« 映画「靴職人と魔法のミシン」 | トップページ | 明日!スタート 6/1(水)は幼児&低学年リトミック »

「でんでらキャラバン報告会」


「でんでらキャラバン」

http://denderacaravan.com

の報告会に、スタッフ参加してきました。

第1部 福島からの報告(18:10-19:00)
パネラー 三瓶政美氏(いいたてホーム施設長)・大和田

新氏(フリーアナウンサー)
でんでらキャラバンは、2012年から子どもたちを中心

に福島へ音楽を届けています。福島ツアーでお世話になっ

た方々を迎え、一緒に福島の「今とこれから」について考

えます。
第2部 でんでらキャラバン ミニ・コンサート(19:

20-20:00)
出演 おおたか静流(ヴォイス)、張紅陽(鍵盤)、松井

亜由美(ヴァイオリン)、松本治(トロンボーン) 

美味しいフード、ドリンクもご用意しています。アロマ、

雑貨のバザーもお楽しみください。

毎度おなじみ、今回も、「くじ引き屋」さん。

いつも応援してくださっている「おおたか静流」さんと、
静流さんのお友達の可愛い姉妹も、
くじを手伝ってくれました。

でんでらキャラバンの隊員が、小澤敏也(パーカッショニスト、故人)だった縁で、私も、保養の場の南会津でリトミックをさせていただいたり、つるさん(小澤)のマネージャーとして、福島テルサホールでスタッフをさせていただいたりと、遠征の参加も経験させていただいて、

そして、その報告会&ライブにも、

こうして、参加の場を与えていただいていることに感謝しています。

3・11の日は、

ちょうど、3時前は、お帰りの時間の前。

その当時の園児たちと、保育中に忘れられない経験をしました。

その時だけではなく、そのあとも、園庭で遊ばせて良い時間を判断したり、

木の葉や木の実の製作や林でのおさんぽをとりやめたり、

いろんなことをひとつ、ひとつ、いろんな人の手を借りて、

登って、登れきれなかったり・・・。

福島での今の報告会や、

キャラバンで音楽を届ける映像を見て、胸も熱くなりました。

人は、誰にも自分の居場所が必要で、

でも、その居場所を見つけるのには、努力が必要。

「絆」という言葉は、時々そらぞらしいけれど、

スタッフとして、フード提供の南三陸わかめを包丁で切ったりするお手伝いをしながら、いろんなことを肌で感じる1日でした。

 

|

« 映画「靴職人と魔法のミシン」 | トップページ | 明日!スタート 6/1(水)は幼児&低学年リトミック »

ぺとら&外部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「でんでらキャラバン報告会」:

« 映画「靴職人と魔法のミシン」 | トップページ | 明日!スタート 6/1(水)は幼児&低学年リトミック »