« 京都国際映画祭 チケット情報  | トップページ | 京都国際映画祭 プライベートCMと、私が楽士になったわけ »

活動写真弁士 坂本頼光さん

京都国際映画祭に出演するサカモッツ(弁士  坂本頼光   楽士 坂本真理)による、
プライベートCM



このたび、
京都国際映画祭では、
「山崎バニラ」さんとの「突貫レディ」に加えて、
坂本頼光さんとの「サカモッツ」というユニットでも、
まり先生は、演奏させていただくことになりました。
頼光さんも、テレビで声はおなじみの方です。
頼光さんの出演情報
ウィキペディアによる、アニメなどの出演作品
声は、宝物なんだなぁ〜、と思いました。
声色っていうのかな、
一人で、いろんな人物の声になりきって、
まるで、たくさんの人がいるみたいに弁士さんたちは、できるのです。
むらさきmusicラボに、
山崎バニラさんや、坂本頼光さんがわざわざ来てくださって、
まり先生と一緒に作品作りをしてくださるなんて!
本当に、幸せです。
10月8日。
よく晴れた土曜日だったので、
幼稚園やっていたら、
絶対「運動会」だったなぁ〜。
って、思いながら、
映画楽士の一日リハーサルを楽しみました。
幼稚園で、こどもたちと遊び、学び、
自然を一緒に観察してきた日々があってこその、
私の映画音楽制作のセンスがあると思っています。
幼稚園と、
幼稚園の大地に感謝!
頼光さんも、ご自分の幼稚園時代の面白い「素話」の技術を持った先生に、出会っていて、ずっと記憶に残っていらっしゃるとのことでした。
そして、そのモノマネもしてくださりました。
(頼光さんは、形態模写のエキスパートでもあります)
私も、幼稚園の皆さんの記憶に、
リトミック園長として、濃く残っているような気がしました〜。

|

« 京都国際映画祭 チケット情報  | トップページ | 京都国際映画祭 プライベートCMと、私が楽士になったわけ »

ぺとら&外部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 活動写真弁士 坂本頼光さん:

« 京都国際映画祭 チケット情報  | トップページ | 京都国際映画祭 プライベートCMと、私が楽士になったわけ »