ぺとら&外部活動

プレ告知 坂本真理 無声映画伴奏情報

2020年もよろしくお願いいたします。

年賀状も欠礼してしまっておりますが、ここ数年、年末年始のレッスン仕事がない期間には、自宅のスタジオに籠もって集中して無声映画のコンセプトに取り組む時間をとらせていただいています。

頂戴した年賀状のお写真は、じっくりと拝見させていただき、卒園児のみなさまの成長に思いを馳せています。

今年の干支の🐭は、理事長先生が84歳、娘エリザベスが24歳でそれぞれ年男、年女を迎えています。

みなさまにとっても、どうぞ良い1年が過ごせますように!

 

年末年始にこもって音楽制作している作品上映の詳細が情報解禁になりました。

映画「カツベン!」の監修も担当された澤登翠先生を中心とした活動写真弁士のみなさまの説明を音楽で盛り上げていきたいと思っています。

ご興味がありましたら、よろしくお願いいたします。

 

イベント名■第740回 無声映画観賞会
     春爛漫!!ニコニコ大会2020

時間■2020年3月29日(日)
   13:30開場14:00開演
場所■東京・古石場文化センター
   https://www.kcf.or.jp/furuishiba/

作品名■キートンの滑稽恋愛三代記  1923米 64分
   ■チャップリンの勇敢     1917米 22分
   ■爆進ラリー         不明 米 20分
   ■極楽二人組経師屋の巻1925米9分

弁士■澤登翠 山城秀之 樗澤賢一(敬称略)

楽士■坂本真理(キーボード演奏)

チケット一般¥2000他(マツダ映画社無声映画観賞会、江東シネマ倶楽部、ティアラ友の会)
主催■無声映画観賞会 共催■江東区古石場文化センター
予約■上記 前売り券■江東区文化コミュニティ財団

マツダ映画社 無声映画観賞会に4回目の出演をさせていただくことになりました。

映画「カツベン!」のカットしたフィルムが缶に集められたシーンにて、主演の成田凌さんが、チャップリンやキートンなどの喜劇俳優のフィルムを発見して、
「これで、毎日ニコニコ大会できますやん!」
(記憶で台詞を書いています。間違えていたらご容赦を!」
そのシーンで登場したワード「ニコニコ大会」ですよね!

2018年にバスター・キートンの「荒武者キートン」の伴奏を担当させていただいたのですが、キートンの今作は、その直前に制作された「原始・ローマ・現代(1923)」の三つの時代のオムニバスになっており、音楽をつけていて、脳味噌が3つ欲しい!と切り替えの難しさを楽しんでおります。まだ、即興部分の分析と作曲作業中ですが、作品との巡り合いに感謝しつつ作業を進めております。

無声映画観賞会、珍しい昼公演です。
活弁、カツベン!本当に素晴らしいです。
ご興味のある方、春の話ですがぜひチェックをお願いいたします。

| | コメント (0)

こどもと音楽で未来をつくるvol,6

Img_1280

日時:2019年3月10日(日)11:00〜16:30(入退場自由)

東京大学 駒場キャンパス 身体活動実習室(駒場コミュニケーション・プラザ北館3F)

パフォーマンス・演奏
Doppelzimmer
楽団ぺとら
なごやゆり+端田新菜(劇団ままごと)+権頭真由
人形芝居燕屋
—元「こどもの城」の音楽家たち—
こどもの城児童合唱団・混声合唱団
こどもの城OshiroBand
Bloom Project
シンポジウム
/テーマ[未来のこどもの城をつくる]
田中淳士(たなか・あつし)自治体職員 文化政策担当
捧公志朗(ささげ・こうしろう)美術家/こども教育宝仙大学教授
遠藤由加里(えんどう・ゆかり)元こどもの城主任指導員
進行:小田部胤久(おたべ・たねひさ)美学者/東京大学教授
山口遥子(やまぐち・ようこ)東京芸術大学/おこわ代表
Img_0994Img_1335Img_1337
こどもの城のみなさん、こどもの城が大好きだった若いママアーティストたちとのレギュラーに顔をあわせていたこのイベントも、
東京都のこどもの城の建物を買い上げたことを鑑みて、
しばらくイベント開催を見送るということで、今回のチケットは本当にすぐに完売してしまいました。
何回も続けて出演しているうちに、
他の出演者、バンドとも仲良しになり、
自分たちの出演コマだけではなく、
「ウェルカムミュージック」
「おせんべんべん」
「ドッペルツィマー」にも、飛び入り参加。
E8a44f1a701249c2946b25bf244e501b
出演者の若い仲間たちと。
発起人のドッペルツィマー 山口遥子さん
ままごと 女優のなごやゆりさん


Img_1341_1
わたくしのベストショット。

まりりんwithBです。

こどもの城 お城バンドのドラマー かずとくん  パーカッショニスト TAP DO!坂口勝さん


| | コメント (0)

第一回 澤登翠と無声映画を楽しむ会 

C19b75dd18444ddd97ae7dbf70d2fd9c
53739970_1924946290950101_37850765868694
会場のアウディ ディライトカフェ 私の後ろには、アウディの外車がずらり=
53864679_1924946310950099_42184418192827
七色の声で、すべての登場人物を演じ分ける活動写真弁士の澤登翠先生。
私は、今回の「グレタ・ガルボ」のフェリシタス役のちょっと鼻にかかって匂い立つような独特な声に、ぞくぞくしました。
53889031_1924386901006040_40530453646079
出演者&スタッフも、お客様も一緒に、終映後に素敵なコース料理をいただきました。
右奥から、主催のパインウッドカンパニー代表で、マツダ映画社専務の松戸誠さんは、テレビの散歩番組などで「マツダ映画社」が紹介される時にも出演されています。私は、テレビで2回、観ました!
澤登先生 本当に大好きです。気さくにたくさんお話ししてくださいます。
左は、スタッフ参加をされた活動写真弁士の植杉賢寿さん。
973e1828cd42452a9e5e28fbb6c29e1d54731062_1924386931006037_68955546177450
会場の雰囲気もよく、
終映後も、お客様方が、いろんな質問をしてくださいました。
外国からのゲストの方とも、たくさんお話しをさせていただき、
とっても楽しかった!
1日、全部が楽しすぎて、
ずっと笑っている日でした。
映画の中の世界に入ることは、本当に素晴らしいことですね!
無声映画の次回作も、頑張ります!

