« お泊まり保育2015番外編 | トップページ | おおたか静流さん中野チャンプルーフェスタと「毒にも薬にもなりたい」 »

立川の山羊さん


さてさて。

立川に草刈りのために那須高原から山羊さんが出張で働いているのは、
有名だとは思うのですが、
いつもの通り道なので、毎回、チラ見しているところ、
この日は、雨あがりという事で、
いつも暑くてダレている山羊さんたちが、別人ならぬ別ヤギだったので、
よくよく観察していました。
まず、匂いで気づきました。
私が、いつもお世話になっている太鼓の山羊皮の匂いです。




集団でいると、
まさにお湯で濡らして柔らかくしている山羊皮の匂いが、
まさに、雨あがりで一仕事(食べ)をしてくつろいでいる山羊さんたちの匂いでした。
テスト期間中で早く大学が終わった娘を立川まで迎えにいっていたので、
その後、娘と合流してこの匂いを一緒に嗅ぐと、
「『千と千尋のかみかくし』のアニメで、蛙や兄役たちが、『人間がいる!人間の匂いだ!』っていうのは、まさに私たち人間も、他の生き物たちから、こんな風に生きていても、死んで皮だけになっても同じ匂いがするから、こんな言われ方するんだね。」
と、
実に芸術学科で映画を毎日観て、研究している人らしいことを言っていました。
「人間の匂い」
どんなんなんだろね。
我修院達也さんの声で、
「人間の匂いがする」
をその後、何度も娘はモノマネしてくれました。
似てる。
山羊の匂いをあいまって、リアルに感じました。
娘よ。
ありがとう。
IKEAでベッド下に収納できる箱を2個買って、
組み立てました。



散らかったマンガが、実にすっきり収納できました。

が、
もちろん、
そのままの状態で夏休みが終わるわけないよね〜。

|

« お泊まり保育2015番外編 | トップページ | おおたか静流さん中野チャンプルーフェスタと「毒にも薬にもなりたい」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立川の山羊さん:

« お泊まり保育2015番外編 | トップページ | おおたか静流さん中野チャンプルーフェスタと「毒にも薬にもなりたい」 »