« シーノ・タカヒデ MAISHA『旅の記憶』 | トップページ | ロバの音楽座&おおたか静流コンサート »

パンデイロと一緒

Img_1982

つるさんのパンデイロのお弟子さんたちと一緒に、
とある作戦を企み中。
Img_1985
パンデイロは、フレームと皮の部分、横のジングル(シンバル)の部分などを全部自分で組み合わせてカスタマイズするので、
みんなそれぞれこだわりを持って、組み立ててある世界にひとつの楽器を使っています。
だから、集まると、みんなそれぞれの楽器談義があって、すごいマニアック。
プラモデルみたいな感覚なのかなぁ〜。
私も最近、つるさんのイベントにパンデイロ等を使ってもらう都合上、
メンテナンスをかねて、いろいろとパンデイロに触っていて気づくのが、
「危ない。手を切る」
という事で、生前、あんなに「手を切るから気をつけて」と言われていたのに、
まんまと手を切ってしまいました。
ジングルの中には、手作りではじが未処理のものもあるから、
要注意なのですね。
園児には、触らせられないなぁ〜。危ない、危ない。
でも、タンバリンのように見えて、ドラムのような音がでる魔法の楽器です。
ところで、
つるさんは、お弟子さんの前でも、
私の事を「まり先生」と呼んでいました。
だから、写真に映っているお弟子さんたち(全部で本当は26人いるんだけど)は、
私の事を「まり先生」と呼ぶ人が多いのです。
(先日、園で大人リトミックに来てくれたプロパーカッショニストのエリヲちゃんもそうでしたよね。)
それで、この練習会は、
とある本物のサンバチームに混ぜてもらっているのですが、
そこで、初対面となったサンバダンサーさんにも、
「まり先生」と呼んでいただいてしまっていました。
どんだけ、
先生オーラ出しているんでしょうね〜。
自分じゃわかんないけどね。
Img_1988
昨年のサンバカーニバルの山車で、不要になったという「馬」を目ざとく見つけた私。
「これ、ちょうだい!幼稚園で使うから」
と、ちゃっかりもらって、そのままモロ出しで中央線に乗って帰ってきました。
こんな風だから、
「まり先生」って言われるんだね。
夏休みの日々は、毎日が勉強です。
一日たりとも、無駄にできないなぁ〜と思って、出歩いている日々です。
暑い!

|

« シーノ・タカヒデ MAISHA『旅の記憶』 | トップページ | ロバの音楽座&おおたか静流コンサート »

ぺとら&外部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンデイロと一緒:

« シーノ・タカヒデ MAISHA『旅の記憶』 | トップページ | ロバの音楽座&おおたか静流コンサート »