| | コメント (0)

「肉体と悪魔」 告知

Img_1183Img_1184Photo
追記 マツダ映画社のホームページに紹介記事が掲載されました。
  昨年11月のマツダ映画社724回無声映画鑑賞会「奇想天外!大都映画特集」での「謎の殺人事件」に引き続き、活動写真弁士の第一人者 澤登翠先生の説明に、音楽をつけさせていただくことになりました。

今回も、映画の設定時代や、舞台のドイツの音楽について、
私なりに、深く掘り下げる時間を大切に噛み締めて、
音楽の想像の世界を膨らましました。

幼稚園の園長として、いろんな人との交わりを経験させていただいた私だからこその映像からの音楽への変換があると思っています。

幼いゆえにの感情をむき出しにしたこどもたちから、パッションを受ける度に、私の音楽の引き出しにしまい込んだ財産があると思っています。

澤登先生の七色の声。
登場人物ごとに声を変えるのみならず、
その人物の成長で少女期と乙女、成熟期と、声も変わっていかれます。

ぜひぜひ、生でご覧いただきたいと思っています。

第一回澤登翠と無声映画を楽しむ会

 グレタ・ガルボ主演 サイレント時代の代表作
「肉体と悪魔」
1926米 90分 
弁士 澤登翠
楽士 坂本真理
3/17(日)17時開場 17:30開演
Audi Delight Cafe(横浜)
¥2500  1Dr 50席
主催 パインウッドカンパニー
   03-5856-0056
協力 Audi Delight Cafe マツダ映画社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツダ映画社 第724回無声映画鑑賞会

Photo

マツダ映画社

マツダ映画社は1952年に松田春翠によって設立された、日本で唯一、無声映画を専門に扱っている映画会社です。
517j5fhrqel_sx368_bo1204203200_
BRUTUS」(12/1号)は映画特集。マツダ映画社(無声映画鑑賞会)が、澤登先生のお写真入りで記事になっていました。
さて、そのような伝統のある会に、お声をかけていただいた企画は、「大都映画」の特集です。
マツダ映画社さまのツイッターより、引用させていただきます。
大都映画のコンセプトは、「民衆娯楽」親しみやすい作品を安価で提供することにありました。エンターテインメントです。芸術性はありません!(11.27@matsudafilm)
明日の無声映画鑑賞会は、大都映画特集です。先日、お客様にチラシを見せたら、大山デブ子って女優さんがいたのですか?ととても興味をもってくれました。大山デブ子さん大都映画には欠かせない名脇役です。伊丹万作監督の傑作『國士無双』の脚本家伊勢野重任と結婚し「良妻賢母の鏡」だったそうです。(11.27@matsudafilm)
****************
私は、明治生まれの祖母が大好きでした。声楽家として活躍し、満州で五族協和の楽団での演奏旅行の話など、初孫の特権でたくさん聞くことができました。戦後間もなく亡くなった祖父も緑波一座の俳優だったそうで、1920年代くらいの時代は、本当に面白かったのだなぁと思います。
祖母の話は、
「ズロース(パンティ下着)の履き方を朝礼で習った」
とか、本当にびっくりすることが多かったけれど、
昭和、平成、そして、これからの新しい時代と3つを生き抜いた私も、そのうちそんな風になるんだろうなぁ〜とも思います。
最近の毎週楽しみに見ているドラマが、BSの「ダウントン・アビー」 。そもそもテレビをあまり見ない私が、しかも連続ドラマを熱心に見ているので、娘はびっくりしていますが、無声映画でおなじみの時代のいろんなモノや状況が、綺麗なカラーで再現されているので、私にとっては、とても勉強になっています。
特に、当時、出立ての「電話機」。機種によって、音の違い、音程が異なり、今回の映画のひとつでは、それをしっかり活かすことができました。
そして、蒸気機関車。2017年「臨時雇の娘」2018年「荒武者キートン」と、蒸気機関車が登場しましたが、今回は、橋や踏切といった状況音に変化のある場面もあり、やりがいがありました。そして、ラボの生徒さんに「蒸気機関車大好き」兄弟がいるので、私が、蒸気機関車について発見したことを報告すると、目をキラキラさせて彼らも聞いてくれるし、彼らと楽しく「汽車ぽっぽリトミック」をやり続けていることも、役立ちました。
映像に合わせて、「こんな音像かなぁ」という下準備と、当日の弁士さんの説明にあわせられるだけの応用力のための練習は、本当に楽しい作業です。
そして、一番は、弁士さん方の素晴らしい活弁を間近に聞ける幸せ。
皆さま全員と初共演だったのですが、
中でも、日本のトップ弁士、澤登翠先生とご一緒できたのは、本当に光栄の極みでした。
12月のマツダ映画社無声映画鑑賞会は、紀伊国屋ホールにて、澤登先生のリサイタルです。私もチケットをゲットしました。大変楽しみです。
20181201_134817
(撮影 黒澤孝行)
人気の「大都映画」なので、満席に席を継ぎ足し継ぎ足すたくさんのお客様にご来場いただきました。
ミュージャン仲間や、映画関係者の方など、私を応援してくださる方にも足を運んでいただき、心強かったです。
浅草サンバカーニバルや、音楽活動など「まりりんの専属カメラマン」黒澤さんにも、見守っていただけました。上映が終わって、澤登先生のすぐそばで嬉しくで満面の笑顔の写真。一生の記念になりました。
お声をかけてくださったマツダ映画社さまと関係者の皆さま、
暖かく迎えてくださったご常連の無声映画ファンの皆さま
ご来場くださったまりりんの応援の皆さま、
気に留めてくださった皆さま、ありがとうございました。
マツダ映画社さまのHPは、下記⬇️リンクをご参照ください。
1959年より毎月一回上映会を開いている伝統ある「無声映画鑑賞会」にて、芸能生活45周年をむかえられる澤登翠先生含む4名の活動写真弁士の皆様の伴奏をさせていただきました。
[奇想天外‼ 大都映画]
11月28日(水曜)午後6時30分開演 (午後6時開場・終映予定8時40分)
『謎の殺人事件』(19:45~)
2018112801
昭和13(1938)年  大都映画作品 (43分)

