« 2014 6/11の未リトミ | トップページ | 木の椅子をお譲ります »

さよならマサト先生と、避難訓練


昨年の前期実習に引き続き、

今年度も幼稚園教諭免許取得の後期実習に、マサト先生がきてくださっていました。
木曜日は、「責任実習」といって、丸一日を指導日案どおりに、進めていくという課題の日でした。写真はその中のホールでの運動あそびの実習中。「猛獣狩りに行こうよ」「昆虫カンフー」の後に、「パネルシアター」で、四角から変身する動物の演目を見せてもらっているところです。
保育園での実績をお持ちで、いろんな引き出しがあり、そのどれもが面白いマサト先生からは、実習生とはいっても、私たちも学ぶところがたくさんあります。
園児が帰った後の反省会でも、いつも話題は、「幼稚園と保育園の違い」についてで、
認定こども園の急ピッチの整備で、
これから、幼児をとりまく環境はコロコロといろんな都合で変わってしまう事でしょう。
こどもたちは、あっという間に大きくなってしまいます。
幼児期なんて、ほんの一瞬。
お母さんとたっぷりいられて、
幼稚園でいろんな話題があって、
ちょうど良いバランスで登園するからこその集中力があって、
幼稚園って、やっぱり最高なんだろうな、と思うのだけど・・・。
6/13金は、午前中に2クラスともプールで、
両クラスとも、マサト先生にプール遊びも担当してもらいました。
ゲーム形式で、とても楽しかったです。
さて、最終日なのですが、今日は、マサト先生は、お仕事のために、半日で早退という事になっていました。
グループ担任で交代勤務の保育園と異なり、
幼稚園では、園長である私が出張に行くくらいで、
担任の先生が有給だったり、早退したりという事は、滅多にありません。
最終日の最後のお別れの時間に、
「お仕事」という理由で、早退をすると、
「ボクたちとお仕事、どっちが大事?」
と、お別れをしっかりとしたかった子の中にはさみしい気持ちの子がでるかもしれません。
相談の結果、
マサト先生には、早退する時に、スーツに着替えてもらいました。
予想したとおり、
こどもたちは、マサト先生のスーツ姿をみて、
「お仕事がんばってね」
「お父さんみたいだね」
と、みんな応援する気持ちで見送りました。
後日、お弁当を食べにもう一日、来園してくださるとの事で、
その時には、「お別れ会」を開く予定です。
午後は、避難訓練。
今回も3分ほどで避難する事ができました。
繰り返し、おこなっていきたいと思っています。




|

« 2014 6/11の未リトミ | トップページ | 木の椅子をお譲ります »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよならマサト先生と、避難訓練:

« 2014 6/11の未リトミ | トップページ | 木の椅子をお譲ります »