« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

3/11 楽団「ぺとら」@東大駒場キャンパス 速報

予約受付は2/11より。こちらから!

楽団「ぺとら」久々に始動しております!

そして、まりりんは、今、必死に新作ミュージカルを書き下ろし中でございます。

「こどもの城」の仲間たち、
いろんなアンテナを持ったバンドたちが一度に楽しめる音楽フェスが、東大の駒場キャンパスで繰り広げられます。

「ぺとら」でのパフォーマンスのほか、
まり先生は、「むらさき幼稚園名物」プレイバルーンのファシリテーターも、前回、前々回に引き続き担当させていただきます。

「ぺとら」が楽しみで仕方ないです。
大きな太鼓が叩きたひ。
アンサンブルを楽しみたひ。
リハ飯をこしらえて、みんなで食べたひ。
とりとめのない話をしたひ。

う。
泣けてきた〜。(うわ〜ん)

早くこいこい「ぺとら」リハ。

台本と、楽曲制作、がんばります!

楽団「ぺとら」3.13の出演メンバー
バグパイプ&欧州古楽器 近藤治夫
オリエンタルパーカッション 立岩潤三
うた 絵 語り 踊り 鍵盤 ブラジリアンパーカッション 坂本真理

楽団「ぺとら」は、まりりんが主宰し、お話、イラスト、楽曲はもとより衣装ディレクションまで「なにもかも」担当しつつ、ジャイアンのように、自分中心に歌い踊り演奏しまくるのを、古楽、オリエンタルの巨匠方に支えていただくバンドです。

題材も内容も、ディープでシュールすぎるため、
大人もこどもも、口をポカーンとあけてしまいがちな舞台空間が予想されますが、なぜか耳に残るキャッチーなメロディは、きっと、大人こども問わず、脳裏にこびりつくと思われます。

「ぺとら」のお話ワールドは、全作品が、「スターウォーズ」のようなサーガとなって、「まりりんユニバース」の世界観で繋がっており、ところどころ、「眠らないでパンデイロを叩き続ける機械の身体をもらえる星にいく」など、様子がおかしくなっています。

無声映画のつながりで、楽士 坂本真理を体験した方には、
「ぺとら」のまりりんは、B面かもしれませんが、
私には、このほかにも、「バンダショーロエレトリコ」のパフォーマー、手づくり楽器作家、リトミシャンなどいろんな面がありますので、
ぜひぜひ、どれもこれもご愛顧くださいませ。

ご予約は、2/11より。

「おこわ ツイッター」より、公式サイトにアクセスください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンドレス・ポエトリー

「エンドレス・ポエトリー」監督アレハンドロ・ホドロフスキー

音楽を聴きに、観てきました。

監督の実の息子、ミュージシャンのアダン・ホドロフスキーが、
主演と、音楽を担当。38歳だそう。

沁みました。

映像と音楽が、ここまでシンクロするなんて!

そして、ラストシーンの南米らしいカルナバルの太鼓のリズム。

写真は、アップリンクに掲示してあった、アダンのインタビュー記事
自分の備忘録で、リンクも。

サントラをポチりました。明日、届いたら、ずっと浸る予定です。

メモ

インタビュー記事

今回は主演だったから、演技をしながら頭でメロディーを奏でて、後でスタジオでそれを再現した

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うめこ先生のケーキ

理事長先生のお宅での新年会でした。

うめこ先生のケーキ。
とても久々に、いただきました。
茨城の和栗を使ったケーキ。
いちごのロールケーキ。
幼稚園時代は、特別なラインにて、
一般には流通していない「森永」製のフレッシュな45パーセント乳脂肪分の生クリームを、私もよく覚えている「森永」のおじさんが、お誕生会の当日の朝に配達してくれていました。
フレッシュな高級生クリームだから、新鮮で美味しかったんでしょうね〜。
特に、
「スワン」は、生クリームとの相性がよくて、絶品でしたね〜。
8月、9月のお誕生会は、両方9月にやるので、残暑が厳しいため、生クリームケーキがでなかったのも、美味しいものを食べるための理由があったから。
植物性の生クリームしか知らないこどもも、
今の時代はいることと思うのですが、
むらさき幼稚園の子たちは、
ヨーロッパのカフェででてくるような、重厚なケーキの味を知っていたんだなぁ〜、と、思いました。
Unknown
引用元
http://fishand.tips/column/c_switzerland/swiss-sweets/
むらさき幼稚園には、
実は、園児たちの口には入らないけれど、
時々、学期の締めや、
園医の先生をお招きしての懇談会など、
接待のための「秘密のケーキ」のお相伴に、先生方も呼ばれるときもあり、
またまたその先のお相伴で、
うめこ先生の孫である、うちの子たちのおやつとして、口に入ることもあったのですが、
今日の新年会にて。
息子のパンダが、
「俺の一番のフェイバリットケーキ」として、
スイスの郷土菓子のツーガー・キルシュトルテ(キルシュヴァッサーケーキ)(Zuger Kirschtorte)
をあげてびっくり!
もちろん、名前は、ググって検索をしたのですが、
ビスケットのような硬いクッキーを上下で挟んだホールケーキで、
アーモンドプードルとサクランボのキルシュを浸したスポンジで、
大人の風味を思い出しました。
パンダは、近いうちに作ってもらう約束をして、
喜んでいました。
最後は、やっぱり「スワン」の話。
20160310_174521
懐かしいなぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エミール・クリストリッツァ/ミシェル・ルグラン特集他 2017観た映画まとめ

