« 蜘蛛さんがせっかく | トップページ | マジックインムーンライト »

2015年5/1の未リトミ

Img_4181

GW期間中の市の親子ひろば「未就園児のためのリトミック」でした。
本日のテーマは、「紙芝居」。
親子で、固い厚紙に紙芝居をかいて、
お話をつくってもらって、
先生がピアノをつけました。
ご家庭で使う紙といえば、
今は、ほとんどOA用紙なんじゃないでしょうか。
ひと昔前は、
幼稚園の連絡の簡単なメモとかも、
ママたちは、広告の裏紙に書いてくれたものです。
でも、最近は、デジタル印刷が発展していて、
ウラ面もほとんど印刷されていて、裏がメモ書きできる環境がないのかもしれませんね。
幼稚園だと、
豊富な廃材があるので、
いろんな使い道を考えながら使っています。
本日の素材は、
在庫になった自由画帳などの表紙の紙です。
丁寧に、金属リングをとりました。
白いあまりのページは、もちろん、画用紙として使っています。
保育の中で、園児が使うと、
裏面のイラストも、とても大事な要素みたいで、
「ライオンが好きな子に、とっておいてあげよう。」
という思いやりの場面も見受けられました。
この活動で、一番の要は、
「先生がピアノで音をつけるところ」なのですが、
いろいろやってみて、
その活動を嬉しいな、と思ってくれる人と、
邪魔だなぁ〜と思う人がいるという事に気づいています。
その人の生活の中や、心の中に音楽があるかどうか?
実は、本当に、幼児期の音の与え方にかかっているんだなぁ、と感じるところです。

|

« 蜘蛛さんがせっかく | トップページ | マジックインムーンライト »

リトミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年5/1の未リトミ:

« 蜘蛛さんがせっかく | トップページ | マジックインムーンライト »