« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

ひな祭りの着物




今日から、ひな祭りまで、
むらさき幼稚園から引き継いだ着物を着るウィークが始まります。

幼稚園の財産。
ありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年の決まっている外部出演予定

明日は、ブラジル系ビックバンドでのパフォーマー出演です。
東大でのこども音楽フェスは、予約受付中です。

パーカッショニストのは、たぶんディズニーの伴奏です。
バニラさんの「突貫レディ」は、少しずつ情報公開がされるようです。
今年は、連続連投予定ですので、どうぞご期待くださいませ。
その他、クラウン・フィジカルコメディ(元アメリカリングリングサーカス)の岩佐麻里子さんとの「まりcoまり」も、やりたいねぇ〜と、相談中です。
楽団「ぺとら」okowa は、今年は、東大以外でも、機会があるかもです。東大でも、昨年同様、公演予定です。
その他、楽器系、手作り系のワークショップも展開したいと思っています。
ご興味がある方は、どうぞ、ご連絡くださいませ。


2月23日(金)Banda Choro Eletrico@パフォーマー
19:30開演 プラッサ・オンゼ <Praça Onze> 
新見桂子(vo) 沢田穣治(bass) 向島ゆり子(vn) 尾形ミツル(fl) 衣山悦子(tb) 田尻有太(key) 伊左治直(toy piano) RINDA☆(pandeiro)沼直也(dr) 坂本真理(Performance)

ゲストにtamamix
3月11日(日)楽団「ぺとら」こどもと音楽で未来をつくる@東大駒場 

楽団「ぺとら」近藤治夫(バグパイプ)立岩潤三(オリエンタルパーカッション)坂本真理(歌、語り、キーボード、プレイバルーンファシリテーター、ブラジリアンパーカッション)

3月21日(祝)松枝ぴあの教室 コンサート@パーカッショニスト

浜離宮ホール

7月21日(土) 映画楽士@御茶ノ水エスパス・ビブリオ

喜劇映画のビタミンPART8突貫レディ」(プレ告知 詳細予約開始時期は後日)

山崎バニラ(活弁)/坂本真理(演奏)/新野敏也(解説)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張リトミック 南平台クラス2月

28312023_10155140621180736_12035420 28275378_10155140618515736_410952_o

個人宅にて、リトミックグループレッスンの出前をしてきました。
28275461_10155140621120736_63221735
わざわざ、お友達から、キーボードとアンプを借りてくださっていました。
感動!
すてきなレッスンになりました。
好評につき、
継続クラスになりそうです。
良き出会いでした〜。
感謝。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月のラボの活動報告

ラボの2月のメイン工作は、ビー球迷路の楽器を額縁でつくっています。

おまけ。
ままごとあそび中のコアラのぷぁぷぁさん。
(生徒さん私物)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーザンライツフェスティバル

たくさん見たい作品が目白押しの「ノーザンライツフェスティバル」で、
唯一時間がマッチしたので、これをみてきました。
しかし、無声映画楽士2年目のワタクシですが、
フィルムフェスティバルにいくと、やはり知り合いにたくさんお会いするなぁ〜と、思います。
お声がけいただくことは、嬉しい。
アバ / ザ・ムービー
ABBA - the Movie
監督:ラッセ・ハルストレム Lasse Hallström / 1977年 / スウェーデン、オーストラリア / 英語(English), スウェーデン語(Swedish) / 97min / 字幕:日本語・英語【With English subtitles】
結成から43年。今もなお、世界中に影響を与え続けているポップ・グループ ABBA。そのPV の多くを手掛けていたラッセ・ハルストレムが、人気絶頂期の1977年の豪州ツアーを追う。往年のヒット曲満載のライブ映像に、地元ラジオのDJ が彼らの独占取材に挑むドラマをミックスさせたミュージック・エンターテインメント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂本龍一 CODA

