきました。

おにぎりを2個、手にとってレジにいくと、
パンダのお財布からは、「ナンジャコイン」(池袋ナンジャタウンでしか使えないコイン)と、二千円札がでてきました。
ナンジャコインなんて、使用できないので、
仕方がないので、二千円札をくずそうとすると、パンダが泣いて抵抗しました。
「二千円札は貴重なお金なんだよ。これを使ったら、ただの千円札になってしまうよ!」
これから宇宙に旅立つので、あいにくコドモの財布しか残っていないと事情をお話すると、コンビニのおじさんは、快くナンジャコイン5枚でおにぎり2個を売ってくれました。
これで、パンダは弐千円札とともに宇宙に旅立てます。ありがとう。

家にもどると、もう出発という事になりました。
なんでも、我が家がそのまま宇宙船として使用できるそうで、
これからどこかの宇宙ステーションにいく事なく出発できるらしい。

「あ、でも。『のだめカンタービレ』はどうしよう?」
仮に、タイマー予約をしたとしても、
冷凍睡眠から覚めた後だと、何年後に見られるか、わからない。

すでに意識は宇宙人となっている娘は、
あきらかに呆れている様子。

すると、毋の身体を借りているエイリアンからナイスな提案が・・・。

「そのマリさんがどうしても見たいというテレビ番組が放送終了まで、地球の周回軌道に留まりましょう。テレビを見終わった後にハイパースペースウィンドウを開いて、亜空間に突入しても、決して遅くはありません。」

おお、ありがとう。ありがたい。これで、心おきなく、冷凍される事ができるよ。

「それで、その地球の重大な情報番組は何チャンネルですか?」

そう、聞かれたので、素直に、

「8チャンネルです。」と、答えました。

時計を見ると、あともう少しで放送開始。
と、同時に宇宙に出発だあ。

私のどうしても見たいテレビ番組が宇宙平和になんの関係もないって、知ったら、宇宙のヒトたちがっかりするかもね〜〜〜。


*******************************
って、とこで目が覚めて、
本当にリアルで「のだめ」を見ました。

そして、数日たった今日。
夢と同じ事が起こりました。

パンダが二千円札を使うのを、超ためらったのです。

理由は?
と、尋ねると、
「だってさ。二千円札ってさ。本当は四千円の価値があるのに、
千円が2枚としてしか使えないでしょ。」

現実は夢よりも変でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中井貴一の夢をみる

大きな鏡がある公民館の会議室にて。
中井貴一が、大きなゲームマシンに向って座っている。
このゲームマシンのスクリーンを通して、宇宙に物体が送れるらしい。
まるで「スターゲート」だ。
異次元空間を通って、どこかのエイリアンと交流ができるのだね。

「でも、残念な事にね。これは一方通行なんだ。
エイリアンから、何かを得る事はできない。
でも・・・。いいじゃないか。それでも充分素晴らしいんだ。キラリン」
さすが、中井貴一。
最近は映画のプロデュースにも取り組んでいるというグローバルな視点に感心する。
そして、なんだか私はそのプロジェクトのメンバーに選ばれているみたいなのだが、その時はそれで解散して、みんなの街のゲーセンからそのゲーム機を使って、自分で考えたベストなものを宇宙に送り、次の会合ではその成果を報告しましょうということになりました。
まるで「スターファイター/宇宙からのスカウト」だ。

その間には、またいろんな事が起こり、あるアメリカ人カップルは、「シズラー」のサラダバーから、シリアルを盗んで送ったり〜(中略)〜

そして、私は、偶然にも誤って財布ごと送ってしまったところ、
宇宙人は律儀にも、小銭だけをぬきとって私の財布を返してくれました。
免許証もクレジットカードもパン屋のポイントも無事でホッ。

早速、その成果を秘密の会合で、中井リーダーに報告すると、
ものすごい議論がわき起こってしまいました。

何はともあれ、宇宙人の方から送ってきたのは初めてなので事件だ。
宇宙人は、きっと硬貨に使われている金属が欲しかったのだ。
進んだ科学技術によって、たとえ微量でも宇宙人によって、戦争に使われる規模の兵器を生産されているかもしれない。

そんな中。
私のそのうっかりからの大発見が、うかつにもマスコミにバレてしまい、
TV「王様のブランチ」でも紹介され、一躍ブームに。
「姫さま」が財布を取り出し、小銭のみがなくなり再び帰ってくる様を実況していた模様。

私は中井貴一にこっぴどくしかられるのでした。
「パンダママさんのせいで、今、ひとつの宇宙文明が滅びようとしているかもしれないんだよ。キッ。(一重にらみ流し目)

私は、小言にうなだれながら、
「ちぇっ、なんでぇ。宇宙人だってさ。ちょっと小銭を溜め込んでいるだけかもしれないじゃん。一種の財テクかもよ」
って、反論しようとした言葉をぐっと飲み込みこんだところで目が覚めました。

恐るべし、中井貴一。黄色のポロシャツの襟を立てておいででした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙人ってすごいね

「先生、突然なんですが、一家で宇宙に帰る事になりました。」
面談のアポをとっていた、年少のキアヌ君のママが真顔で言いました。

「えっ?じゃあ、キアヌ君は宇宙人なんですか?」
「というか、家族全員が宇宙人です。
その〜。お見せできないんですけど、人間の皮をですね、被って生活していた訳です。」
「ほぉ、それは大変でしたね。それで、ご転勤ですか?」
「そうなんです。地球の任期がおわりまして、また別の星にいくまでの間、しばらくは宇宙の社宅に入る事になります。」
「そこまで決まっているんですか、キアヌ君も馴染んでいたのに残念ですけど、
お父さんのお仕事関係の方たちも宇宙人だったなんてわかったらびっくりされるんじゃないんですか?」
「あ、大丈夫です。アナライザーっていう、忘却器を使いますから、皆さんの記憶を消してからになります。」
「あ〜、メンインブラックの映画ででてきたものですね。知ってます。」