監督/後藤昌信 

出演/水島道太郎、高原富士子、藤間林太郎

弁士/澤登 翠

『密林の怪獣群』(18:50~)
2018112802
昭和13(1938)年 大都映画作品 (41分)

監督/山内俊英 

出演/大岡怪童、雲井三郎、大山デブ子、山吹徳二郎

弁士/山城秀之、山内菜々子
『弥次喜多 岡崎の猫騒動』(18:30~)
2018112803
昭和12(1937)年 大都映画作品 (14分)

監督/吉村 操

出演/大岡怪童、山吹徳二郎、大山デブ子

弁士/植杉賢寿

キーボード伴奏/

坂本真理

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SKETCH vol.3 PLAY with MUSIC 坂本真理×福澤達郎

SKETCH vol.3

PLAY with MUSIC

坂本真理×福澤達郎

10/27(土)

六本木シンフォニーサロン

主催 HIBIKI music

こどもの城〜楽団「ぺとら」で長期に渡って音楽活動を共にしている福澤達郎(たっちゃん)との二人会。都内大手音楽教室を経営されているHIBIKI musicさんの主催にて、YAMAHA音楽振興会、ピティナピアノステップの後援にて、お子様を含む幅広い年齢層&プロの演奏家、音楽業界関係者も数多いけれど、音楽以外の視点も熱いという隙のないお客様の前にして、「まりりんワールド全開」にて、リラックスして全力を出し切って参りました。ご来場くださった皆様、興味を持ってくださった皆様に感謝しつつ、次回作のリクエストや、公演プログラムとしての再演の声も頂戴しましたので、プログラム(セットリスト)をご紹介させてください。

1 SOUNDNESIA/福澤達郎 坂本真理 作

20181028_140127 使用楽器 レインスティック/木の実ジャラ/マウリリオ鳥笛/ターマ/釘ツリー大、小、鍵ツリーチャイム/シンバル/カシシ/鈴/コンツォウカ/ビブラトーン

今回のために、福澤と共作した書き下ろし曲です。福澤の専門ジャンル「ガムラン」の地、インドネシアに因み、「ネイチャーネシア〜サウンドネシア」というタイトルの元、人間が自然から学び、尊敬を込めて模倣をした楽器を中心に、サウンドスケープ(音の風景)で描き出しました。

たっちゃんの音楽面白トーク

1)和音の話~One Note Samba/Antonio Carlos Jobim作 

使用楽器 ブラジルのトライアングル/本か!(オリジナル楽器ミニカホン)/パンデイロ

 

2)素数の話~連弾による音あそび/オリジナル

20181028_140203
素数のトークは、自然界の素数利用ということで「蝉」の繁殖のお話でした。
20181028_140241
トークに熱がこもる達郎氏

3 お題による即興コーナー/坂本真理 

Photo

お子様の参加者からお題をもらいながら、ストーリーを組み立てていく様子の動画

即興演奏のコーナー。当初は、福澤氏と二人でと思ったのですが、ガチで、お客様からお題をもらっての完全即興にすることになったために、私がひとりで担当することになりました。とはいえ、お題が必要なので、客席からの発言を求めて、最前列に席をキープしてくれた、「こどもの城」での公演で「ぺとら」を知って、それ以降、いつも「ぺとら」を熱心に応援してくださっているご家族のファンのお子様たちにきっかけを作ってもらおうとしたところ、どんどんと泉のようにストーリーが湧き出てくれて、とても良い作品ができました。

もったいないので、これを3月の東大駒場キャンパスでの「おこわ企画 こどもと音楽の未来を作る」イベントにて、新作として、絵物語として発表できたらなぁ〜と思っています。こどもの想像力って、素晴らしい。とても勉強になりました。会場の反応もとても暖かかったです。

4リズムクイズとボディパーカッション/オリジナル

Photo_2

ボディパーカッション クイズの答え

1 サルサ(キューバ)

2 ブギウギ(アメリカ)

3 レゲエ(ジャマイカ)

全員参加 譜面付き サンバ

参加者の皆様が、音楽関係、または教育関係の方が多いサロンコンサートでしたので、皆様が、後でそれぞれの現場に持ち帰っていただく用に、譜面も用意したところ、私は、暗譜で客席をみながらボデイパーカッションをしているのですが、お客様のほとんどは、下をむいて楽譜をガン見しながら、手拍子、足踏みをなさっているという珍しい光景を堪能いたしました。初見で、これをクリアされた方もいて、すごい!と思いました。私は、耳から覚えるタイプなので、この光景にはびっくりしました。

5おもちゃ箱のポルカ(ドレミ)/福澤達郎 作

20181028_161301

ドとレとミの3音だけで構成される楽曲を、まずは主催の松枝先生と福澤氏でピアノ連弾でお聴かせいただきました。松枝先生、完璧に練習されていて、本当にご苦労さまでした!さすが!

