« 節分2014 | トップページ | 作品展2014 「ウマーランド」 »

マサト先生

1391845813784.jpg

さくら組に二週間、教育実習の先生がお勉強に来ていました。
マサト先生は、保育園にお務めのベテラン保育士さんで、
現在は、年長組の担任もされているそうです。
所属されている保育運営会社の方針で、幼保一元化、認定こども園への対応の目的で、幼稚園教諭免許の取得のために、勉強を続けておられます。
この園での実習にあたっては、様々なご縁があり、
最終的には、私の判断で勉強に来ていただく事になり、
充分なスキルがある事を見込んで、
外遊びの充実に貢献にしていただき、
作品展への対応のために、この時期を指定させていただきました。
保育園と幼稚園との対比研究という目的をお持ちのために、
他の学年をまたがずに、
二週間、私が一貫として指導教諭を務めさせていただき、
質問等、研究のお役に立てるような道筋を一緒に取り組ませていただきました。
個性を伸ばし、
独創的な発想を促し、
型にはめず、
考える力を育てる事が自律につながるという我が園での自由な遊び方に、
とても感銘をうけたと言ってくださいました。
大人自身が考える力を持たなければ、
「こどもに考える力」は育ちませんね。
本園のダイナミックな作品展への取り組みを通し、
日本の未来の保育を牽引されていく新しい世代のリーダー保育者としての貢献を期待しています。
今後とも、
近隣の保育に携わるもの同士として、研修などでお顔も拝見するでしょうし、
楽譜や音楽の提供などで、情報を交換していけたらと思っています。
さくら組だけでは、もったいない読み聞かせや歌あそびは、
ラストの週は毎日のように他クラスにゲリラ公演をしていただきました。
マサト先生、ありがとう。

|

« 節分2014 | トップページ | 作品展2014 「ウマーランド」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マサト先生:

« 節分2014 | トップページ | 作品展2014 「ウマーランド」 »