« 小学校訪問 | トップページ | 手作り楽器物語 ハイリーズ篇 »

お雛様

幼稚園のおひな様。
記録にとどめておきますね。
ちょうど、私が在園していた昭和48年くらいだと思います。(年長さんの頃)
おひな祭りのお母さんたちの劇が、賞をとって、
浅草公会堂で行われる大会に出たそうです。
その時の賞品として、園に七段飾りがやってきました。
毎年、私が飾っています。
下の段は、裸足の身分の低い使用人がいて、顔の表情に、ちゃんと「喜怒哀楽」があります。
右近の橘、左近の桜も、ちゃんと老人と若者です。
私が園児に説明する時には、まず「身分」というものがある事を説明していて、
靴を持つ係なのに、自分は裸足の人もいる。
でも、上の段の人には、表情がない。
刀のある人とない人がいる。
五人囃子の楽器のこと。
最後の一人は、扇子を持って、謳いが役割。
そして、関東風のように、男女分かれて、お雛さまとお内裏さまと同じように、写真をとります。
桃の花は手に入らない年は、造花です。
修理に修理を重ねて、五人囃子の笛は、もはや楊枝だったりする時もあるのですけれど、愛着があります。
なんとか、保存できたらいいなぁ〜。

|

« 小学校訪問 | トップページ | 手作り楽器物語 ハイリーズ篇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お雛様:

« 小学校訪問 | トップページ | 手作り楽器物語 ハイリーズ篇 »