« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

サイレント映画楽士デビューしました!

15380285_1193424090738677_433420357

おかげさまで、 無事にデビュー公演が終わりました!
ラボのブログの方に、詳しくレポートを書かせていただきました。
トップミュージシャンの方との共演も、貴重な経験でした。
ピアニストの谷川賢作さんは、詩人の谷川俊太郎さんのご子息です。(私の隣)
真ん中が、喜劇映画研究会の新野代表。
その隣がギタリストの坂ノ下典正さん。
飛び入り参加のブラジル系シンガーの行川さをりさん。
坂ノ下さんと行川さんは、現在放送中の「西友」のCMを手がけていらっしゃいます。
お客様で、おじゃる丸のナレーターの坂本頼光さんも研究のためにいらしてくださっていたので、打ち上げまでおつきあいいただき、貴重なお話しを拝聴できました。
活動写真弁士は、日本で5名ほどしかいない狭い職業だそうです。
すごくお話しが面白かった。
まだ情報解禁になっていないのですが、
まだまだ映画に邁進していく予定です。
古い時代の映画に興味を持たれているお客様は、皆さん文化的、知的で好奇心が旺盛で、私の楽器のセットも喜んで体験されていました。
15400436_1193424264071993_445537033
撮影 松原洋さん
これが、ラボや外部での「おとなリトミック」につながれば良いなぁ〜と思っているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清陵総合高校リトミック講座

15203273_1022152421229497_767675782

毎年呼んでいただいいる高校でのリトミック集中講座でした。
15319260_1022155917895814_723443004
今年は、スキップを重点的にレクチャーしてきました〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌 「ムジカノーヴァ」掲載していただきました

15055611_1007631129348293_121900996

まり先生は、現在、ラボのレッスンの他、
リトミックの講師活動と、
外部の演奏活動をさせていただいていて、
その演奏では、ピアノやパフォーマンスの他に、パーカッションのご依頼もいただけるようになりました。
15107281_1007631042681635_607827937
「ムジカノーヴァ」は、ピアノのレッスンのための雑誌で、
楽器屋さんの楽譜コーナーに売っている雑誌なのですが、
そこの特集ページに、
パーカッショニストとして、掲載していただきました。
15178045_1007630989348307_146956606
アップです。
いろんな楽器で遊ぶことを、こんな風にお伝えしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年の外部出演記録 

2月8日(月)Performer/BANDA CHORO ELETRICO@青山プラッサ11
3月13日(日)松枝ぴあの教室発表会@はくじゅホール
       パーカッションコーナーdemonstration
       サンバアンサンブル講師 共演 金寿規
3月14日(月)Performer/BANDA CHORO ELETRICO(カデルノジャポニカsp)@青山プラッサ11
3月19日(土)バモスピカイア パンデイロチームJINGLE-GYMメンバーで出演@吉祥寺ALVOLADA
4月6日(水)Performer/BANDA CHORO ELETRICO『FERVENDO.』代官山UNIT 共演 WUJA BIN BIN DJ 中原仁 江利川侑介
まえかわともこ、新見桂子(vo) 沢田穣治(bass) 尾形ミツル(fl) 和田充弘(tb) 衣山悦子(tb) 堀越昭宏(key)馬場孝喜(guitar )伊左治直(toy piano) RINDA☆(pandeiro) ちっち(surdo) 沼直也(dr)渡辺亮(per)坂本真理(Performance)
5月20日(金)Performer&Per/BANDA CHORO ELETRICO@渋谷タワーレコードインストアライブ
まえかわともこ、新見桂子(vo) 沢田穣治(bass) 尾形ミツル(fl) 和田充弘(tb) 衣山悦子(tb) 堀越昭宏(key)馬場孝喜(guitar ) RINDA☆(pandeiro) ちっち(surdo) 沼直也(dr)坂本真理(Performance)
5月22日(土)くじびき屋スタッフ/でんでらキャラバン@下北沢アレイホール

