« 第50回修了式 | トップページ | 2013年の外部出演記録 »

幼稚園同窓会

同窓会に、たくさんの卒園児、ご家族、退職された先生方にご来場いただきました。
来られなかった先生方からも、お花を頂戴しました。ありがとうございます。





お餅は、いつもの手作りでした。

たくさん、たくさんのこどもたちの顔。
幼稚園に同窓会があるというのは、素敵なことです。
こうして、3年ごとの成長を見守ってきて、
成人した卒園児と深い話ができて幸せです。
私立幼稚園で転勤もなく、
いつでも、幼稚園に行けば、自分を覚えていてくれる先生がいる安心間は、
みんなにとっても成長の助けになっていてくれた信じています。


むらさき幼稚園の園児だった頃。
主事先生(きよはる理事長)が、畑でモグラを捕まえて、ホルマリン漬けにしたことが衝撃的だったのですが、18年経って、音大を卒業し、就職したら、まだそのモグラ漬けが、園にありました。
小学生の時に、何回も、園庭のブランコの夢を見ました。
幼稚園でリトミックを教える先生は、たくさんいますが、
園長兼任で関わらせていただけるチャンスは、めったにあることではないと思っていました。
同窓会には、私よりもかなり先輩の、園舎の2階に下宿をされていた先生もいらしてくださいました。
そして、
私と同期、平成元年に幼稚園に入られ3年勤務をされた『マツオ先生』も、群馬からいらしてくれました。同期の私たちは、本当に一緒に、いろんな経験をしました。一緒に泣きました。働くこと、保育のこと、何もかも初めてで、ペーペーで、仕事が遅くて大変だった22歳の頃を思いだしました。
そして、その頃の教え子が、3人も来てくれました。一人は、子連れです。
私が、妊娠出産と仕事の両立を目指していて、そこをフォローしていてくれた頃の先生の『アイコ』先生もお子様づれできてくれました。その後主任になった『ジュンコ』先生が、仕事で急に来られなくなったけれど、その頃の自分は、本当に、周りに迷惑をかけっぱなしだった。でも、そうやって、子育てはみんなに助けてもらうって、知りました。
今は大学2年生になったエリザベスが、ちょうど喋り出した頃〜園長の子だけれども、入園した頃の先生『ユカ』先生、『エツコ先生』、『ユキノ先生』も来てくれました。私は、この頃、末子のパンダも保育園に送り迎えがあり、先生方には、すごく迷惑をかけました。でも、みんなの助けがありがたいと知りました。
運転手の『ヨコヤマ』先生、保育を助けてくれた『マサコ』先生も来てくれました。
そして、最後の8年間、メンバーチェンジなしで、支えあった4人も揃いました。主任の「ユミコ先生」は、最後は、3学年一緒の1クラスをまとめました。12年間は、同僚の先生として、その前の何年かは、園児のお母さんとして、役員の経験もある存在でした。
『ユキコ先生』が、産休に入って、私が担任を引き継ぎ、今度は、『ユリ』先生が産休に入ったら、『ユキコ』先生が、戻ってきて、担任を引き継ぎ、その後は、二人とも、私の外部リトミックに頻繁に子連れで顔を出してくれました。
当たり前だけれども、
幼稚園は、コドモと接するところ。
親御さんたちは、こんなにも命がけで、お子さんを私たちに教育することを任してくださっている。
自分自信も、いっぱいいっぱいながら、子育てしながら、保育の仕事をさせていただいてきたからこそ、学ぶことがたくさんありました。
同窓会で、いろんなママたちにも再会できて、
いろんなことを教えてくださった子育ての先輩に感謝しました。
「保育士が足りない」など、いろんな問題があること、
痛いほどによくわかります。
自分の子供が熱を出しても、保育の仕事は、休めない。
インフルエンザに家族が感染したら、仕事に穴が開いてしまうから、
家庭でも、感染しないように、家族も気をつかう。
「うちは、家業が幼稚園だから仕方がない」と、
うちの子供たちも、幼稚園のいろんな行事に関わりました。
そして、この子たちが、まだ幼い頃には、卒園児の中で、手伝いの子が申し出てくれて、花火大会の火つけや、同窓会の模擬店を手伝ってくれました。
同窓会で緑の帽子をかぶっていた『ユウキ』君は、そうやって、ずっと手伝ってくれていた頼もしい存在です。
むらさき幼稚園の子は、なんとなく一本の筋道が、共通のところがあるようで、それぞれ年代の違う卒園児たちが、模擬店をやってもらうと不思議とまとまります。初対面だけれども、同じ空気感があります。絆を感じます。
28年間の勤務生活を振り返って、やはり一番良かったと思うのは、自分の子供たちも、在園、卒園させたと言うことです。遠慮すべきという意見もあったし、他園では、えこひいきの可能性をあんじて避けるケースも多いそうです。でも、うちの幼稚園のママたちは、本当によく私たち母子を受け入れてくれました。
放課後は、私を「真理先生」ではなく「真理ちゃん」と呼んでくれて、お友達の家の行き来にも、招いてくれて、我が家で遊ぶ順番の時には、私が勤務している間は、留守番をしてくれていました。ママ友であり、勤務園の保護者でありという存在だったみなさんにも、同窓会で再会できました。
音楽を通して、私に生きる目的を与えてくれたミュージシャン仲間たちにも、感謝です。
これからは、「むらさきミュージックラボ」を立ち上げて、ベビーからシニアまで、幅広い年齢の方々と、触れ合う目標を持っています。
幼稚園は、幼稚園児の年齢を持つご家庭と関わることが原則だったけれど、
ラボは、「お城」のように、すべての年齢の人が、足を運んでくれる場所になれば良いなと思っております。
生活のため、営利目的ではありますが、見学および初回は無料ですので、いつでもリトミックをしに来てくださいね。4,5月は、初めての「ベストな気候の中での長期休み」と思っています。夏休み、冬休みには、気候に負けてできなかった自分のことをいっぱいやりたいと思っています。そして、6月には、新しいラボがスタートします。みなさん、宣伝よろしくお願いします。

|

« 第50回修了式 | トップページ | 2013年の外部出演記録 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幼稚園同窓会:

« 第50回修了式 | トップページ | 2013年の外部出演記録 »