« 芋ほり | トップページ | 聞く力 »

11/15の未リトミック

1384566889393.jpg

11/15の小さい子のリトミック。
市の親子フェスウィークでの協賛は終わりましたが、
リピーターの方を中心に、楽しい会となりました。
「おゆうぎ会」も近いので、
年長クラスのおゆうぎも観覧していただきました。
このねらいは、まだベビーや就園まえのお子様しかお持ちでない若いママたちに、
こどもたちの無限の可能性を感じて欲しかったからです。
プロゴルファーのご親戚の方が地方でやっていらっしゃる幼稚園が、体育的な能力開発を行っていると聞きますが、
本園では、それをリトミック、表現、芸術への興味の糸口としての教育に特化していると思います。
2歳から3歳は、特に重要です。
この時期に、「こども向けと大人が思っているもの」「企業がお金を有むために仕掛けたテレビのこども商戦に乗っかること」だけに浸ったこどもと、園生活の中で、様々な音楽に触れ、恥ずかしいという感覚を持つ前に表現する喜びを知る事は、とても重要だと思います。
リピーターのみだったので、安全確認のためのインフォメーションの心配がなく、
久々にプレイバルーンをピアノだけの指示でやる事ができました。
このリトミックは、オープンクラスとして設定をしていますが、なんだか固定クラスのような雰囲気が出せて、その日限りのお楽しみでしたね。
レッスン中にもお話をしましたが、
こうやって、ルールを持つ事になれる事で、大きな声を出す必要がなくなります。
大きな声を出すことは、保育者のベテランのあかしではありません。
私は、そう思います。
大きな声をだせば出すほど、こどもたちは集中をしません。
ワイワイガヤガヤも良いけれど、
聞くときは聞く。
それが、ここのルールです。
楽しい会でした。
終了後、
オーブントースターを持って、自分の担任するクラスに帰りました。
「おかえり」とみんなが言ってくれました。
プラ板製作(消防署へのおみやげ)をつくりました。
私は、自称「プラ板焼き職人」。
このブログを読んでくれている歴代の旧職員の皆さんは、ウンウンと頷いているでしょう。
この日も「ノーミス」で焼き上げました。グッジョブ(親指)わたし。

|

« 芋ほり | トップページ | 聞く力 »

リトミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/15の未リトミック:

« 芋ほり | トップページ | 聞く力 »