6月14日(火)おざフェス2016@新宿ピットイン

【bloco pikaia】
渡辺隆雄tp 青木タイセイtb 後藤篤tb 臼井康浩g 水谷浩章b
本田珠也ds 岡部洋一perc 翁長巳酉perc

ハーフタイムショーJINGLE GYM(パンデイロチームメンバーとして出演)

6月16日(木)Ritmos dos Orixás@渋谷Hot Buttered Clubカンドンブレ・セッション
Conducted by 翁長巳酉

オープニングアクトJINGLE GYM(パンデイロチームメンバーとして出演)

6月21日(火)@青山praca11 BANDA CHORO ELETRICO(Performerとして出演)

7月12日(火)クローズド新宿区立西戸山中学校 リオオリンピック対応公演「ブラジリアンライム」楽団「ぺとら」

7月16日(土)クローズド 横浜 ピッコリーノ学園 まりりんソロ共演 伊佐治直 新美桂子

7月26日(火)クローズド 新宿 松枝ぴあの教室夏休みスペシャル カシシワークショップ アシスタント金寿規

7月31日(土)@青山praca11 BANDA CHORO ELETRICO(Performerとして出演)

8月27日(土)浅草サンバカーニバル バイアーナ G. R. E. S. Imperio do Samba 

9月25日(日) 中央線ブラジル化計画バモスブラジる? BANDA CHORO ELETRICO(Performerとして出演)

9月29日(木)クローズド :都内中学リオオリンピック対応総合学習 共演 金寿規

10月23(日) @青山praca11 BANDA CHORO ELETRICO(Performerとして出演)まえかわともこ,新見桂子(vo) 沢田穣治(bass) 尾形ミツル(fl) 和田充弘(tb) 衣山悦子(tb) 堀越昭宏(key) 伊左治直(toy piano,per)ちっち(surdo) 沼直也(dr) 坂本真理(Performance)

12月1日(木)リトミックワークショップ 神奈川県立清陵高校

12月10日(土)【喜劇映画のビタミン PART4】~身体表現と音楽~
@エスパス・ビブリオ    喜劇映画研究会
新野敏也(解説)、谷川賢作(キーボード)、坂ノ下典正(ギター)
坂本真理(キーボード、パーカッション、弁士、歌)

12月23日(金)@青山praca11 BANDA CHORO ELETRICO(Performerとして出演)まえかわともこ、新見桂子(vo) 沢田穣治(bass) 尾形ミツル(fl) 和田充弘(tb) 衣山悦子(tb) 堀越昭宏(key) 伊左治直(toy piano) RINDA☆(pandeiro) ちっち(surdo) 沼直也(dr)サム・ベネット(per) 坂本真理(Performance)

12月24日(土)@クローズド プライベートパーティ BANDA CHORO ELETRICO(Performerとして出演)まえかわともこ、新見桂子(vo) 沢田穣治(bass) 尾形ミツル(fl) 和田充弘(tb) 衣山悦子(tb) 堀越昭宏(key) 伊左治直(toy piano) RINDA☆(pandeiro) ちっち(surdo) 沼直也(dr)渡辺亮(per)坂本真理(Performance)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サバール

15284146_1018617591582980_837790083

ラボにある楽器の「サバール」(アフリカのくりぬき太鼓)のワークショップを受講してきました。
アフリカの太鼓で、「ジェンベ」を演奏する人口は多いし、
習う場所もたくさんあると思うけれど、
「サバール」を体験する機会は滅多にないな〜と思ったけれど、
やはり東京はすごいなぁ〜、やっぱりこんだけこの楽器を演奏している方がいるんだなぁ〜と思いました。
棒を使うので、ジェンベとはだいぶ感覚が違うなぁ〜と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zoord

Images

11月22日(火)19時~21時白金台いきいきプラザホール
【トランシルヴァニア地方のダンス・ワークショップ】
主催: ダンシングマスター
共催:日本口琴協会

来日中のゾールドのメンバーが、演奏しながら直接、民族舞踊を指導してくれるワークショップ。

フォークダンスの講習会に参加するのは、学生時代以来なので、何を着たらいいのか、ととりあえず、フレアースカートで行ったけれど、参加者の皆様は、
ダンシングマスターの歴史的古典舞踏、
フォークダンス、
その中でも、ハンガリーのフォークダンス、
口琴関係者など、
いろ〜んな人がいて、服装も、靴もマチマチでした。

