« 第48回うんどうかい はじまりは笑点 | トップページ | ウルヴァリンSAMURAI »

第48回うんどうかい アフリカンな組体操

第48回運動会 アフリカンな組体操

本園では、おおよそ27年くらい前の組体操ブームから、ずっと年長児の組体操を行っています。(私は勤続25年なので、組体操がちょうど定番化した頃からになりますね。)平成初期の頃の組体操は、裸足で砂が膝に食い込んでも、仰向けになって眩しくても我慢するといったところを美とするところも全国的にありました。和太鼓をつかってのオーソドックススタイルの組体操は、「根性」を感じらるのですが、「みんなが揃うまで待つ」という事と、いつもできない子が足をひっぱる事が、通常のこどもたちの遊びの人間関係にも影響を及ぼしてしまいがちです。ダンスを取り入れたりした時期などを経て、ちょうど2000年にテレビの金八先生の再放送で「ソーラン節」をやっていた事から、ソーラン節に組み入れた形で11年ほど継続しました。前年は、要望があり、和太鼓で「できるまで待つ」スタイルをリバイバル上演しました。

組体操に関しては、親御さんも、関係者の方々もひとかたならぬ思いを持っているものなのだなぁ~、と感じつつ、様々なご意見をうけとめてきたのですが、今年はもう、私が担任を持つと決まった時点で、

「私がプロデュースします!」宣言をしてしまいました。

いろんな人の意見を聞く事で、いろんな方向性が混ざってしまうと、最終的に何がやりたいかわからないこともあるかと思います。

本当は、組体操は、年長さんのクラス運営の線上にあり、

こどもたちとの日々の関わりが、形になって現れるものだと思うのです。

意見を言うのは、もちろん大事な事ですが、

「どこどこ幼稚園では、こうやっていた」

などの意見をいただいても、

ただそれをこちらにスライドすれば良いとは、私にはとうてい思えないのです。

「オリジナルあふれる組体操ができるような、意見のいえるクラス運営」をしてこその形をおみせできるように、夏休み前の「大人リトミック」で、こどもたちにジェンベの音を聴いたり、触れたりする機会を設けたり、リトミック中で導入したり、お泊り保育で「タイダイ染め」で衣装をつくったりと牽引してきたつもりです。

それで、二人組、三人組と、スタンダードな形ができあがって、自分の座標位置を理解しおえた頃に、こどもたちと、

「どんな組体操」にしたいかをとことん、話し合いました。

それで、いろんな動物たちが登場するという、

いかにもこどもたちが考えました系の組体操ができあがったというわけです。

「象」の場面では、水を噴水のように吹き出す子もでていて、なんだかこれを統一するのは、もったいない気がするほど、それぞれ個性をだしてきました。そろっていないとキチっと見えないという意見もあり、迷うところです。

ゴリラの場面では、私もこどもたちと一緒に、自分の思うままに動いていたところ、ダメだしがこどもから出てきました。

「まり先生、間違ってる。グーじゃない。パー。」

と、言われ、その意味が最初わからなかったのですが、

なんでも野生の本物のゴリラは、胸を叩く時には、手を開くそうです。

(K君情報・未確認)

なので、現在、さくら組では、全員が一致でパーで叩いています。(笑)

もう、これだけで、

うちのクラスの組体操になったから、いいか、って思ってしまいます。

まり先生のジェンベの太鼓も、生まれてはじめてだった6月頃から比べると、

今は、かろうじて高音と低音の違いが出せるようには、なりました。

しかし、

まだまだ、初心者レベルです。

運動会が、予定通りならば、

プロパーカッショニストのつるさんが、ジェンベを一緒に叩きにきてくれます。

太鼓が難しいと思うのは、

ピアノは、もう身体の一部なので、弾きながらしゃべる事ができるのですが、

太鼓だと、叩きながらしゃべれない。(泣)

高音を出すときには、中指と薬指をちょきのように離す、

低音は、全部の指をくっつけるというのが、

まるで年少さんが「でんでらりゅうば」をやるような感じで、

しゃべりながらができない!

ときどき、こっそり挫折します。

すると、

「はやく、つるさんとやりたいね。」

と、Y君がボソっと一言置いて去っていきます。

「ほんとにね。」

と、心で思うけれど、口に出す気力がでない。

手が、太鼓でジンジンするのです。

さくら組さんががんばっているのです。

私も、運動会までに、もうちょっと上手くならないとシャレにならないなぁ~と思っています。

ゆりーとの後、さくら組のママたちと、衣装についての意見交換もできました。

それぞれ、民族っぽい布などや、ヘアアクセなどの飾りをご持参いただきました。

ご協力ありがとうございます。

当日まで、一緒にがんばりたいと思います。よろしくおねがいいたします。

|

« 第48回うんどうかい はじまりは笑点 | トップページ | ウルヴァリンSAMURAI »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

金曜日は、お疲れ様でした(^^)
組み体操を見て色んな動物でて来て、なるほどって
ゴリラ最高
ワニ私は、なるほどって思いました。
家では絶対しない子
楽しみなくなるよと言って(^^;;
笑点は、やってくれるのに。
パフまで(笑)運動会楽しみです。
今風まかせの衣装2人で考えてます(^^)

投稿: mamapon | 2013年9月22日 (日) 21時26分

>mamaponさん いつもありがとうございます。
運動会前って、年長さんだけ忙しいんです。
他学年など他競技の手伝いもあり、
宣伝ポスターも描き、
組み体操もある。
不平、不満が出ないように、すっごく気を使っている毎日なんですよ。笑顔でいてくれる子たちに、助けられています。

投稿: まり | 2013年9月28日 (土) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第48回うんどうかい アフリカンな組体操:

« 第48回うんどうかい はじまりは笑点 | トップページ | ウルヴァリンSAMURAI »