Photo_3

使用品  

【まりソロ】

フィルムケース

いいちこ瓶

サイダー瓶

Photo_4

【お客様参加】

自転車ベル

ラチェット

ビブラスラップ

チゲ鍋

食卓ベル

この後、15分間の休憩中は、ワインとフードなどのご提供と歓談。

そして、ステージの上の楽器を体験していただいたり、物販(オリジナル創作楽器、ベトナム口琴など)で楽しく過ごしました。ステージのある公演では、参加人数によっては、楽器に実際に触っていただけることが難しい場合もあるので、少人数でのサロンコンサートでは、このように交流がもてて、いろんな体験をしていただけました。楽器の音の違いも、ご自分で確かめていただけて、笑顔が溢れる良い空間となりました。

休憩後、第二部。

Photo_5

6「音楽狂」1903  ジョルジュ・メリエス監督 仏

主催の松枝先生のお声がけもあり、音楽関係のみならず、幅広い芸術関係のお客様方が、これを楽しみにしてご来場された方もいたとのことです。無声映画が初めてという方にむけて、この作品をご紹介できることは、本当に音楽家冥利につきます。

7「The waiter's ball 」1916 ロスコー・アーバックル監督 米

こちらは、初期ジャズのお話を交えて、レクチャーさせていただきました。映像のチャールストンのステップと音楽のリズムのシンクロをお楽しみいただきつつ、ストーリーテーリングは、全て歌のミュージカル弁士でお届けしました。

協力 喜劇映画研究会 www.kigeki-eikenn.com

8殲滅物語/坂本真理作 (挿入部福澤達郎)

Photo_6
映画の合わせて創作したメロディを「ぺとら」の楽曲として演奏のみverにしたものです。楽曲制作(作曲)、演奏、歌、語り、楽器製作、ビジュアル(大小道具、スクリーンピクチャー)、物語と、『総合芸術』を目指している私たちなので、達郎さんも、今回は踊りました。毎回想うのですが、リトミックのプラスティック・アニメの定義にかなっているかなり音楽的なパフォーマンスでした。

福澤:Piano/カリンバ/踊り/ピアニカ

まり:オルガニート/Piano/ vo

9長い髪のサーカス少女/坂本真理 作

Photo_7

まり:vo/スクリーンピクチャー/ジェンベ/ タンバリン/ シンバル /ツリーチャイム /釘チャイム


総合芸術を目指すシリーズ 2010年に作った「組曲 サーカス」の中の1曲なのですが、福澤氏のこのピアノ演奏が素晴らしく、「ぺとら」に福澤がノリ番の際には、必ずこの曲を入れています。「世界観」を楽しんでいただけたら幸いです。

10JOY /坂本真理 作 

Joy

福澤:ピアノ カリンバ スプーン ピアニカ
まり:ピアノ ジェンベ 鈴 ターマ
即興演奏のお題のインタビューで、その過程は垣間見れたと思うのですが、私の作曲、創作の方法は、ストーリーのパーツと曲のモチーフを組み立てていくことが多く、現在、ラボでこどもに指導する時も、イラストや積み木で造形をしながら、自分で新しい事柄をイチから作る過程を楽しんでいます。
ぺとらのメンバーであると同時に、私のパーカッションの師匠でもあった「つるさんん」の闘病〜死去からしばらく、私はしばらく曲を創る気持ちになれなかったのですが、久々に作った時に、「音楽を作る喜び」を表したのが「JOY」です。
ちょうど、50歳を迎える節目だったのですが、曲中に、「15歳の時の自分に『ねぇ、まだ私、音楽やってるよ。』という」という箇所があります。その頃に流行した「ザナドゥ」という映画っぽいフレーズがちりばめてある箇所です。15歳の頃は、音高から音大にはいくけれど、職業として音楽は続けられるとは思っていませんでした。様々な幸運と、周りの人に感謝しかありません。盛り上がりフレーズが、3回繰り返されているのも、そんな描写のひとつ。私の物語の曲です。
〜松枝先生のご挨拶〜
このサロンコンサートシリーズを継続されている思い、高校の同級生でもある私との思い出などをご披露くださいました。
〜アンコール〜ブルガリア民謡「女狐」
Photo_8
皆さんでセッションしましょう!という声がけで、写真に収まりきれない範囲まで、皆さんが手に楽器を持って参加してくださいました。音楽の専門の方は、より細かい表現をご自身のアレンジで。楽器初心者の方も、まさに「渋谷ズンチャカ」(オリジナル楽器づくりワークショップでお世話になっている渋谷区の音楽解放区コンセプトのお祭り)の精神で、音を出す楽しさを満喫してくださいました。
私は、プロミュージシャンと、音楽愛好家、楽器未経験者みんなが共通言語として、音楽で遊ぶのに、民族音楽は最高のツールだと思っています。
西洋音楽には、習得のレベルがあるので、「みんないっしょ」は、やりづらい。
でも、みんなも初めての複雑なリズムなら、
スタートラインは、それぞれ違うなりの楽しみ方を自分で見つけることができます。
老若男女、年齢を問わない音楽での触れ合いは、もはや大前提。
腕の見せ所としては、
音楽に詳しい人にも唸っていただける音楽分析と魅力の紹介と、
初心者にも空気の振動である音と楽器の音色の差の体験から、音楽の楽しみをお伝えすることだと思っています。
主催の松枝先生の活動は、ピアノの技術をあげるだけにとどまらず、生徒さんたちを引率して浜松の楽器博物館に赴いたり、発表会には、毎回、プロの管弦打楽器奏者を招いて、鍵盤以外の楽器の息遣いを学ぶなど、まさに「母心」の広い器の中での大きな育みをされています。
毎回、刺激を受けつつ、
企画を頂戴しています。
次回のSKETCH vol.4は、テレビレギュラー出演中の人気女性伴奏デュオだそうです。チラシを頂戴したので、ラボにも掲示しておきますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月の予定

10/27 ガムラン奏者たっちゃんとの二人会、まだまだ予約受付中です!


素敵なワインもある、フリードリンク、フリーフードを囲みながら、


ゆっくりとおしゃべりもできるサロンコンサートです。


「まり先生に会いたい!」というみなさん!


どうぞ、どうぞ、会いに来てくださいませ。


たくさん、お話をしましょう!