27751625_1423712171073518_311223352

会員になっている阿佐ヶ谷の名画座「ユジク阿佐ヶ谷」にて、
坂本龍一さんのドキュメンタリー映画を観てきました。
数々の映画音楽を手がけている坂本龍一さんの作品を生み出すアトリエ兼住居と思われる細長い一軒家と思われる建物が、大変興味深い。
ステップフロアのような扉のない部屋と階段で層が折り重なっていて、
玄関をあけたフロアが、おそらくキッチンとダイニング。
ちょっと階段をおりた踊り場のような狭いスペースに、グランドピアノ。
いつでも、録音できるように、マイクスタンドが常設されている。
譜面台が、取り外されていて、画板がかわりに水平に置かれている。
作り付けのオープンな楽譜棚には、一番下が空いていて、開放されていて、清々しい。
その下の階段を下がると、キーボードがたくさんラックに積まれ、主にPCによる打ち込み制作作業をするスペースで、シンバルを弓で奏でたり、ボウル、おりんなど、環境系の鳴り物、響きものがおいてある。
メイン ビジュアルにもなっている教授が、青いバケツを被って雨の音を再録している場所は、1階キッチン近くのお勝手口。
映像には写っていなかったけれど、
おそらくは、その上のフロアには、中二階が水回り、その上に衣装部屋、そして、最上部には、寝室プライベートスペースがあるのではないのだろうか?
本当に、「今」必要なものしかない空間で、
研ぎ澄まされた音楽が創られると、想像できる。
キッチンカウンターに、両手を広げている角度、様が、大変画になる。
とても、心地よさそう。
これも、あれも、全部想像だけれども、
そのカウンター、教授の背丈にあわせて、
いちばん、しっくりいく高さを測り求めたものなのではないのだろうか?
ラボに来た人は、
知っていると思うけれど、
私も「空間」、ことに、高さや位置に、並々ならぬこだわりを持っている。
机の高さに無理があると、
首をあげて作業をすることになり、
首に皺がより、そして、何よりも辛い。
作業台は、幼稚園時代から使っている昇降式だし、
自宅は、長身の息子も、自分の高さにこだわりがあるので、
それぞれ個別に食事を摂るとき、
夜中に娘が大学のレポートを書くとき、
私がミシンをかけるとき、それぞれ高さを変えて使用している。
私も音楽をしている「坂本」だけれども、
基本的には街の先生なので、
高さにこだわりは、ディノス製品だ。
もうちょっと、暮らしが豊かになったら、
いつか、PC台も、座っても立っても作業ができるガス圧昇降式を手に入れたいと思っている。
そして、もっともっとランクアップできる日が来たなら、
キッチンのカウンターも、自分の身長に合わせられたら幸せだと思う。
ホドロフスキーの映画「エンドレスポエトリー」に出てくる小人の女性のキッチンは、おままごとのように、すべてがミニサイズで、可愛くおしゃれだった。
さて。
そんなことも言っていられないので、
平均的な身長に足らない身として、
ヒールのあるお母さんスリッパを履いて、朝食の準備にかかるとするか。
坂本龍一の映画を観たあとの、備忘録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分















ラボのホームページ





午前と午後のレギュラークラス、それぞれにて、



2月に入ってから、千代紙に親しむためのプレ工作からはじまって、



少しずつすすめてきた「節分」への取り組み。





私は、「節分」は、「春を待つこと」とともに、「数への概念を育てる機会」と思っているので、



今回は、このような「粒感」を感じさせて、数えやすい「豆まき」セットをつくりました。





昨今では、



鬼を退治する、鬼に豆をぶつけるような「節分」が、保育の現場でもあるようですが、



私は、豆は、「撒く」もので、



『鬼さんは、豆が撒かれると、思わず拾って数えてしまうので、その間に、鬼さんに春を持ってきてもらい、みんなも怖くないように」



と、ラボでは、伝えています。



だから、



鬼さんが、おもわず、数を数えてしまう小芝居を、がんばってやってみました。(笑)



鬼にみたてたボードにも、みんなはやさしく「退治」ではなく、



「春」をもってきもらうこと、



「邪気」ということに思いをはせながら、



決して、「いじめ」につながらない征服欲求を煽らない育ちを守ります。



小さなことですが、



このような「やっつけた」感が、弱いものいじめにつながりませんように、



保育者として、母として(クラスのリーダー的な存在にはなれない、ひっそり系のこどもの親として)思うところがあります。





音楽は、優しくないとできません。



思いやりが、アンサンブルに、ハーモニーになると信じて続けています。



鬼だから、悪者だからやっつけて良いが、



「罪人は、死刑」につながり、戦争につながるという考え方もあるかと思います。



そして、



このような大きな活動の後には、



「お清め」「水に流す」行動も必要です。



幼稚園時代は、



勝ち負けのある「お相撲大会」の後に、豚汁をふるまっていた時代もありました。



本当に、鬼さんが、春を連れてきてくれたような小春日和のなか、



外のテラスで、バーベキューのような体験をしました。





28年間、幼稚園でフル勤務(そのうち21年間は園長)をしていて、



50歳になり、セミリタイヤのつもりで、マイペースで、自分なりの保育と音楽を融合させた、素敵な時間を過ごさせていただいております。



思いがけず、サイレント映画や、楽団など、音楽の演奏の方も充実しておりますが、



家族のように、週に3回通ってくれるレギュラーのクラスの皆さんと、



こうやって、春をまつ一時を過ごせて幸せだと思いました。





感謝をこめて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »