« 親子レク2013 | トップページ | 雨の日のお車でのお迎えについて »

6/17オトナリトミックへの道

Img_3596

さて、
机に並べた打楽器の数々。
これが音像となって、
紙芝居をやったら、
もう、それは、面白そうでしょ。
Img_3594
17日のオトナリトミックの中での、
紙芝居コーナーは、こんな感じで上演される予定です。
Img_3595
あれっ?
この画は、見た事あるって人もいると思うのですが、
使いまわしっているっちゃそうなんですけれど・・・、
ストーリーは、ちゃんと毎回違うし、
偉そうに言えば、同じ事は二度とやっていないんですけどね。
楽しみにしていてくださいね。
オトナリトミックのリトミックの部分では、
私が現在、訳あって練習中のアフリカンジェンベを、
皆さんにも体験してもらうつもりです。
訳あってという訳は、
もうちょっと上手くなるメドがついたら公表するつもりだったのですが、
ヒミツ、ヒミツ。
実はね。
運動会でお披露目できたらなぁ、と思っていたのです。
何故って、
何人かのママさんには、お話させていただいたのですが、
ワタクシ、現在、46歳になりまして、
50歳になった時の自分へのちゃくちゃく準備中なのです。
それで、いつも太鼓やパーカッションは、つるさんがやればいいじゃん、
と、思っていたのだけれども、
自分でも演奏できたら良いな、と思い始めていて、
目の具合がよくなるのを待って、
親子レクの代休の昨日が、最初のレッスンでした。
で、
早くも挫折しそうです。
思っていたよりも難しかった。
ライオンキングに出演中のつるさんのジェンベとかを見ていて、
つるさんができるんだから、と思っていた私がバカでした。
運動会で使いたい動きのフレーズを、つるさんの前でやってみて、
一生懸命に考えてくれました。
「どうやったら、まりちゃんにもできるのか?」
で、考えてもらったのにもかかわらず、
ギブアップ気味なのは、想像していたよりもずっとずっと難しかったからです。
手の平をパーにすると、高い音。
手の平の先をそろえると中音。
真ん中をたたくと低い音。
この3音をメロディみたいに覚えるらしいのですが、
メロディは覚えられるのですが、
口でいったほうが早い。(汗)
なので、
「オトナリトミック」当日のオトナコーナーでは、
まり先生がやろうとしている事が、どんなに難しいか!
を、みんなで共感してもらうために、
皆さんにもジェンベをやってもらおうと思っているのです。
みんなで「ドラムストラック」(ジェンベを叩けるステージ)みたいに、
やってみたいねぇ。
って、
まり先生ががんばるところでしょ。
「今でしょ!」

|

« 親子レク2013 | トップページ | 雨の日のお車でのお迎えについて »

リトミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6/17オトナリトミックへの道:

« 親子レク2013 | トップページ | 雨の日のお車でのお迎えについて »