« ムーミン劇場 | トップページ | ウキコ先生の結婚式 »

エピペン講習会

Img_3683

先日、食物アレルギーからのアナフィラキシーショックで、
学校給食の現場において、チヂミをおかわりした事による誤食によって、
エピペンを打つタイミングの対応が遅れて、
痛ましい結果となった事件があった事がニュースでも報道されましたが、
私たちのまわりには、食物によるアナフィラキシーショックの可能性のあるお子さんにとっては、いろんな危険があり、幼稚園やその子をとりまく環境は、
できるだけの心得を知識を持っているべきだと思います。
今回、在園している対象のお子さんが、「お泊り保育」にエピペンを持参するというきっかけがあったために、私もエピペンを打てるよう病院で講習を受けてきました。
月に数度、アレルギー科のドクターが直接指導をしてくださるので、会場は、満員で、予約が間に合わなかった施設もあったようです。どこも、夏休みには、大きな行事や食がからむイベントがあるので、今が講習を受けるタイミングとしては、重要なのでしょうね。
40分ほどの、アレルギーに対しての講義が行われた後に、実際に、テスト用のエピペンで、自分のふとももを使っての実習がおこなわれました。
その後、代表の先生が、本物の液がでるエピペン(賞味期限切れ)を人形や、枕に打つという演習がありました。
保育園の先生が多かった印象ですが、演習をされる先生方は、みなさん、それぞれ対象の在園のお子さんの事をイメージして受講されているので、声かけをする時には、そのお子さんの名前を呼んでいました。
私もそうだなぁ〜、と思って、心で呼んでいました。
エピペンの対象者は、徐々に、本園では広げていくつもりです。

|

« ムーミン劇場 | トップページ | ウキコ先生の結婚式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エピペン講習会:

« ムーミン劇場 | トップページ | ウキコ先生の結婚式 »