« ANA World Air Current 稲葉なおとさんゲスト出演 | トップページ | 身近な人の職業調べ »

ハリーポッター展

Img_3909

開催中の「ハリーポッター展」を見るために、こども二人と六本木ヒルズに行きました。
六本木ヒルズは、最近は私がひとりでライブハウスに行く時の時間潰しに寄るくらいで、こどもたちと遊びにくるのは、小さい時以来だそうで、
中1の息子パンダは、
「俺、六本木ヒルズだったら、『ロボロボ公園』に行きたい。」
と、思いがけない提案をしてきました。
小さい頃、滑り台や遊具が全てロボットでできているこの公園が大好きだったそうです。写真を撮ろうというと、自ら、ロボットのトーテムポールの場所を選びました。『ロボロボ公園』は、パンダにとっては、思い出の場所だったようです。
夏休みは毎日お弁当を持って部活に向かうパンダとは、久しぶりに外出です。
(今はお盆で休部期間)
中学生になっても変わらないなぁ、と思うのは、あいかわらず、
「お姉ちゃん、持ってる水がなくなったら、ママは新しいの買ってくれるかなぁ?」
と、私がまるで鬼みたいに周りに聞こえる言い方をする事です。
もちろん、お姉ちゃんが答える前に、
「買ってやりますとも!」
と、失礼さをたしなめながら、言い返します。
まるで、私が買ってあげなかった事があるみたいな言い方を、何故か彼はいつもするので、本当に不思議。
いつの事だか忘れたけれど、映画の上映前の座席販売がはじまった途端、
まだ遠くにいる売り子のお兄さんを、
「すみませ〜〜〜ん」
と、磯野家のカツオ君みたいに呼び止めておいて、
私の許可なく勝手に「チュロス2本ください。(自分だけのために2本)」
と、注文しておいて、
私の方を見て、つながっている眉毛を下げて、
「ママ、買ってくれるよね。」
と、思わず売り子のお兄さんが失笑してしまうような小芝居を打つのです。
もう中学生になったので、
冬にうっかり黒いコートを着て一緒にでかけて、
電車待ちの時に背後から二人羽織の要領で手を廻し、大きな声で、
「ウホ、ウホ〜〜。この人はゴリラですよぉ〜〜!」
みたいな事を突如やらかして、
「ね、今このホームにいる人たちは、みんなママがゴリラと思ったよね。」
みたいな赤っ恥をかく事はやらなくなりましたけれど、
未だに気が抜けないというか、用心をしてしまうのです。
突如、ゴロゴロと雷がなり、ゲリラ豪雨の予感がしたので、「ロボロボ公園」を後にして、テレビ朝日で時間潰しです。あらかじめローソンで購入しておいた「ハリポタ」のチケットは4時からだったので、1時間半くらいをどうやって潰そうかと思ったら、テレビ朝日のアトリウムでは、パンダの大好きな番組の「ゼロ円生活」のアトラクションがありました。当然、ゼロ円です。(笑)
Img_3910
けっこう並んで入場すると、
こんなようなアトラクションをいろいろやる事になります。
Img_3912
棒を押したり、
ボールを籠に入れたりして、
「ゼロ円」のスタンプを押してもらえます。
Img_3913
海の中の様子を再現した水槽みたいなものもありました。
「ゼロ円」をテーマにしたカフェもありましが。
早速、メニューをエリザベスお姉ちゃんがチェック。
カフェめぐりが趣味で、厳しい目を持っているエリザベスによると、
「高いし、わざわざというほどではない。」
というので、後30分あるのですが、ハリポタの方に行ってみると、
もう4時から入場の列ができていました。
Img_3915
エリザベスは、「ハリポタ」が大好き。
好きが高じて、フロリダまで行きました。
会場には、エリザベスと同じように、ハリポタの世界が大好きと思われる人々がたくさんいました。
ハーマオイニー役のエマ・ワトソンが実際に着ていたドレスのウェストがあまりに小さいなぁ〜とか、私も感じるところはあったのですが、
とにかくものすごい人なので、じっくり見たいお姉ちゃんを置いて、パンダと先回りして、とにかく物販のレジの順番をとっておく事にしました。
しかし、じっくり見ているお姉ちゃんが、レジの順番が来た時に間に合わなかったら困るので、私はレジに並んでいるまま、パンダに「百味ビーンズ」をとってこさせました。お姉ちゃんのハリポタ友達へのお土産です。あとひとりで順番が来てしまう、というところで、パンダが、
「じゃ、俺、もう1回、最後尾に並んでおく」
と、動いてくれたところで、お姉ちゃん到着。
手には、公式パンフレットを持っています。
お会計、無事終了。
併設の「ハリポタカフェ」も偵察してみましたが、
またもや、エリザベスお姉ちゃんのお眼鏡にはかないませんでした。
「この値段にコンセプトがあっていない。ここのフィッシュ&チップスだったら、歩いてハードロックカフェで食べたほうがまし」
という判断となり、結局ハードロックカフェより手前のウェンディーズで夕飯を食べました。
高2のエリザベスは、今はハリポタよりも、英俳優のベネディクト・カンバーバッチに夢中らしいけれど、こうやって母も弟も一緒に連れていってくれる時間も思い出なのだなぁ。
帰りは、六本木ヒルズから麻布十番に寄り道をして、
いつも私がお土産に買って帰る「浪花家総本店 」にて、
こどもたちは、焼きたてを初体験。
実は、お土産を買いつつ、母はいつも、こっそりと一匹をここの店頭で食べ切っているのです。それくらい、焼きたては、パリっとしていて美味しい。
「およげ!たいやき君」のモデルになっているお店です。
大江戸線から西武線に乗り次いで、最寄り駅から歩いていると、
西武園の花火が見えました。
帰宅して、お姉ちゃんがお風呂に入っている時に、パンダが言いました。
「ねぇ、お姉ちゃんも一緒に外出するのって、あともうちょっとかもしれないんでしょ。」
六本木に行く前に、秋葉原に寄った時、いろんな家電が並んでいるのをみて、
姉が「大学でひとり暮らしになったら、家電も買わないとね。」
と、言っていたのを耳に挟んで、気にしている様子でした。
お姉ちゃんはまだ、オープンキャンパスに行って受験できる大学を探している段階なので、何ひとつ具体的な事はないのだけれど、パンダにとって当たり前な、「お姉ちゃんがいて、ママがいて」という3人図が、もう終わりに近づいているのが淋しい様子でした。
大人になったパンダが、いつか思い出すんだろうな。
「昔、姉貴がさぁ、ハリーポッターが好きで、六本木で展示会も見にいったんだよねぇ〜。」
お土産の陳列棚に蛇のプリントのかっこいいTシャツがあったので、
「これ、パンダ用に買おっか?」
と、言うと、
「嫌だよ。スリザリー(寮)のなんて。」
というあたり、
パンダもかなりの通だなぁ、と思う母なのでした。
フロリダでも売っていた「杖」も販売していましたよ。
ハリポタファンの方は、是非。

|

« ANA World Air Current 稲葉なおとさんゲスト出演 | トップページ | 身近な人の職業調べ »

おでかけ、お散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハリーポッター展:

« ANA World Air Current 稲葉なおとさんゲスト出演 | トップページ | 身近な人の職業調べ »