「まり先生は確か、アナライザーは3回目ですね。」
「えっ、そうですか?」
「そうなんですよ。カムイとカヌイ兄妹や、キョーキヨー毋子も同じ宇宙の派遣です。」
「はぁ、そう言われてみればわかりますねぇ。もしかして、本園をわざわざ宇宙から選んできてくださったのですか?」
「実はそうなんです。まり先生が暗示にかかりやすいのはこちらにとって好都合なんです。
「ハハハハ」
「ハハハハ」
「・・・・」
「・・・・・」
「ところで、突然だったので、お絵描き帳と、写真の申し込み、あと、クラスだよりをお渡ししておきたかったのですが、またいらっしゃる事できますか?」

「あ、じゃあ、今度の満月の時に、ホールの前の下駄箱の上に出しておいてください。月の引力でひっぱってピックアップしていきますから。」
「宇宙人って凄いですね。」
「一応。ハハハ」

「あ、言われてみてみるとですね。
お母さんの皮、ちょっとずれていてやっぱり着ぐるみってわかるような気がします。」
「えっ、ヤバイな。そうですか。実はですね。転居先を視察に行くんで、
実は一度脱いでしまったんです。まさか人間のかっこうしては宇宙にいけませんからねぇ。」

ハッ。

後ろから見るとキアヌママがますます着ぐるみのように見えてホラーなところで目が覚めました。ひさびさの大作だぁ。

ちなみに、リアルなキアヌ君。
今日は園で毒を6つ作ったそうでした。お砂場でね。
ナイスキャスティングなんだな、これが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治家が夢にでてきてびっくり

昨日は出かけていて、総裁戦の結果を見ないまま寝てしまったのですが、
またまた不思議な夢をみました。
麻生さんと福田さんが、21世紀を担う子供たちに実力をアピールするために、うちの幼稚園がモニターとして協力することになった模様。

目覚ましテレビの企画か。
見覚えのあるスタッフさんたちの手により大型スクリーンがホールに設置され、
お2人方それぞれが映像対決する模様。

テーマは「君たちの未来」。

先行は麻生氏。
フルデジタルCG処理された、臨海副都心の海にシュモクザメが。なるほど、環境へのアピールかなあ。と思ったけれど、「変なイキモノDVD」みたいにマニアな深海生物も登場したところで、園児も飽きてしまい、選手交代。

福田氏はとなりのトトロも登場し、園児たちは喜んでいました。でも、きっとプロの作家さんに外注したんだろーねー、
麻生さんは一生懸命、自分で考えたけど変なのだったねー、
って、先生方と園庭で立ち話してました。

目が覚めて・・・。
本当にに麻生さんが負けていてびっくりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドの山奥で

まるでレインボーマンが修行をしてそうな山奥でした。

なぜかガリュウさんにご案内していただき建物の中に入ると、「ハーディガーディ」とか「クルムホルン」とか古楽器が整然と並んでいる。なぜか日本の和太鼓の大きなものもあって目を引いた。

「まるで日本じゃないみたいですね。」
と、がりゅうさんに言うと・・・。
「えっ、それじゃあ、パンダ君のお母さんはここを日本だと思ってらっしゃる・・・。」と意外そうに驚かれてしまい、その気まずい雰囲気を崩そうと外にでると、ゴゴゴ・・・、と何やらキャタピラ系の音が近づいてきた。

すると、息子がまさに理想とするような「恐竜博士がベースキャンプで使用するのに最適と思われるキャンピングトレーラー」が頑丈そうな4WDに牽引されてやってきて、その後からアポロ探検隊みたいな白い3輪バギーにのったテツさんが爆走してきた。

「あ〜この光景をパンダに見せたらどんなに喜ぶことだろう!」と、思っていると、テツさんはそのバギーを恐竜研究用のトレーラーに更に牽引すると、そのままそれにのりこんで更に奥地へと去っていかれました。

気づくと私だけが取り残されたので、仕方なく先ほどの楽器館に戻ると、2階に人の気配がしました。
すると、こどもばかり20名ほどが座敷に長テーブルで食事中。大人はチビまる子ちゃんのお母さん役の清水ミチ子さん、ただ一人でした。

そして、ミチ子さんは私に
「じゃ、あとはまかしたから・・・。この子たちはちっとも手伝わないし、片付けないから・・・。」と言い残し、がま口を私に握らすと去っていきました。

途方にくれる間もなく、コドモたちがよってたかって食べ終わった皿を流しにもってくるので、当然全部の後片付けを一人でしました。

もしかしたら、このままずっとかわりの人があらわれるまでここにいなければならないかもしれないので、いっそコドモたちを教育して「手伝いのできる子」にしよう!

そう、胸にちかったところで、目が覚めました。


昨夜、「ジョルジュ・メリエス」監督の「月世界旅行」につづく、太陽までの旅を綴った映画「不可能を通る旅」を古楽器の伴奏と弁士の解説で観たせいで・・・

こんな夢を見てしまいました。

・・・・・・。

まだ、口の中には昨晩のネパールカレーのスパイシーなかほりと、マトンの胸焼けが残っており・・・。


さてと。


これから、2度寝します。

おやすみなさい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)