« じゃがいも掘り | トップページ | 2013 7/3の未リトミ »

笑点

今年度の観劇会のための勉強のため、

笑点の公開収録を観覧してきました。

Img_3640
笑点では、本日前説と司会を担当されていた落語家の「三遊亭愛楽」さん。
テレビ収録ですから、場面転換などの時間をさっと読みながら、
お客様を暖める感じで、次の演目に繋ぐ役目をいろんな引出しでこなしていらっしゃいました。
やっぱり、実際に見て良かった。
園児とお迎えの準備への段取りが次々と頭に浮かびます。
2本収録なので、演芸コーナーも二つ見ました。
放映日に録画したものを園児と見ますので、その時に出演者は明かさせていただきますね。
その後、場面転換を経て、ビニールで養生してあったものがはずされて、舞台が畳になります。そういえば、スタッフの方も、愛楽さんもみんな舞台にあがる時には、靴や履物をピョンと脱いでます。粋な世界です。
Img_3641
笑点っていいよなぁ〜。
ただ、落語さんが「座布団一枚」で、どこにでも行きますよ、行けますよ。っていうのではなくて、「笑点」っていうのはスーパーマーケットみたいなイメージでいるのです。いろんなラインナップがあるのだけれど、歌丸師匠がピリッと束ねている。今回の観劇では、そんなスピリッツをご提示させていただきつつ、
「ようちえんにやってきた」一座のようなまとまりでオーガナイズしていただいています。スーパーバイザー付きです。お楽しみにね。
さて、
ステージ上には、おなじみの「笑点」の歌丸師匠の演台というか、ロゴが書いてある机がありました。それが、思ったよりも小さいくて、びっくり!
よく卒園した子が大きくなって遊びにきて、
「あれっ?雲底って、こんなに低かったっけ?」
っていう感覚が近いかもしれません。
でも、歌丸師匠が納まると、ピタッとはまる。
要するに、設営しているスタッフさんとか、
小物を準備スタンバイするOプロデューサーとの大きさの対比で、
トリックアートになっていた模様です。
収録は、引き込まれてしまいました。
間というか、ここで落としどころとか、
ここで座布団とられなきゃ、みたいなところの感覚が、するどいのです。
ふと気付いたのは、私、ものすごく真剣に聞いているのです。
一言も聞き逃さないようにね。
だって、最近のお笑い番組って、メールしながらでも、ネットサーフィンしながらでもいいように、全部テロップが出て、バカでもいいのよ、って感じでしょ。
でもね。
大喜利は、ちゃんと聞いていないとわからない。
聞いていない人は、自分の責任で笑えない。
その場でちゃんと笑えている人は、ちゃんと聞いている人なんです。
しかも、尊敬してやまない木久翁師匠は、ボケているフリして、すごい教養がないと笑えないような事が湧いてしまうような天才ぶりでね。園児と録画を見る時には、私は魚図鑑を持参して、解説をしようと心に決めた名調子がありました。
笑点メンバーの中で、誰が好みかと言われれば、三遊亭好楽さん。
首がちょっと前についていて、まるで浮世絵のように見えるのです。
ちょっと斜に構えているようでいて、ものすごく真剣で、見ていて飽きないなぁ、と思うのです。
小遊三さんにも注目しています。何を言い出すのかわからないドキドキ感がたまらないけれど、どこか一匹狼の匂いがして、魅かれます。要するに、端っこの二人ばかり見ています。
たい平さんは、武蔵野美術大学出身というところが、とても興味があります。何でもアートのような取り組みをしているようにさえ見えます。
勝手に沖縄出身だと思い込んでいたくらい、南の島の少年のイメージだったけれど、今日の収録をみた感じだと、どうやら秩父出身らしい。
園での観劇会の詳細につきましては、
主催の保護者の会より、お知らせのプリントがでると思います。
前日の記事に、
一部、個人的な感情が描写されており、
役職所としては、不適切と判断しましたので、笑点のみの記事に代えさせていただきました。

|

« じゃがいも掘り | トップページ | 2013 7/3の未リトミ »

エンタメ」カテゴリの記事

コメント

ギョギョ!笑点て、本当に本物の笑点だったんだ!うらやましい~><

それはそうと、先日お話させていただいた時、初めて『ナマ』のまり先生を見た気がしました。
あのとき、私も水瓶座A型で、気持ちがわかりますって言ったんですけど、運勢なのかなんだか私も今年はツイテナイことが多くて。だけど怒涛のような日常は止められず。苦しい苦しいって思いながらも忙殺されていました。
そんななか、一回ちょっと気分変えよう!って思って、仕事休んで神社にいったんですよ。
そしたら神社で蛇の脱皮を見まして、そばにいた人たちみんなで、これは縁起がいい縁起がいいって大騒ぎ。
私も、これは脱皮しなさいっていうなにかのサイン??って、ビビッときましてね。
それ以来、気分が変わってなんかいろいろうまく回りだしました。

まり先生に神社で拝んでこいっていうつもりじゃなくて、つらいときはちょっと問題を置いといて、今回笑点観にいかれたことも本当にすごくいいことだったんじゃないですか。

ってなんかわけのわからない話を長々書いてしまいましたが。

血の涙を流している先生を想像してそわそわしていました。つまり身体を壊さないでくださいねっていうことが言いたかったことです。おわり。

投稿: よっしー56 | 2013年6月29日 (土) 23時09分

>よっしー56さん コメントありがとうございます。ホントに、行ってよかったです。
月曜日、がんばらないとね。
ちなみに、A型の水瓶座は、
私の昔の仲間は。A瓶といって、他の水瓶座と区別していました。
A瓶ならば、なんとかなるさ!