2017年の備忘録
Fa1448_a9b0c498fe8a4e03807f062c50b2

「ジプシーのとき」@ユジク阿佐ヶ谷  11/22

監督:エミール・クストリッツァ/出演:ダボール・ドゥイモビッチ、ボラ・トドロビッチ他/1989年/142分/旧ユーゴスラビア/DCP/カラー
音楽がBGMではなくて、設定上可能な限り、生演奏している姿も映されている。
メロディも美しいけれど、
やっぱりリズムのある音楽は素晴らしい。
太鼓だけの音も、
いろんな音色があり、
色があるよう。
Fa1448_4d7b40eff25b43e58b6e34ae4266

SUPER8@ユジク阿佐ヶ谷  11/25

監督:エミール・クストリッツァ/出演:ノー・スモーキング・オーケストラ、エミール・クストリッツァ他/2001年/92分/イタリア・ドイツ/DCP(SD画質)/モノクロ
列車の中で演奏するメインビジュアルの映像が、とにかく楽しい。
エミール・クリストリッツァ本人と、息子がドラマーでバンドに参加をしている。
親子で同じバンドというスタイル、最近だと、
来日ごとに観にいくEW&Fのフィリップ・ベイリー親子もそう。
仕事技を伝達するというだけではなく、
人脈も引き継ぐ意味もあるのだと思う。
低音部をチューバが担当する音楽。
本当に大好き。
「ウンザウンザ」
という「賑やかでうるさい音楽」という言葉のニュアンスも好き。
「スターウォーズ/最後のジュダイ」@シネマシティ  
12/20
SWについては、長くなるので、心にとめておく。
私がどんなにSW が好きかは、
教え子の皆さんは、みんな知ってる筈。
20171231_100952

「ロシュフォールの恋人たち」@ユジク阿佐ヶ谷

Fa1448_c454e358f58b453c841d3a10a256
12/27
監督・脚本:ジャック・ドゥミ/出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワーズ・ドルレアック他/1967年/127分/フランス/DCP/カラー
ミッシェル・ルグランの音楽を聴きにいく。
双子を実の姉妹が演じているのだけれど、
お姉さんのフランソワーズが、とても素敵な女性だった。
音楽をする人らしい、表情がとても音楽的。
25歳で、交通事故で亡くなられたそう。
妹のカトリーヌ・ドヌーヴは、長生きされている。
私は、映画と同じ1967年生まれ。
自分の生まれた年の映画。
とても素敵な世界だったんだなぁと、嬉しい。

「ロバと王女」@ユジク阿佐ヶ谷

Fa1448_77f86c38772a466eb84b208c4cc9  

12/28

監督・脚本:ジャック・ドゥミ/出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジャック・ペラン他/1970年/89分/フランス/DCP/カラー
同じく、ミシェル・ルグランの音楽を聴きに。
特別上映で、3回しか機会がない上映だったので、満席。
偶然、喜劇映画研究会の先輩の作曲家・ピアニストの谷川賢作さんとご一緒させていただく。
良い音楽の映画を見たあと、
「立てなかったでしょ。」
という言葉をいただき、
それにも感動する。
***********
以下は、SW、ヨーヨー・マ以外は、こどものどっちかか、二人ともと一緒。
お付き合いなのだけれど、
私ひとりだったら絶対に観ない「銀魂」とかをスクリーンで観る機会に恵まれるのは、子持ちの特権かと思います。
こどもたちが、それぞれ独立しても、
映画だけは、なんだか一緒に観るんだろうなぁ〜。
1/26  ファンタスティックビースト 爆音シネマシティ
1/29  ドクターストレンジ IMAX 川崎
2/14   スターウォーズ ローグ・ワン IMAX
2/27  ララランド IMAX新宿
3/26  シング 昭島MOVIX
4/27  美女と野獣 シネマシティ
6/30  ヨーヨー・マ 旅するシルクロード (別記)
7/17  銀魂 イオンシネマ
8/22  スパイダーマン ホームカミング イオンシネマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーヨー・マと旅するシルクロード

