« さくら遊園地 | トップページ | おめん屋さんごっこ »

When You Are Smiling!×MUSIC FOR COMMUNITY Presents こども×おとな×おんがく!

1394933138084.jpg

11人のビックバンド楽団「ヒネモス」との音楽の時間を楽しみ、
「こどもとおとなが “ともに生きる” こと」について、
語りあい、想像力をふくらませ、未来を描く。
そんな一日を、みなさんで一緒に過ごしましょう。
というイベントにて、
幼稚園の先生という役所で参加をさせていただきました。
まずは、私も大好きな「ヒネモス」の演奏から。
子連れでライブに通っていた頃から、10年近い歳月が流れていて、
幼稚園生だった息子パンダ(今は中1)の事も覚えていてくださるもはや親戚のような感覚のバンドです。
最近では、日テレで放映された「人生がときめく片付けの魔法」のサントラを担当されて、
「おもちゃの楽器で奏でる大人の鼓笛隊」というジャンルで先頭を走っているバンドでもあります。
ここの会場と、この兄弟イベントでは、楽団「ぺとら」が4年にわたって、毎年3月に親子向けのイベントで呼んでいただいていたのですが、今回は、共同開催という事で、ライブのみではなくて、シンポジウム的な展開もあり、こどもたちもライブ後のお楽しみとして、「ライブをみた気持ちを大きな共同製作」として、描いてみようという作戦もあるという事で、プロのデザイナーの方が、アートという形にすること、プロのこども師である私が実際にこどもたちを動かしていくという役割分担をして、やっていこう!という事にお誘いいただきました。光栄な事です。
1394933141260.jpg
私の実際にやったこととしては、
直前に下北のダイソーで画材を調達したり、
こどものいる場所にポンポンと紙を置いたり、
声をかけていって促したり、
年齢の高い子や、もっと上級を目指したい子をスカウトして、
壁画の方に誘導したりをしているくらいです。
幼稚園の先生だったら誰でもできることだと思うのですが、
私が小さい子の前に、紙を置くと、魔法のようにスッと描きだす様子に、
親御さんもびっくりされていました。
これは、私の魔法じゃなくて、ヒネモスの音楽の魔法なんですけれどね。
こどもたちは、「すごい表現」をみて感動すると、
自分たちも何かを表現したくなるので、
これはごくごく自然な事だと思います。
1394933145026.jpg
10歳くらいの男子が二人、
壁面では大活躍をして、楽器のパレードを描きだしました。
1394933148413.jpg
すると、デザイナーのヒロミさんが、
それにストーリーをたてて、
どんどん作品化していきました。
すると、低学年の女子たちも、どんどん壁画の方に上級してきました。
1394933151748.jpg
「ヒネモス」の音楽を聴いて、
「パレード」というタイトルが浮かぶような作品ができました。
打ち合わせ段階では、企画チームは、五線や線路などのヒントを準備しておこうか?という案もあったそうなのですが、私が年の項で、
「真っ白い紙の方がこどもたちは描きやすいよ。」
とアドバイスをさせていただいて、その結果、ヒロミさんは即興でデザインをしなければいけないというハードルがあがってしまったのですが、
快く受け入れてくれました。
それらをとりまとめる主催者のひとり、サオリさんは、超クレバー。
頭の回転の早い仕事人と打ち合わせをするのは本当に楽しいし、
ストレスが解消されるなぁ〜。
1394933154585.jpg
こどもたちが、だんだん熱中してきたところで、
今度は、大人たちが「音楽と子育てとの関わり」についての
「トークショー」の時間です。
会場の440の行天さんは、このイベント以外にもレゲエに焦点をあてたり、各種ジャンルの親子イベントの開催を見守って、受け入れてくれていました。
店長みずから、いつも赤ちゃんがハイハイできるように床を養生してくれていて、
いつも、その心遣いには頭が下がりっぱなしです。
楽団「ぺとら」の他、つるさんの「小澤敏也ナイト」という自主イベントでも、随分とお世話になりました。店長さんも参加のトークショーは、レアだと思います。
1394933158268.jpg
ヒネモスのリーダーの「ペチカ」さんとともに、
私もトークショーに参加させていただき、
「こどもと表現について」プレゼンを幼稚園の園長としてプレゼンさせていただきました。
真ん中が、主催のひとり、HIDEさんです。
4年の間、「ぺとら」をイベントに呼んでくださったり、
HIDEさんの地元の街おこしイベントもお手伝いしたりしている間に、
なんとなく「阿吽」の呼吸ができていて、
「まりさんがいたらこうなる」と、子供関係の事を任せてくれる大切な仲間です。
今回は共同開催という大きな会で、
シンポジウムもあるという事で、
かなり遠方からも、それぞれの地元で「親子企画を主催している」スキルのある方々が集結してのハイレベルな会となっていました。
6歳でyoutubeで独学で「ヒューマンビートボックス」がすごい少年が飛び出すなど、本当に面白かったし、勉強になりました。
1394933161902.jpg
会の中で使用した「家族認識用のお面」(ヒロミさんのデザイン)を、
園児数分、お土産にもらって帰りました。
さぁ、これで、月曜日は何かしようね。
イベント終了後、
「ヒネモス打ち上げ」に参加、
流れで「ヒネモス女子会」に参加。
岐阜から、ロバの音楽座ファンつながりの古いお友達の「かりんとう」さんも一緒で、帰りの車中では、ゆっくり「ママ話」もできて、
なんだか女の子に生まれてよかったなぁ〜、と思ったりもした一日でした。
新しい人との出会いもあり、
古くから知っている人との再会もあり、
指導させていただいたこどもたちの作品も素晴らしくて、
良い日でした。

|

« さくら遊園地 | トップページ | おめん屋さんごっこ »

ぺとら&外部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: When You Are Smiling!×MUSIC FOR COMMUNITY Presents こども×おとな×おんがく!:

« さくら遊園地 | トップページ | おめん屋さんごっこ »