« 第三回 伊左治直 個展 ~南蛮劇場~ | トップページ | 「ピアソラ 永遠のリベルタンゴ」 »

白菜

大きな理事長先生のお宅と私の家族用の離れがある敷地の元園舎(トイレ、倉庫、ばら、なのはな組の途中まで)の部分は、丁寧に石を取り除いた後に開墾して畑になっています。幼稚園が閉園して初年度は、かぼちゃ畑で、だんだんと畑の土になるように、理事長先生、梅子先生が努力をされて、今年は、とうとう白菜の収穫がありました。
その前には、長芋を収穫したのですが、この長芋は、土の栄養がそのまま芋になるそうで、私は、ステーキにしたのですが、超美味しかったです。
普通の畑は、土としての栄養分は、長年の作付けでなくなってしまい肥料で補うらしいのですが、園舎だった畑は、今まで土のまま、震災時は建物でカバーされていたので、土としては極上の状態だそうで、白菜がおばけ白菜くらいの大きな大きな白菜になっていました。
土の消毒をしたほかは、一切無農薬だそうなので、切ったら「虫」が出るかも?という注意付きで、ラボのジュニアクラスの子たちは、ひとり1個のお持ち帰りでプレゼントしていただきました。
私も、毎日、白菜三昧の生活をしています。
そのちょっと前は、例年通りに大根の収穫もありました。
大根の葉っぱは、カツオ節と一緒にゴマ油で炒めてふりかけにするのが好きなので、
小分けにして、それ用に冷凍ストックしました。
大根の身の方は、今までは浅漬けにしていたのですが、
最近は、大きなダシ用のカツオ節と煮干しと一緒に「ダシ漬け」に凝っています。
いろんな料理に無理やり大根を入れ込んで、使い切りました。
幼稚園に28年間も務めさせていただいたのは、満了。
幼稚園を営んでいた農家に嫁いでは、23年目で、これは続いていくのですが、
幼稚園の園舎だった土の作物を食べ物として食しているというのは、なんとも感慨深いです。
お近くの方、通りがかる方は、ぜひ、このおばけ白菜をご覧くださいね。

|

« 第三回 伊左治直 個展 ~南蛮劇場~ | トップページ | 「ピアソラ 永遠のリベルタンゴ」 »

むらさき幼稚園のケーキ&食育の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白菜:

« 第三回 伊左治直 個展 ~南蛮劇場~ | トップページ | 「ピアソラ 永遠のリベルタンゴ」 »