ヨーヨー・マと旅するシルクロード

2017年に観た映画の備忘録。
02_2  
6/30  下高井戸シネマ 最終日にて。
227x227bb_2
スペイン、ガリシア地方のバグパイプ「ガイタ」の奏者の女性が、大変印象に残る。
毛先だけが緑に染められた主張のある外見も、とても素敵。
演奏も、民族的というよりも、
自分を表現している感じで、
きっと何を演奏しても、「彼女の色」が出るのだと思う。
最近、滅多に映画のプログラムを購入しないのだけれども、
これは、と思って購入しようとすると、
先人と同時に手がでて、
それがなんと!
楽団「メンバー」の立岩潤三氏だった!
偶然、出会ってびっくり。
私が購入、譲っていただけた。
iTunesでも、見られるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エルメート・パスコワール

15895300_1058433100934762_371689719

2017年 観戦ライブの備忘録
1/7 ファーストに行ってきました。



エルメートが、自然の滝の中で、お弟子さんたちと、瓶を使って演奏する動画が私、大好きで、
「ぺとら」でも、空き瓶をパンパイプのように、たくさん持って吹く作品をやりました。

80歳ですよ。
私も、80歳のときに、
たくさんの教え子に囲まれて、音楽ができるように、
今を頑張ろう!
と、思いました〜♪

余談なのですが、
生物好きの息子が、
いろんな生き物のアルビノを調べていたりするので、
ママが今日観てくるエルメートについて、人間のそれだと詳しく話して聞かせたところ、
「目の色をしっかり見てきて」
と、言われました。
最後の挨拶の一瞬、眼鏡を外されて、
それは本当に綺麗な空の色でした。

エルメートで、一番好きな曲は、
「Pipoca(ポップコーン)」
今日やんなかったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年の外部出演記録

2月23日(金)Performer/BANDA CHORO ELETRICO@青山プラッサ11
新見桂子(vo) 沢田穣治(bass) 向島ゆり子(vn) 尾形ミツル(fl) 衣山悦子(tb) 田尻有太(key) 伊左治直(toy piano) RINDA☆(pandeiro) 沼直也(dr) 坂本真理(Performance)
ゲスト Tamamix
楽団「ぺとら」バグパイプ 近藤治夫 オリエンタルパーカッション 立岩潤三 鍵盤 ブラジリアンパーカッション 坂本真理
共演:Doppelzimmer ソケリッサ 寺尾紗穂
西尾賢ソボブキとチャンキー松本 人形芝居燕屋
こどもの城OshiroBand モーモーず わ・no・ね
登壇:伊藤亜紗 捧公志朗 進行:小田部胤久
3月21日(祝)松枝ぴあの教室ピアノコンサート 浜離宮ホール ゲスト パーカッション 
こどもたちのディズニー連弾 19曲
パーカッションソロ
5月19日(土)Crumpet's Comet Viewing Party ~クランペットすい星観望会~
楽団「ぺとら」サラヴァ東京
(Per立岩潤三、バグパイプ近藤治夫、ピアノうたPer坂本真理)
唄のユニット「2525稼業」( 高橋裕、 achaco、sara)
7月21日(土)
ESPACE BIBLIO(エスパス・ビブリオ) 『喜劇映画のビタミンPART8』 ~突貫レディ/バスター・キートン考~ 【演目】『荒武者キートン』1923年 【出演】解説:新野敏也/弁士:山崎バニラ&生演奏:坂本真理
7/28パーカッション講座 松枝ぴあの教室主催
7月29日(日)Performer/BANDA CHORO ELETRICO@青山プラッサ11
Lico(vo) 沢田穣治(bass) 向島ゆり子(vn) 尾形ミツル(fl) 田尻有太(key)  沼直也(dr) Samm Bennett(per) 渡辺亮(per) 坂本真理(Performance)
ゲスト Lico(vo)
8月18日(土)パーカッション、ピアノ演奏

アライブな音楽宴会(ライブ付)           
 「キャバレーおかだ」暑気ばらいぶ♪
ALIVE HOUSE(渋谷 アライブハウス)http://alivehouse.web.fc2.com/
出演

(歌い手)川崎龍彦、浪平啓三、山口浩成、稲村なおこ、西山琴恵、
     なげのあやか、上杉羽奏、ジジ(gigi)、and more...?
(歌伴オーケストラ未満の省力バンド)

     岡田 誠(Contractor)Bass Guitar
     岡田信一、浪平啓三、山口浩成 Guitars
     中畑丈治、西山琴恵 Keyboards
     石川ハルミツ Drums, Percussion
     宇佐美かずや Electric Percussion, 2nd Drums
     坂本真理 Percussion +α
     高木愛子 Flute, Keyboard-Harmonica, Fue, etc.
     なげのあやか、上原ひろこ Chorus, Hand Clap, etc.