超レアな無声映画2編も、「ミュージカル弁士」にて、お届けいたします。




そして、


11月は、マツダ映画社のイベントにて、伴奏をさせていただきます。




🌟11月の演奏の出演予定




【BANDA CHORO ELETRICO】


@青山プラッサオンゼ


11月27日(火) 20:00~


新見桂子(vo) 沢田穣治(bass) 向島ゆり子(vn) 尾形ミツル(fl) 衣山悦子(tb) 田尻有太(key) 伊左治直(toy piano) RINDA☆(pandeiro) 沼直也(dr) 坂本真理(Performance)








【マツダ映画社 第724回無声映画鑑賞会】


11月28日(水)開場18:00~ 開演18:30~


@日暮里サニーホール コンサートサロン


詳細は、情報解禁後にお知らせします。




✨<むらさきmusicラボ レギュラージュニアクラス>



1(木) 16:00~17:00


6(火)16:00~17:00


8(木) 16:00~17:00


13(火)16:00~17:00


15(木) 16:00~17:00


20(火)16:00~17:00


未定(土) 10:30~11:30




ビジター親子1回¥1500、家族3名以上参加¥2000




⭐10月、11月の週末貸切予約済み日10/6(土),21(日)、11/4,18(日)


🌟川崎出張リトミック だいたい月曜日


🌟その他、個人レッスン予約済みの日もありますので、グーグルカレンダーで空き日をご確認の上、貸切、個人レッスン、各種ご相談などをご予約くださいませ。




🌟10月の演奏の出演予定




Performer/BANDA CHORO ELETRICO】


@青山プラッサ11


10月18日(木) 20:00~


新見桂子(vo) 沢田穣治(bass) 向島ゆり子(vn) 尾形ミツル(fl) 衣山悦子(tb) 田尻有太(key) 伊左治直(toy piano) RINDA☆(pandeiro) 沼直也(dr) 坂本真理(Performance)


ゲスト Lico(vo)




SKETCH vol.3 PLAY with MUSIC】




坂本真理×福澤達郎 絶対音感の世界感


即興演奏レクチャー 素数のミニマムミュージック


無声映画


デブの料理番The Waiter’s Ball(1916)抜粋 ロスコー・アーバックル監督


音楽狂 Le mélomane(1903)ジョルジュ・メリエス監督




10/27(土)開演17:00開場16:45 六本木シンフォニーサロン


全席自由¥4000


予約 2018hibikimusic@gmail.com 03-5386-6769


後援 ヤマハ、ピティナ




| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/27 SKETCH vol.3  たっちゃんとの二人会コンサート

プレイバルーン、楽器づくり(渋谷ズンチャカ)と9月は「教える業」のイベントが続きましたが、10月は、演奏とトーク、そしてご来場のお客様とのお茶会のついた「サロンコンサート」に出演させていただきます。
主催の「ムジカノーヴァ」(音楽之友社)でもお馴染みの大手ピアノ教室「松枝ぴあの教室」の松枝先生が高校生の頃に、お茶とお菓子付き、演奏者との距離が近い小さいサロンでのコンサートを師事しているピアノの先生が継続して主催されているのに通われて、多感な時期にたくさんの学びをした経験から、いつか自分が同じ立場になったら、そんな「サロンコンサート」を開いて、音楽の喜び、知識をご来場の皆さんと分かち合いたい!と思ったのが、シリーズスタートの動機だったそうです。
むらさき幼稚園に、しょっちゅう遊びにきてくれていた「たっちゃん」とは、28年前に、「こどもの城」で一緒に音楽バイトをしていた仲間。現在も楽団「ぺとら」で、一緒に活動をしています。
むらさき幼稚園のこどもたちにも、私の音楽の実家である「こどもの城」の思い出をつくってもらいたくて、無理をいって閉館の間際に全園児でバスをチャーターして遠足で行かせていただいたこともありました。
「こどもの城」は、こどもたちにも世界の文化・アート・音楽を紹介する窓として、大きな功績を残しましたが、職員・アルバイト・ボランティア・出演アーティストとして関わる送り手側にとっても、「異なるジャンルの仲間と心を開きコラボをする」というプロセスを学ぶ場になりました。
今から28年前、私は、むらさき幼稚園では週3回リトミックを教えて、毎週火曜日のレギュラーと、長期休みには、「こどもの城」で音楽アルバイトをしていました。当時は、閉館後には、いろんなジャンルのプロミュージシャンたちと、即興でセッションなど、音楽で遊ぶ空気もあり、その頃からたっちゃんは、風貌も含めて、全く変わっていない「天使」のビジュアルを保っています。
【プロフィール】

坂本真理 音楽あそびニスト

付属音楽高校普通科を経て国立音楽大学教育音楽学科リトミック専攻卒業。むらさき幼稚園園長を経て、「むらさきmusicラボ」主宰。

ピアノを「耳を開く」絶対音感教育法の佐々木基之氏の系列の藤原弘江に師事。幼少期より音感教育を受ける。パンデイロとブラジル由来の楽器類を故小澤敏也から伝承し、世界中にあるタンバリンの仲間の楽器に心を寄せている。

リトミックの動的造型の経験を元にしたパフォーマンス【ショーロクラブ沢田穣治BandaChoroEletrico】【数々の無声映画伴奏を経験】【創作楽器作家】古楽、民族楽器、オリジナル【楽団ぺとら】他、パーカッショニスト、クラウンパフォーマーの伴奏など、音楽で遊べる活動を展開中。http://www.murasakimusiclabo.com

