« ジングルジム | トップページ | 楽団「ぺとら」再始動!児童施設公演に行くぞ! »

タンバリン博士

11/23  カフェムリウイにて。
日本で唯一のタンバリン博士の単独イベントにいきました。
第一部では、タンバリン博士として、
世界のタンバリンをレクチャー。
私は、つるさん(故小澤敏也)と一緒に活動をしていた5年間で、
ずいぶんとブラジルのタンバリンには詳しくなったのですが、
それは、世界の中の一部分。
つるさんも、世界のタンバリン族にいつも敬意を払っていました。
遺言で、
つるさんが私のために選んで遺してくれた楽器を譲り受ける時に、
こどもたちに、フレームドラムが元祖、タンバリンは世界中にある。
ブラジルだけが、持ち方が水平で、それ以外は縦に持つ。
タンバリンの指穴には、指をいれない。
いろんな楽器の成り立ちを説明できるようになること。
フレームドラムの仲間のプレーヤーと交流を持つこと。
いろんな事をおそわりました。


田島隆さんは、
世界中のタンバリンを解説するだけではなく、
ユーモアのセンスも抜群!

タンバリンワークショップ、
フレームドラムナイトに引き続き、
トーテムポールの写真を撮っていただきました。
かれこれ100名以上と、この写真を撮られているそうです。
楽器部屋のピアノの上に、このポスターも貼ってありますよ。
もっと、いろんなことを田島先生から学んでいこうとおもっているところです。

|

« ジングルジム | トップページ | 楽団「ぺとら」再始動!児童施設公演に行くぞ! »

エンタメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タンバリン博士:

« ジングルジム | トップページ | 楽団「ぺとら」再始動!児童施設公演に行くぞ! »