9月2日(土)

『こどもと音楽の未来をつくる』Vol.5 @東大駒場キャンパス

まりりんのプレイバルーン道場

坂本真理+廣瀬拓音+大石竜輔 

演奏:Doppelzimmer ソケリッサ+寺尾紗穂
西尾賢ソボブキとチャンキー松本 ザ・ぷー
こどもの城OshiroBand 
登壇:田中淳士 捧公志朗 進行:小田部胤久 山口遥子
シンポジウム テーマ[〈こども〉と〈おとな〉のはざま]
9月9日(日)渋谷ズンチャカ サテライト
「オリジナル楽器づくり実験室」
協賛 TBSハウジング東京ホームズ
企画 むらさきmusicラボ 坂本真理
10月18日(木) Performer/BANDA CHORO ELETRICO@青山プラッサ11
[Banda Choro Eletrico](brasil,original)
新見桂子,安井理子(vo) 沢田穣治(bass) 尾形ミツル(fl) 馬場孝喜(gt) 田尻有太(key) 伊左治直(toy piano) 沼直也(dr) 衣山悦子(tb)  ちっち(surdo) 坂本真理(Performance)

10月27日(土)  SKETCH vol.3  PLAY with MUSIC 

Ongakukyophoto

 【出演】坂本真理 福澤達郎

【主催】HIBIKI

【公演】YAMAHA音楽振興会 ピティナピアノステップ

『音楽狂』『デブの料理番(抜粋)』実演伴奏付きレクチャー

「素数の連弾」「ドレミ 日用品合奏」ほか

11月27日(火) Performer/BANDA CHORO ELETRICO@青山プラッサ11

新美桂子(vo) 沢田穣治(bass) 向島ゆり子(vn) 尾形ミツル(fl) 衣山悦子(tb) 田尻有太(key) 伊左治直(toy piano) RINDA☆(pandeiro) 沼直也(dr)  坂本真理(performance)タカスギケイ(gt)


11月28日(水)第724回無声映画鑑賞会 日暮里サニーホール マツダ映画社

[奇想天外‼ 大都映画]

『謎の殺人事件』(19:45~)

Photo_2
昭和13(1938)年  大都映画作品 (43分)

監督/後藤昌信 

出演/水島道太郎、高原富士子、藤間林太郎

弁士/澤登 翠

『密林の怪獣群』(18:50~)

Photo

昭和13(1938)年 大都映画作品 (41分)

監督/山内俊英 

出演/大岡怪童、雲井三郎、大山デブ子、山吹徳二郎

弁士/山城秀之山内菜々子 


『弥次喜多 岡崎の猫騒動』(18:30~)


Photo_3

昭和12(1937)年 大都映画作品 (14分)


監督/吉村 操


出演/大岡怪童、山吹徳二郎、大山デブ子


弁士/植杉賢寿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年 年賀状です

20171231_145719

撮影 Tengyo kuraさん

新年 あけまして おめでとうございます。
今年は、年賀状を、こちらにて、失礼させていただけたらと、思っております。
年賀状にかけていたお金を、恵まれないこどもへの寄付にあてさせていただくことにしました。
まり先生は、元気です。今年は、51歳になります。「むらさきmusicラボ」で、リトミックやピアノ、作曲とかを教えるレッスンと、演奏に関係する仕事をしていて、だんだんと、ラボの外の仕事が増えてきています。
2018年も、すでに決定している大仕事もあり、随時、情報公開時より発表させていただきます。(2017 演奏のお仕事のご報告
お仕事面で、お会いした皆様。2017年同様、どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。
プライベートでは、SNSでも、つながれたらと思います。卒園児の皆様、ご家族の方も、どうぞお友達のリクエストを頂戴できたら幸いです。
(年賀状の欠礼とともに、昨年よりSNSの誕生日の公表も控えさせていただくことにしました。)
娘のエリザベスは、大学3年生21歳。息子パンダは、高校2年生になりました。
メールアドレスは、ブログのメールリンクのYahoo!のもの。
ラボのリンクからのGmailのもの、どちらでも、ご連絡ください。
頂戴した年賀状は、すべて拝読させていただきます。
私のために、書いてくださって、本当にありがとうございます。
今年も、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »