« リトミック道具篇2 | トップページ | 楽器を大切にする心 »

『トペラトト おもいでをたべるオバケのはなし』刊行記念イベント 思い出をたべるオバケがいてね@代官山TSUTAYA

代官山TSUTAYA。
初めて行きました。
ここなら、一日中いられるね。
本と一緒に、遊べてくつろげる素敵な場所でした。
田島征三さん×おおたか静流さんが描いた絵本。
×の部分は、
andという接続詞ではなくて、「バトル」と読むそうです。
一緒に絵本をつくるにあたって、いろんな素敵なバトルがあったみたい。
そんな貴重なお話を聞けて、いくらでもお二人のトークを眺めていられるイベントでした。
サインいただいたのは、
まもなく閉園になる、私たちの幼稚園名で。
静流さんの飛び道具的な楽器がたくさん並んだテーブルを拝見して、
もし、つるさん(故小澤敏也)が生きていたら、
この場には、絶対につるさんがパーカッショニストとして音をつけていたんだろうなぁ、と想像できる風景でした。
つるさんは、田島さんとも一緒に温泉に入って、
いろんな会話をかわして、
すごく楽しかったと教えてくれました。
トペラトトの世界観に浸って、TSTUTAYAさんの階段を降りたら、
壁の装飾も、トペラトトに見えてきました。
「どらえもん」の「もしもボックス」で、
「もしも、建物には、お化けがいるのが普通な世界なら」
という設定になっていたら、
私たちの幼稚園生活も面白いだろうなぁ〜と思いました。
やってみましょうかね。
閉園までの最後の1年を。
それと、
「オノマトペ」。
静流さんは、いつの間にか、たくさんの「オノマトペ」を絵本の中にたくさん産んでいました。
こんな状況の時には、こんなオノマトペ、という新しいスタンダードを幼稚園でつくろうではありませんか!
まり先生は、それにぴったりの音を楽器で探すよ。

|

« リトミック道具篇2 | トップページ | 楽器を大切にする心 »

エンタメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『トペラトト おもいでをたべるオバケのはなし』刊行記念イベント 思い出をたべるオバケがいてね@代官山TSUTAYA:

« リトミック道具篇2 | トップページ | 楽器を大切にする心 »