« 2/14の未リトミ | トップページ | NHK技術研究所コンサート 22.2ch EPOヴォイス・サラウンド・ライブ »

チョコレートムースケーキ


2015年2月のお誕生会のケーキは、チョコレートムースでした。

我が園で、一番、お誕生の人が多い月が、実は2月なのです。
園児が5名、先生が3名です。
それで、お誕生の人が吹き消すキャンドルが足りない!
いつも使っている背の低いルームキャンドルの昔のもう消耗したものをひっぱり出して、午後のホール遊びの前に、こどもたちが来る前に、急いで、ろうを溶かして、
なんとかしようとして・・・。
失敗。
こどもたちが、ホールに来たときには、
「ろうそくの匂い」だけが充満して、
私が失敗した暖かい蝋のブニュブニュを触るこどもたち。
「ろうそくって、つくれるんだね」
「うん、失敗したけどね。」
それで、なんとかしようとして、
背の高い普通のキャンドルのスタンドを、
アルミ鍋を切ってつくってみました。
ビー玉をおもりにして ・・・。



それで、
お誕生会の時に、使ってみたところ、
やっぱり背の高い普通のキャンドルの心棒は、
こどもが吹き消すのには、大きすぎて危険。
はぁ〜、失敗だぁ。
と、思っていたけれど、
それを哀れに見ていた事務所の先生が、家にあった古いキャンドルを2つほど寄付してくれて、来年の2月もなんとかなりそうです。
結果、オーライ!

先日、ご紹介した、次年度への取り組みの試作品もできました。



次年度の運動会に、今年卒園する新1年生用の貸し出し品の試作にも取り組んでくださっています。
今度の総会で、プレゼンをしたいので、がんばっているところです。

今年度の修了記念製作は、すべり台を塗る事にしました。
この斬新なアイディアは、主任のウミ子先生です。




先日の作品展で、アクリル絵の具を使った経験がある子たちですが、
ペンキは、もっと難しいです。
しかも平面ではないので、たれてくる。
アクリルは、すぐ乾くので、重ね塗りが可能だけれど、
ペンキは、なかなか乾かない。

難しかったねぇ〜。(年長さん)
でも、例年、行っているペンキ画と違って、
画ではなくて、○や線なので、
いつもは、
「ハイ、まり先生に肌色の調合してもらって」
とか、色づくりまで、私に丸投げをする理事長先生が、自ら、ペンキの装飾の補正をやってくれていました。
私も負けじと、
「隠れミッキー」を何個が仕込んでおきました。
これ、
来年の「親子レク」で、「ウルトラクイズ」の問題に出しますからね。
数えておいてくださいね〜〜。

|

« 2/14の未リトミ | トップページ | NHK技術研究所コンサート 22.2ch EPOヴォイス・サラウンド・ライブ »

むらさき幼稚園のケーキ&食育の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョコレートムースケーキ:

« 2/14の未リトミ | トップページ | NHK技術研究所コンサート 22.2ch EPOヴォイス・サラウンド・ライブ »