« 福島ビアフェス2013 二日目 | トップページ | パスカルズ@下北沢 »

職員研修2013「ライオンキング」

Img_3788

先生たちは、市の補助で毎年、研修に行かせていただいています。
昨年は、AEDの上級者講習、一昨年は、学研の保育研修・・・。
それで、今年は、秋の運動会の組み体操に、アフリカンダンスの要素を入れたいなぁ、と思っていたので、職員研修としては、3度めの劇団四季公演。ライオンキングを見るのは、職員研修では2回目。私はプライベートも含めて、5回目です。
そして、
本日のパーカッションIIは、
Img_3786_2
いつもおなじみの「つるさん」でした。
現在ライオンキングは、音楽はテープ公演なのですが、
パーカッション二人が上手、下手それぞれ生で演奏をしています。
上手の方は、スティック等をたくさん使用してモダンな打楽器も演奏しているのですが、下手のパーカッションIIの楽器は、アフリカンな民族楽器がほとんど。なので、マニアックな楽しみは、3時間の公演演奏終了後のつるさんの掌を観察すること。爪が白くなって、掌そのものをデカくなってる!壮絶なお仕事です。ライオンキングは、日本で幕開けをして15年。つるさんは、そのうちの13年、在籍をしていて、ここの数年は、パーカッションIIの(レギュラー)主席演奏者です。
今回、私は、つるさんがレギュラーに就任されてからはじめて、久々の観劇なので、幕間にひとり、パーカッションの楽器セットを見学に行ってきました。
『ムムム、つるさんらしい、全ての楽器が直角に並んでいる〜。」
几帳面な性格で、職場環境を整えてる模様でした。
現職の先生方は、はじめての「ライオンキング」鑑賞だったとの事で、
皆さん、楽しんでいただけたようです。
それで、
只今、ライオンキングを見て、覚えて帰った筈のアフリカンなポーズを組み体操に入れこんでの再構成を奮闘中なのですが・・・。
あまりにハードルが高すぎて、挫折中。
こうして、ブログを書いてブレイクしているところです。
これから、夏休み明けには、お泊り保育で年長さんと衣装を染める事も課題としてあります。
ガンバらねば。
全て自分で言っちゃった事です。
頭にターバンを巻くと、アフリカっぽくなる事も、今回、観劇して得た収穫です。
こどもたちに会えたら、いろいろ実験してみなきゃね。
さて。
続き、がんばらなきゃ。

|

« 福島ビアフェス2013 二日目 | トップページ | パスカルズ@下北沢 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 職員研修2013「ライオンキング」:

« 福島ビアフェス2013 二日目 | トップページ | パスカルズ@下北沢 »