« 第19回 幼稚園同窓会のご案内 | トップページ | ねこのピート はじめてのがっこう »

おすもう大会

大雪による休園で、延期された「おすもう大会」が終わりました。
延期された分、練習もたっぷりできたので、
今年は、私が今まで見た中で、一番、「行事」の声が響いて、上手にできていたと思います。
写真では見えづらいですが、行司役も烏帽子をかぶり、軍配を持って執り行っています。
おすもう大会の目的は、
「力を出し切る体験を持つ」
ということで、決して、決して「勝つ」ことではありません。
だから、勝ったことよりも、負けてもきちんと礼をしに土俵に戻る子が褒められて、
「勝った」「勝った」と、喜んで礼を忘れて、マットを飛び出す子は、
注意を受けたりします。
今年は、練習の過程で、とても大事なことを学びました。
それは、
取り組みが始まる前に、うっかり、取り組みを予想して、
「きっと、◎◎ちゃんの方が勝つよ」
と、待機マットで、私語をした子のささやきが、
取り組みを行う直前の力士の耳にも入り、
集中を削いでしまった結果、
「負ける」と予想された子が、負けてしまったことで、
「最初に、◎◎ちゃんの方が勝つと言われたことが嫌だった」
と、泣いてしまったことがありました。
これ。
こんな風に、自分が嫌だったことが、きちんと言える子に育って、
よかったな、と思いました。
幼稚園の外の世界では、
「いじめ」につながるような、心のささくれにも出会うことと思います。
でも、そのささくれが、「少し嫌だった」段階で、きちんと口に出して言える子ならば、本当に大丈夫なんだと思います。
みんなも、このことを真摯に学びました。
お茶の間のテレビでは、「勝負の予想」を言い合って楽しむことはあるでしょう。
でも、
「その子の身になってみる」
という状況においては、それはやらない。
子供には、少し難しいことかもしれませんが、
こういった積み重ねが、人生経験となって、
コミュニケーション能力が育っていくのだと思います。
子供たちと、先生の信頼関係がないとできないことですが、
本当に、うちの幼稚園の子供たちは、幸せと思う瞬間でした。
力士となって、「醜名」を使用するのも、
個人と個人が、力の技量を競うのではなく、
「おすもうさん同士」が、神様に奉納するために闘うことにならって、力を出すことを学ばせていただいているのです。
毎度、おすもう大会を振り返るごとに、お伝えしているのは、
かつては、この行事も、公開行事でした。
「ものいい」に、毎日、NHKで相撲を観覧しているご祖父さまが、私の知らない技の名前を教えてくれつつ、「取り直し」をすすめてくれるなど、ピリっとした雰囲気のもと、終了後は、「勝負を洗い流す」「水に流す」という意味で、園から豚汁を振るまいました。
時代とともに、難しくなったのは、
家庭用ビデオカメラの普及で、取り組みを後で家で再生して、
「やっぱり先生の判定はおかしい」
と、後日、「ものいい」がついてしまったこと。
「ものいい」は、本来、その場で発生し、みんなで討議をするものです。
「絶対勝ってこい」
と、約束させられる子が出てくると、「負けた場合」家に帰れない。
ちょうど、横綱に、「舞の海」がいた頃のことです。「猫だまし」が流行ったので、家で、毎日、お父さんに「猫だまし」の特訓を受けた子が、ふいうちのような取り組みをしてしまい、「負けた子」は、あっという間に、心の準備がないままに、ただ負けてしまう。技を禁止とは言わないまでも、「力を出し切る」経験をさせられないことは、相手の子にとっては、残念なことです。
振る舞いの豚汁は、あくまでオプション。負けた勝負があっても笑顔で帰っていただくためのものなのに、その分配をめぐって、お客様(保護者同士)でもめてしまったことがありました。全員に行き渡るように、塩梅を考えて、少しずつ「味見」とお声がけをしていても、「早いもの勝ち」を決め込んだ団体が、独占をしてしまい、食べられない人が出てきた。独占をしたグループは、おにぎりまで持参をしていた光景が、「子供が主役」という意味から離れてしまった。
このような経緯があり、今では、非公開行事となり、帰宅をして、
「勝った?負けた?」
と、子供に聞いても、
「わからない」
と、答える子がいるような、今になっています。
でも、力を出して頑張ったこと。
礼をきちんと言えたこと。
楽しかったこと。
が思い出に残っていれば、良いな、と先生たちは、思っています。
写真は、最後に、担任の先生との取り組みをたくさんした中の一枚。
力いっぱいぶつかっていって、
それを受け止めてくれる相手がいる。
こんな経験ができるのも、
平成の今では、そろそろ限界なのかもしれませんね。
子供たちのこの経験、体験、学んだことがらが、
次の世代に受け継がれていくことを望んでやみません。

|

« 第19回 幼稚園同窓会のご案内 | トップページ | ねこのピート はじめてのがっこう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おすもう大会:

« 第19回 幼稚園同窓会のご案内 | トップページ | ねこのピート はじめてのがっこう »