« 楽士 まりりんのパーカッション #サカモッツ | トップページ | 無声映画を音で語る 告知 #サカモッツ »

頼光弁士のパーカッション #サカモッツ

京都国際映画祭の準備も含めて、10月から12月までの間、計4回も打ち合わせやリハーサルのために、はるばる「むらさきmusicラボ」まで足を運んでいただいた坂本頼光弁士。

ご当地キャラクター「にしこくん」と。


頼光弁士は、ご自身でフィルムを発掘されたり、オークションで落札されたりしているのですが、「石川五右衛門の法事」も、そんなコレクションのひとつ。
通常営業では、頼光弁士が、著作権フリーの音源をつけて、活弁されているのですが、今回は、「サカモッツ」ということで、私が、オリジナルの音楽をつけさせていただきました。
それで、リハにて、効果音に使う楽器を複数候補にあげたところ、頼光弁士が、ご自分で効果音を担当することに、どんどんどんどんなっていき、数が増えてしまったので、オペレーションがしやすいように、DIYで、ボード化してみました。

むらさきmusicラボの楽器コレクションたちの中から、
頼光弁士が、選んだSE用の生楽器です。
映画上映に足を運んでくださるお客様だけが、耳にできる生の楽器の音が、
映画から飛び出してくるのです。
とても素敵なことだと思います。

さて、こちらは、楽士まりりんの練習風景。
まりりんの担当楽器については、次のページです。

|

« 楽士 まりりんのパーカッション #サカモッツ | トップページ | 無声映画を音で語る 告知 #サカモッツ »

ぺとら&外部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頼光弁士のパーカッション #サカモッツ:

« 楽士 まりりんのパーカッション #サカモッツ | トップページ | 無声映画を音で語る 告知 #サカモッツ »