福澤 達郎 作曲家 演奏家

東京藝術大学作曲科卒業 

西洋のクラシック音楽やインドネシアのガムランを用いた作曲 演奏活動の傍ら、

閉館した国立児童センター「こどもの城」(1987~2015)にて

講座、数々のファミリーコンサート、こどもたちが楽器に触れる活動や即興的な

音楽遊びなどを盛り込んださまざまな音楽体験プログラムを長期にわたって展開してきた。

現在ハンガリー産の木製オカリナ「コカリナ」の伴奏もおこなっている。

得意な楽器 ピアノ ピアニカ アコーディオン スプーン ジャワ島のガムラン


【ご予約用 メールフォーム QRコード】

SKETCH vol.3
PLAY with MUSIC
坂本真理×福澤達郎

絶対音感の世界感
即興演奏レクチャー
素数のミニマルミュージック
無声映画 メリエス監督「音楽狂」他

10/27(土)開演17:00開場16:45
六本木シンフォニーサロン
全席自由¥4000
予約 2018hibikimusic@gmail.com
03-5386-6769
ご予約フォームリンク
https://ws.formzu.net/sfgen/S84886856/
(ORコードでも読み取れます)
後援 ヤマハ、ピティナ

<プログラム>
1soundscape〜improvisation               
2ONE NOTE SAMBA / A.C.Jobim作曲 福澤達郎 編曲
3お題による 即興演奏
4素数のピアノ連弾                   
5おもちゃ箱のポルカ(日用品によるドレミの合奏)/福澤達郎 作曲
6無声映画「音楽狂」 Le mélomane 1903 ジョルジュ・メリエス監督(仏)/坂本真理 作/喜劇映画研究会協力
7無声映画「デブの料理番」抜粋 The waiter's ball  1916 ロスコー・アーバックル監督(米)/坂本真理 作/喜劇映画研究会協力
8パヴァーヌ/福澤達郎・坂本真理 作曲

***********
以下、長文のプロモーション、お許しください。

〜絶対音感は、百害あって一利なしという意見もある中、絶対音感を貫いて今にいたる〜〜〜

私は、祖母も、両親も国立音楽大学出身で、

国立音高普通科へは、自然の流れで進学しました。

音高、音大(教育II類 リトミック専攻)と進む中で、
ピアノは、みんなが弾けるものになったけれど、
いろんな音楽の科目、活動の中で、
初見が得意な子、
楽譜を書くのが綺麗で得意な子、
しっかりとしたピアノタッチが得意な子…etc。
多感な時期に、みんなそれぞれの秀でた部分を認め合うような雰囲気があり、
楽譜が苦手、初見が苦手、長時間の反復練習に耐えられない私でも、なんとか音楽を続けていけるモチベーションが、良き友人たちのおかげで保つことができました。

私が得意なのは、即興演奏と、絶対音感と音の記憶力、耳コピ。
これは、小5から師事したピアノの藤原弘枝先生(国立音楽大学)が、絶対音感の訓練の後に、
「今日の天気の曇り具合、空の色を弾いて」
と、即興も教えてくださったのと、
小6から大学卒業まで、カトリック教会のオルガン奉仕で、実践させていただいたおかげです。

もし、私が、藤原先生に出会っていなかったら、ピアノの練習が苦手な私は、音楽は続けていなかったと思います。

今でこそ、絶対音感は、あっても良いということになっていますが、ひと時代前は、
「移動ドのススメ」「絶対音感は、百害あって一利なし」という考え方もあって、私の母も、幼い頃には絶対音感があったけれど、耳で曲を覚えると、楽譜を読まなくなるという理由で、いつしかその機能は失ってしまったそうです。

「絶対音感」あるなしは、優劣ではなく、ただの特性にすぎないと思っています。バンドをやっていて、皆の役にたつことは、音叉がわりになることくらいなのですが、音楽を記憶したり、ストーリーと重ねた音像を自分の記憶のデータベースから引き出す時などには、大変便利です。私は、風や水の音、自然の音をほぼピアノの音階に振り当てて分析することができます。

今、私のまわりには、たくさんの音楽を教える仕事をされている方がいらっしゃると思いますが、もし、その生徒さんの中に、「耳に頼る子」がいたら、「その子は、こんなレッスンを欲しています」というメッセージをこめて、プログラムをつくりました。

共演の福澤達郎さんは、東京藝術大学作曲家卒、現代音楽や、ジャワ王室の委託でガムランを作曲するかたわら、「こどもの城」の創設時から閉館まで25年ほど、こどもたちの育成に関わり、「こどもの城 ガドガド」として、欧米公演を毎年継続してきました。

ジャワガムラン奏者としての研鑽を積むなか、たっちゃんは、「絶対音感」を喪失したそうですが、それは、440A基準では表せない音の世界を会得するためだったそうです。

藝大に入るまでは、絶対音感があり、ガムラン音楽の音世界と調和するために、西洋的なチューニング世界を捨てた。
かっこいい!
それも、あり!なんだと思います。

音楽的に異なる才を持ったもの同士、
自分にない機能を補いつつ、
協力しあうと、本当に楽しいし、思いがけない作品が生まれてきます。

今回のたっちゃんのスペシャルトークは、「和音」について。
「部分音」「倍音」いろんな要素がでてきます。
そして、「素数」のミニマルミュージック。

たっちゃんの音楽は、数学としても成立しているのでしょう。
雪の結晶や、ミルククラウンのように、正確で、粒が細かくて、美しい。

名曲、「ドレミ」こと「おもちゃ箱のポルカ」も鍋や瓶など、日用品で奏でます。ドとレとミの3音だけの配列、組み合わせの音楽です。

私は、専門のリトミックの話もしようと思います。
リトミックは、1900年代の初頭に、庶民に音楽が普及したことにより、貴族だったら、代々受け継がれて、なんとなく会得していた音楽の体感的な事柄を音楽教育として、身体をつかって身につけよう!ということが始まり。
ちょうど、映画が発明された頃と時期と地域もシンクロしているので、群像でポーズをつくって舞台美術のような身体のコラージュをするような場面は、リトミックと、初期無声映画はそっくり!

そして、
「絶対音感がある人にぴったり!」な初期無声映画を、特別に、喜劇映画研究会さんからお借りできました。

「月世界旅行」のジョルジュ・メリエス監督の「音楽狂」。
まだ楽譜が普及していない時代に、映画によって、面白可笑しく楽譜の読み方をメリエス自らが説明するという数分の短い映画です。画面いっぱいに、五線譜がでてきます。

リトミック的にいうと、クルーシス、アナクルーシスが、非常にうまくメリエス自身の足の動きで表現しています。この映画があることを、リトミックをしている人には、是非!知ってもらいたいと思っています。

もう1本の無声映画は、「デブ」の語源となった「デブ君」の映画です。抜粋なので、これも数分です。こちらのテーマは、BPM(速度)です。リトミックは、「時間と空間の藝術」と言われ、我々リトミシャンは、その鍛錬から、おのずと、動いているものに音楽をつける時には、尺を計算したくなります。
スクリーン上の人間の動きとシンクロする音楽のリズムをお楽しみください。

私の無声映画の演奏について、「映画と。」取材記事リンク

見所としては、
ブラジルやアフリカのパーカッションがたくさん!
これは、休憩時間に、体験していただこうと思っています。

私たちの連弾スタイル。主に私が低音部、リズム担当。たっちゃんは、高音なのですが、ときおり倍音の先の先の部分音も入れてくるので、カオスとなります。妙で、珍です。

新曲も、今、分担して共作中です。

即興は、お客様からお題を頂戴して、ガチでやろうと思っています。

松枝先生には、
楽団「ぺとら」他にバグパイプ・古楽器 近藤治夫、オリエンタルパーカッション 立岩潤三との学校公演も観ていただき、
「ぺとらのメンバーと二人会」というアイディアでお誘いいただきました。

楽器づくりワークショップや、
無声映画の活動などで、
わたくし坂本真理を知った方、
リトミックや、
絶対音感教育(佐々木基之 耳を開くメソード)に興味を持たれた皆様、限定40名様と、濃密な時間を過ごせたらと思っております。

長文におつきあいいただき、ありがとうございます。

ご予約は、下記QRコード メールフォームよりお申し込みください。

また、私へのメールでご予約された方には、
手作り楽器をプレゼントさせていただきます。

mari210valensiaあっとyahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷ズンチャカ

<渋谷ズンチャカ>
9/9(日)
木材と空缶でつくる「ウォッシュボード」、塩ビ菅でつくる倍音の「不思議笛」、ばねでつくる「サンダードラム」、ひょうたんを使った「マラカス」など、ワクワクの楽器づくり実験室。
時間
11:00〜16:00(最終受付:15:30)
協力
TBSハウジング東京ホームズ
講師
むらさきmusicラボ
定員
20名(先着)
年齢
低学年のお子様は保護者同伴
料金
最初の20名様は無料。無料キットが終了後、パーツ販売を希望者に行います。
参加方法
随時参加OK!
作り方手順
むらさきmusicラボ 楽器づくりWS
⭐️先着20名さままで無料です。(個人情報なしのアンケートにご記入ください。)
受付開始は10:45~
開場場に、室内に入りきれない方がお待ちいただいた場合は、整理券(入場可能時間が記載)を発行します。再入場時に、受付名札シールとともに、ご持参ください。
⭐️作成するキットの素材を選んで、製作中は、バッチをつけてください。
 い)メイン素材  ろ)限定素材 は)自由素材
それぞれ個数制限があります。
⭐️カシシ(有料コンテンツ ¥2000)

⭐️ベトナム口琴¥1000販売 すぐに鳴らせるレッスンあり!

A)ウォッシュボード(9)

B)おはしマレット(10)

C)倍音パイプ笛コンツォウカ(7)

D)サンダードラム(4)

E)瓢箪人形シェイカー(20)

F)鈴とビーズのアクセサリー(8)

A)ウォッシュボード(9)

アメリカのデキシーランドジャズなどに使われる洗濯板などから工夫されてつくられる楽器です。

1 素材をえらぶ

い)メイン素材 (木製6+プラ3=9) 

ろ)限定素材 1,2,3BOXからそれぞれ1個合計3個

は)自由素材と、マスキングテープなどは、ご自由に。

2(い)板にM3の穴をあけ、ビスでとめる。

ポイント 必要なら厚紙でワッシャーをつくる

3 自由にデコレーション

 生クリーム口金を指先につけたり、、栓抜きで鳴らすと良い音がします。

B)おはしマレット(10)

1)お箸を1本、巻きたいもの(輪ゴム、風船、毛糸)を選ぶ、グルーガンON(温める)

2)お箸にすきまテープをグルーガンで巻き付けながらベースをつくった上にさらにまんべんなくグルーガンでコーティングする。

3)風船 広げてベース(2)をいれて、熱で真空に密着させ、余分な部分をきる。根本を紐で巻き締める。

 毛糸、輪ゴム グルーガンが暖かいうちに、巻きつける。

 

太鼓がわりに缶や瓢箪などを装飾して、お持ちください。(ひとり1個)

C)倍音パイプ笛コンツォウカ(7

1)長さによって音程がかわります。組み合わさっている笛を口カバーをつけて、吹いてみます。

(口カバーは、衛生上、個人で管理し、一度口をつけたものは、混ぜないでください。)

2)空気孔をやすりがけしつつ、キャップを調整して音色を整える。

3)紐をつけたり、装飾をする。

お好みで電池式ルーターで、彫刻しても素敵!

youtube 🔍

スロバキア 羊飼いの笛

フヤラ コンツォウカ

FUJARA

OVERTONE FLUTE

D)サンダードラム(4)

1)缶の中央に、穴をあける。(専用の四角いキリを貸し出します。)

2)針金のバネをとりつけます。

3)専用のトライアングル棒でこすります。

4)  音に影響のない程度に装飾をします。

5)お好みで、持ち手(ハンドル)や、ショルダー紐をつけてもGOOD!

 

E)瓢箪人形シェイカー(20)

1)手や、足などのパーツを自由につくり、瓢箪にピンバイスで穴をあけ、とりつけます。

2)シェーカーの中身をいれます。

3)お好みで目などをはります。

F)鈴とビーズのアクセサリー(8)

紐にビーズ、鈴(ひとり3個まで)

G)その他

自由素材で、お好みのものをつくってください。

カギは、ひとり3つまで。(カシシ購入の方は、状況に応じて、たくさん可能)

*)カシシ

1)籐パーツ小片をボウルに入れ水に浸す

2)好きなだけビーズをいれる。

3)小片で、閉じる。

無料枠20名様終了後は、

パーツ販売にての製作、または、

ワンコイン¥500の王冠ジングルキットを使って、「オリジナル楽器」製作できるほか、

「カシシ」(ブラジルの振る楽器¥2000)は、随時、製作できます。籐を水に浸してやわらくし、中身を工夫して音色を決めて、籐を編み込んで仕上げをします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『こどもと音楽の未来をつくる』Vol.5

演奏:Doppelzimmer ソケリッサ+寺尾紗穂
西尾賢ソボブキとチャンキー松本 ザ・ぷー
こどもの城OshiroBand 坂本真理+廣瀬拓音+大石竜輔
登壇:田中淳士 捧公志朗 進行:小田部胤久 山口遥子
シンポジウム テーマ[〈こども〉と〈おとな〉のはざま]
日時:2018 年 9 月 2 日(日)/時間:11:00~16:30(入退場自由)
会場:東京大学 駒場キャンパス /主催:美的教育論研究会、おこわ
4回目の参加となる、「こどもの城」の復活を感じるような手作りのイベントです。
主催者ママのabout

「こどもの城」の閉館時をそのまま切り取っているのではなく、
出演アーティストは、今のこどもたちにあわせて、
主催者ママたちが、足でいろんなアーティストのステージを見て、
眼鏡にかなった彩にしています。
また、「こどもの城」の元スタッフたちも、演奏面だけではなく、
こどもたちの見守りなどの運営にも携わっているのですが、
閉館から何年かたって、出産、子育てを経験してきている若いスタッフたちが、
自らがママになったことで、
スキルがすごくあがってきているそう。
これも、大変、素晴らしいことだと思っています。
進化してきているイベント。
成長を続けているイベントに関われて幸せです。
さて、
通常は、楽団「ぺとら」で、毎回、こどもたちに伝えたいメッセージを音楽プログラムにする新作を発表しているこの回。
vol.2 2017   5月  ブルガリア民謡のリズム
vol.3 2017  11月 アラブの10拍子とインドのターラ、ブラジルのグルーヴ
vol.4 2018  3月   オノマトペとボティアクション
もし、今でも「こどもの城」が存続していたのなら、「ぺとら」もおまつりやアトリウムでの公演をさせていただいていたかもしれないし、そもそも「ぺとら」のコンセプトは、「こどもの城 音楽事業部とかぶらない」コンテンツを創作しつづけること!から始まっています。


今回は、初めて「9月」設定。
7月の山崎バニラさんとの無声映画ユニット「突貫レディ」から、
「夏休みまりりんのパーカッション講座」
「バンダ・ショーロ・エレトリコ」@パフォーマー
「岡田オーケストラ未満」
「浅草サンバカーニバル」
と、立て続けに本番があり、
9/9に「渋谷ズンチャカ」楽器づくりワークショップのためのキットと素材づくりの準備と、
並行してのラボのレッスン、出張クラスでのレッスンをしていく夏季繁盛記モードな上に、
大学受験の息子のオープンキャンパスなどの子育てスケジュールとの兼ね合いで、
そうそうに、
「今回は、新作を創作できる余裕はなし」
と、判断して、
すご腕リズム隊を手配して、伴奏をお願いして、
「まりりんのプレイバルーン道場」という活動をさせていただくことで、
参加を継続させていただくことにしました。


かれこれ、30年は、「プレイバルーン」を教えています。



「道場」として、基本を叩き込むと、
ほら、こんなに綺麗にふくらみます。
しかも、音楽とぴったり!
過去3回の出演時は、ライブの合間に、その場限りのセッションという形で、
いわば早いもの勝ちという感じで、ゲリラ的にプレイバルーンを行っていたのですが、最初のうちは、皆さんも「わからず」という感じで、私の説明も通ってできたのですが、回を重ねるうちに、リピーターも増え、「場所とり合戦」のような争奪戦になってしまったので、「定員」「予約制」という形にして、特に小さい子が安心して、大きな子のパワーに負けることなく、「対象年齢をわけて」それぞれの活動をしてみようと思いました。


ブラジルの大太鼓 アウファイアを担当してくださった廣瀬拓音さん
スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド2018で、海外と日本をつなぐお仕事、
キウイとパパイヤ、マンゴーズ で、海外で多く演奏をされています。
最近、ツイッターでもバズって、ヤフーニュースにも掲載されて、時の人となっています!
アラブのタンバリン「レク」を、本当にかっこ良く演奏してくださいます!
私の幼稚園やラボの教え子たちは、普通にタンバリンを渡すと、
ときどき、「ふつうのタンバリンのもち方」ではなく、
パンデイロの水平持ちをしてくれるんですね。
それは、私が、パンデイロを叩く姿をしょっちゅう見ているから。
大石さんや、タンバリン博士の田島隆 さんを見て育った子が、
タンバリンをオリエンタルポジションで、顔を前にして持ってくれるような感じの世界になったら、それも素敵だと思っています。


ミュージシャンの先輩方のステージも拝見しました。
西尾賢さん、豆奴さん、チャンキー松本さん
打ち上げでも、貴重なお話をたくさん伺えて、次の共演が楽しみです。

Doppelzimmer のライブにも、1曲、パーカッション隊でゲスト出演させていただきました。


音楽は、人と人とをつなぐ、本当に素晴らしいものだと、
改めて実感しました。
こどもたちに、そのバトンがつながりますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