« 金魚草 | トップページ | 動画公開!でんでらキャラバン@こめらの森南会津2012 »

明日は遠足、よろしくね。

保護者の方々とのお話させていただくなかで、

「今までの遠足」の話がでて、
ちょっと記憶から漏れていた事があったので、
こちらから訂正させていただきます。
私は、勤続25年目で、
今まで経験をした初夏の親子遠足については、以下のとおりで、
それぞれいろんな課題があり、
次へと繋がるきっかけがありました。
『狭山緑地、村山貯水池』
目的「歩くこと」初期は村山貯水池の端から端までの数キロを完歩させていましたが、ベビーカーを助け合いながら、貯水池の上に上げるというのが、年々負担との声が強まっていきました。当時は、まだトイレも汲取式で、できない子も多かった。今は、水道局の直轄となったために、斜面も整備されて階段となりましたね。
目的「どろ山にターザンロープ」ボーイスカウト仕込みでロープワークが得意な理事長先生がどろ山にターザンロープを張って、滑車も持込み設営していました。当時は、利用者も少なく、ほぼ貸し切りだったのと、管理が第3セクターでお目こぼしいただいていたようですが、最終年に水道局に管理が代わり、「占有にあたる」と厳しく指導されてしまい、以降の実施はしていません。
「電車往復」幼稚園の最寄り駅から団体の切符をかって、全員で電車で行っていました。乗り換え時は、当時はすべて階段だったために、ベビーカーをみんなで協力して運んで助け合っていました。ただ、団体切符は融通がきかずに、遅れた人がでると全員でそれを待っての出発となるために、集合時間前から未就園児を抱えて待っている人の負担が大きく、車での現地解散を認めて欲しいとの声が強まったために、途中から現地集合現地解散の形をとるようになりました。電車利用の方は、2割程度で、後は乗り合わせでの参加という印象です。
この地への遠足は、かなり長期にわたって継続されたと思います。
『羽村動物園』私の記憶では、確か2回実施しています。1回は、当時はまだ路線バスの貸し切り(観光バスよりも割安)という制度があったので、スーパーのある街道のバス停を発着場所として直行した事があります。シートベルトの義務化でこの制度はなくなったと聞きますが、確かに路線バスなので、座り席に小さい子を優先してもらいつつだったので、立ったままの満員バスのママたちは大変だったようです。それで、何年かまた狭山にもどって、またもう1回くらい実施した時には、現地集合現地解散の形をとりました。動物園なので、入り口で記念写真をとった後は、自由行動で、お弁当の時間をみんなであわせました。動物に関する興味は、人それぞれなので、観覧時間にバラつきがあり、お弁当を早く食べたい人と、ゆっくり見たい人の調節がむずかしく、先生達は、戻ってこない人の捜索に出たりしましたが、狭い敷地なのでなんとかなりました。「親睦」の要素が弱い事と、お弁当を食べる場所の砂埃が気になる、ハトが弁当を狙って怖いなどの弱点はあったものの、後で保育内で描く(遠足の画」は、いろんな動物が登場していたのが印象的です。
『井の頭動物園』
小動物を抱っこできる事、猿山の観察が面白いだろうと行ってみましたが、園内がとても広いので、なかなか園の人たちに会えずにお弁当の場所を確保していた記憶があります。出産後、7ケ月だった娘は完全母乳で、私自身も乳腺炎をこじらせた後(乳児を置いて仕事をしていると、お乳がはって飲ませたい時に子が近くにいないので、乳腺が詰まってしまうのです。)の治療後だったので、やむを得ず子連れで遠足に行ってしまい、少数なのですが自覚が足りないとの非難をうけてしまいました。後日、説明会を設けて謝罪させていただきました。遠足自体のコンテンツにも、各自の自由行動の枠が多いと不満が出易いのかな、とも感じました。現地集合現地解散。
「府中市郷土の森博物館」
演奏活動のご縁があって、この場所を知りました。
集いのレク活動ができる広場と、広い芝生で運動ゲームもできる他、水遊びができる事、程よいこじんまり感で、全体が見渡せての安全面が気に入っています。
先日の説明で、
「昭和記念公園は、入場は駅の近くだけれど、メインの遊び場までが遠くて、広すぎる」と、私がお話した事で、
「前の園での遠足で利用したけれど、広すぎるとは感じなかった」
とのご意見もいただきました。
保護者として参加するのと、安全管理をする引率者では、感じ方が違うので、同列には比べられないなぁ、と思いながら参考にさせていただきました。
こどもたちには、「公園ではなくて、博物館なんだ」という事を掘り下げて説明しています。車でなければ行けない場所ではありませんが、確かに水遊びをさせた後、疲れてぐずる子と電車で帰るのは、大変な事だと思います。配車を促してくださった方も思いやる気持ちからの事だと思いますので、思いがすれ違わない事を祈るばかりです。
目的は「親睦」と設定し、現地までの道中も含めてこどもたちの楽しい姿を想像しています。
貸し切りバスは、雨天中止時も料金が発生してしまうので、この場所での実施は最少催行人数を設定しての任意という形が近いのかもしれません。今回は、クラスによっては、希望をお聞きしましたが、高額なため見送りました。
他園の情報をリサーチすると、
もはや今では、親子遠足自体を実施しない園もあるそうです。
もしくは、目的地について、集合写真を撮影した後に、解散もあるようですね。
今のスタイルのレク重視の遠足は、むしろ生活習慣がここまでできるようになったという発表会のような位置づけて、リハーサルを重ねてきてのハレの場のイメージです。だから、何週間も前から、こどもたちは心待ちにしてしまうので、なおさら、ご家庭の引率の負担も増すのかもしれませんね。
貴重なご意見、賜りました。
参考にさせていただきつつ、
明日の遠足は、こどもたちの笑顔で保護者の方にも満足していただけるように務めたいと思っています。
よろしくおねがいいたします。

|

« 金魚草 | トップページ | 動画公開!でんでらキャラバン@こめらの森南会津2012 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日は遠足、よろしくね。:

« 金魚草 | トップページ | 動画公開!でんでらキャラバン@こめらの森南会津2012 »