クローゼットのダンスシューズ箱をひっくり返して、フォークダンス用の踵のあるダンスシューズを引っ張りだしたけど、
トランシルヴァニアのダンスには、
むしろ、足音がしっかり鳴らせる革靴が、良かったのかも〜。

サインをいただくときに、クリスティアーンさんが、何故か花のイラストを描いてくれて、
なんでも、トランシルヴァニアは、めっぽう寒くて、CDジャケット撮影場所には、花も咲かない、みたいなことを多分、おっしゃっていたのだと、私の怪しい英語で理解しました。

バンドは、3名編成。
メロディ、コード、リズムをそれぞれ1人ずつなのだけれど、
コードの役割をバイオリンが担い、
メロディが、口琴です。
メロディがです。
ピアニカみたいに、口琴です。

11/27(日)Zoord日本ツアー最終日!

ゲスト:倍音の森
フロントアクト:ビッキー&小金井星空口琴部隊
@小金井アートスポット シャト-2F

ハンガリーから来日中の口琴がリードギターのような役割をする3ピースバンド「ゾールド」にすっかりハマって、
ダンスワークショップに引き続き、
今度は、高1の息子パンダを連れて、
Zoordの真っ赤なTシャツを着て行ってきました。

前日に、腹痛を起こしたので、
念のために朝から絶食....。
その甲斐あって、最後のアンコールでの民族ダンスをみんなで踊る輪の中に入って踊ることができました。
右手にダンシングマスター服部さん、左手に息子パンダ。
忘れられないダンスの輪の風景。

10日間のゾールドの日本滞在中、運転手を含むオーガイナイズを一手に担っていらっしゃった日本口琴協会代表の直川礼緒さんが、ツアーの最終日の最後の最後に、ステージに立って、口琴の名匠ゾルタンの息子、アーロンと共演をされたシーンは、涙が出てしまう感動のハーモニーでした。

私がご一緒していた時代の「こどもの城」では、こどもたちに向けて、気楽に口琴を演奏していた礼緒さんですが、今は、世界的な演奏家のお立場や、会の裏方に回られることも多いので、こんな形で演奏を改めて聴くことができて、本当に幸せでした。

15171090_1010796075698465_919426896

15056514_1010794949031911_6031014_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファンタスティック ビースト

1446797762_1

うちのこどもたちが、とても楽しみにしていた公開でした。
某コンビニの景品つきの先行予約で前売り券を購入しましたが、その時の件が、まんま、前年の私が、「スターウォーズ」の景品つき前売りを購入した時と状況が同じでした。
業務が多すぎて、覚えるのが大変だとは、思うのですが、
「お店の人に聞けばいいや」
と、買う方が思っていると、
店員さんの方から、
「詳しくは、HPを見てください」
と、言われてしまう。
iPhoneがあるから良いけれど、
それでも、出先だと、老眼で読めない場合もあります。
私よりIT弱者の方や高齢者の方は不便だろうなぁ〜と、思うのです。
今回は、
「ファンタスティックビースト」
という単語が、店員さんたち同士の問い合わせで、途中から「ハリーポッター」となったらしく、
「ハリーポッターの新しい映画はありません」
になり、
「ハリーポッターの作者が新く脚本を書いたファンタスティックビースト」
と、訂正をすると、
今度は、それが、コンビニのレジでは、
「FB」と表示されていたので、
店員さんは見つけることができなかったようでした。
昨年のスターウォーズでは、
「スターウォーズ新聞」を、景品のフィギュアとともに、もらうのに苦労しました。
帰って、都内のコンビニの外国人留学生の方が、
こうゆう複雑な情報をオペレーションするのは得意なのかもしれません。
私も、複雑なことを覚えるのは苦手なので、
大変な仕事だなぁ〜と思いました。
映画の方は、いろんな生き物が出てきて、
生き物好きには、とっても興味深いと思いました。
ネタバレになりますが、
あの、有名な俳優さんが最後に出ます。
これは、続編に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »