« SKETCH vol.3 PLAY with MUSIC 坂本真理×福澤達郎 | トップページ | ロスト・イン・パリ »

ハロウィンリトミック 出張クラス編

44938632_284157982208784_4305408404

イケアのビニール袋に用意した素材を貼ります。
45083881_1033623096820422_778719471
それぞれ、個性的!
クオリティ高い!
45024647_702579003461037_1469589198
それを着てのリトミックは、やっぱりイメージが高まります。
製作をする時間がないので、
ダイソーで買ってくるという考えもあるかと思います。
でも、製作をする時間は、無駄ではないのです。
作っている間に、考えることも、私はリトミックだと思うのです。
これを着たら、どんな歩き方をするのか?
こどもの脳はフル活動しているし、
私もそれにそった助言、ことばがけをかかしません。
目的は、リトミック。
そこは、大事なところです。
リトミックとダンスが一番違うところは、
ダンスには、お手本通り、美しい形という正解があるけれど、
リトミックは、自分がどう表現したいのか?なので、正解はありません。
自分が、どうしたいかを決める力。
どう表現したいか?というイメージを持つ力を育てるのがリトミックです。
教育でいうと、服従方、受け身方ではなく、
北欧タイプの発想。
音楽の考え方でいうと、クラシック音楽よりは、ジャズに近いのがリトミックだと思います。
リトミックの発祥地スイスでは、小学校の正規の授業に、音楽とは別に、リトミックがあるそうです。
44987687_248254215845397_4409720073
リトミックの最後には、
絵本の弾き語り歌い読みをしているのですが、
この日は、iPadProを出すとおおはしゃぎ。
私のオリジナルの絵物語と、
こどもたちにはわかりました。
手作りのものを喜ぶこの子たちは、幸せです。
価値観は、この時期に育まれます。
売っているもの。
売れるもの。
みんなが羨ましがるもの。
広告宣伝費をかけたもの。
「良いもの」には、いろんな基準があると思います。
人の真似ではなく、
「自分」を出さなければいけないので、
正直、リトミックが苦手な子にも、今までたくさん出会ってきています。
人の真似、
教わった通りの方が楽だからです。
保護者の方でも、
「先生の考えたものではなく、有名な先生の本に書いてあるリトミックをやってください」
「アジアの民族音楽ではなく、ヨーロッパの白人のものを教えてください。」
「有名な会社のメソードを教えてください。」
「前の先生と同じものをやってください。」
「こどもと遊んだり、無駄話や時間の無駄をしないで、効率的に教えてください。」
いろんな価値観があります。
私だって、好きなデザイナーやブランドはありますが、
それは、そこに世界観があり、共感しているから。
みんなが好きだからではないのですが、
「みんな=間違えがない」
という考え方の人もいるので、
リトミックがわからない人がいるのも事実だと思います。
でも、自分も子育てをしてみて、現在、第一子は就職活動を終えたところですけれど、こどもの学びにおいても、
「先生の言うとおりに動く」
「教科書を覚える」
活動ももちろんありますが、
それ以上に、
「自分で考える」
ことは、とても大きいと感じています。
よく「自分探し」という言葉を使う人がいますが、
私の知っている「自分を知っている人々」が、自分を探しているのを見たことはありません。
この子たちは、
「先生の作ってくれた話」を喜び。
自分でハロウィンの衣装を作ることを楽しんでいます。
自分で作れば、好みの通りにできるし、
好みというのは、トレンドが全てではありません。
今年、大盛況だった「渋谷ズンチャカ」の「オリジナル創作楽器づくり」。
予約開始30分で、3プログラムが、全て満席完売した「まりりんのプレイバルーン道場」。
リトミックの「世界にたったひとつ」というオリジナルを発想させる考え方を応用して、企業や団体とコラボを続けていっています。
でも、このように、家庭、異年齢という中でも、育んでいけたらなぁ、と思っています。
出張は、ラボの休館日月曜日。私にも余力がなければ、足を運ぶことはできませんが、価値を認めてくれて、喜んでいただけるのなら、がんばろうと思っているところです。

|

« SKETCH vol.3 PLAY with MUSIC 坂本真理×福澤達郎 | トップページ | ロスト・イン・パリ »

むらさきmusicラボ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハロウィンリトミック 出張クラス編:

« SKETCH vol.3 PLAY with MUSIC 坂本真理×福澤達郎 | トップページ | ロスト・イン・パリ »