« 3/11 楽団「ぺとら」@東大駒場キャンパス 速報 | トップページ | 坂本龍一 CODA »

節分















ラボのホームページ





午前と午後のレギュラークラス、それぞれにて、



2月に入ってから、千代紙に親しむためのプレ工作からはじまって、



少しずつすすめてきた「節分」への取り組み。





私は、「節分」は、「春を待つこと」とともに、「数への概念を育てる機会」と思っているので、



今回は、このような「粒感」を感じさせて、数えやすい「豆まき」セットをつくりました。





昨今では、



鬼を退治する、鬼に豆をぶつけるような「節分」が、保育の現場でもあるようですが、



私は、豆は、「撒く」もので、



『鬼さんは、豆が撒かれると、思わず拾って数えてしまうので、その間に、鬼さんに春を持ってきてもらい、みんなも怖くないように」



と、ラボでは、伝えています。



だから、



鬼さんが、おもわず、数を数えてしまう小芝居を、がんばってやってみました。(笑)



鬼にみたてたボードにも、みんなはやさしく「退治」ではなく、



「春」をもってきもらうこと、



「邪気」ということに思いをはせながら、



決して、「いじめ」につながらない征服欲求を煽らない育ちを守ります。



小さなことですが、



このような「やっつけた」感が、弱いものいじめにつながりませんように、



保育者として、母として(クラスのリーダー的な存在にはなれない、ひっそり系のこどもの親として)思うところがあります。





音楽は、優しくないとできません。



思いやりが、アンサンブルに、ハーモニーになると信じて続けています。



鬼だから、悪者だからやっつけて良いが、



「罪人は、死刑」につながり、戦争につながるという考え方もあるかと思います。



そして、



このような大きな活動の後には、



「お清め」「水に流す」行動も必要です。



幼稚園時代は、



勝ち負けのある「お相撲大会」の後に、豚汁をふるまっていた時代もありました。



本当に、鬼さんが、春を連れてきてくれたような小春日和のなか、



外のテラスで、バーベキューのような体験をしました。





28年間、幼稚園でフル勤務(そのうち21年間は園長)をしていて、



50歳になり、セミリタイヤのつもりで、マイペースで、自分なりの保育と音楽を融合させた、素敵な時間を過ごさせていただいております。



思いがけず、サイレント映画や、楽団など、音楽の演奏の方も充実しておりますが、



家族のように、週に3回通ってくれるレギュラーのクラスの皆さんと、



こうやって、春をまつ一時を過ごせて幸せだと思いました。





感謝をこめて。

|

« 3/11 楽団「ぺとら」@東大駒場キャンパス 速報 | トップページ | 坂本龍一 CODA »

むらさきmusicラボ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節分:

« 3/11 楽団「ぺとら」@東大駒場キャンパス 速報 | トップページ | 坂本龍一 CODA »