投稿: まり | 2013年6月30日 (日) 10時10分

月曜日頑張ろう!
娘は、むらさき幼稚園の園児でよかった。
笑顔の写真見て安心しました。
パパより

投稿: mamapon | 2013年6月30日 (日) 22時44分

(mamaponさんて誰なんだろう…笑)
A瓶って(笑)そうそう、なんとかなります!
博愛すぎてみんなに水を配って、自分用の水が乾いちゃう水瓶ちゃん。
自分への補給、忘れないでくださいね^^

投稿: よっしー56 | 2013年6月30日 (日) 23時36分

閉園の件、とても残念に思います。
きっと神様がまり先生を試しているんだと思います。
グチグチ言うのか、それともチャンスだと思えるのか。
まり先生のステップアップの時期なんだと思いますよ。
かなりきつい険しい高い山でも、楽しんで登れば、
苦にならないそうです。
思う存分まりPowerで最幸を引き寄せてください。
皆応援してます。
一つお願いがあります。
在園してる子供達にむらさき幼稚園で良かったって思い出を
たくさん作ってあげて下さい。
子供達って敏感ですから。
よろしくお願いします。

投稿: Power | 2013年7月 1日 (月) 11時41分

>Powerさん ご意見、アドバイスありがとうございます。できれば、こっそり、私にPowerさんの名乗り出をお願いいたします。直接お話できれば幸いです。記事も一部、削除しました。

投稿: まり | 2013年7月 1日 (月) 17時30分

 メガネの写真ですね。
ぶどう膜炎と光彩炎、大丈夫ですか?
僕の経験だとストレスが原因の一つなのは間違いない症状ですよね。
閉園のこともありますしね。
あまり詰めて考えないように・・といっても園長ですからね、いろいろな意見をきかなきゃいけないしね。
たいへんですよね。
 今日は亮さんと一緒だったのでむらさき幼稚園の閉園が話題になりました。
とても残念がっていました。
残りの日をがんばってほしいと言ってましたよ。
おおたかさんはじめ、むらさきに来た人は皆同じ思いでしょう。
きっと笑点の人も来たらそう思うでしょうね。
すばらしい園児達だもんね。
 どんな物事にも終わりは来ます。
たいへんな事も多いけど、貴重な時でもあるのでは。
簡単に言えないけど、なんとかがんばってください。
 僕の病状が悪化して演奏活動ができなくなったら、むらさき幼稚園に楽器を寄贈しようと思っていたんだけどなぁ~。


投稿: 小澤です | 2013年7月 2日 (火) 01時51分

真理先生、
いろいろな感情の揺さぶりがある中でのお仕事、本当にお疲れさまです。

実は、私も水瓶座のA型です。
やっぱり不思議と何か感じるものがありますね。

終わりを託されているのでしょうか。
終わりを見届けることは、誰にでもできることではありません。
その時に今私たちがみんないて、真理先生がその真っ只中にいる。これは何かの役目でしょうか。そんなことを思います。

やりたいことは始めればいいですよね。
終わりがステキなスタートにつながるように、私もできることを頑張ります。

投稿: ゆきやなぎ | 2013年7月 3日 (水) 00時21分

>つるさん
そうそう、そんなこんなの思いがけない事態により、
運動会汲み体操のためのジェンベの練習がすっかり凍結状態で、
実は、自宅持ち帰り用に貸してもらったジェンベも、未だホールに置きっぱなし・・・ハハハ。
夏休みに、先生たちみんなで「ライオンキング」観にいくので、
よろしくね〜〜〜!

投稿: まり | 2013年7月 4日 (木) 21時26分

>ゆきやなぎさん
いつも、本当にありがとうございます。
ほっとします。
以前、園児の中で、私と同じように前頭葉が出ている子を集めて、
「ムラサキでこぱっちんず」を結成して、写真を撮ったりしていました。
今度は、「A瓶クラブ」でも結成しようっかな♪
終わりを託されているという表現で、
かなり救っていただきました。
心して、がんばります。
ラストシーンに参加できるこどもたちと、
ママたちが幸せを感じるような演出をします!

投稿: まり | 2013年7月 4日 (木) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑点:

« じゃがいも掘り | トップページ | 2013 7/3の未リトミ »