« 音のない世界で | トップページ | 2013 1/15の未リトミ »

ブレザー漂流記

1/12(土)三連休初日の日記。

第二子である末っ子長男パンダが、3月に小学校の卒業式を迎える。
数年前にお姉ちゃんエリザベスでも、
こどもが着る卒業式スーツの購入には難儀した。
いわゆる「セレブレーションスーツ」というのは、160センチくらいまであるのだが、それはこどもらしい体系の方のみの事で、それ以上の方は大人のスーツをどこからか借りてきたり、1日限りだからと安価なものを揃えたり、中学校の制服の人も少数だがいる。
そして、今がそろそろ冬物セールの最終段階で、これ以降は一騎に春物になってしまい生地も薄くなる。3月の体育館の式典は寒いので、しのげない。
だから、この時期に是非、入手したいと思っていた。
おしゃれという訳ではないのだが、
配色や着心地、肌触りの素材などにかなりうるさいパンダももちろん同行して、
今日は、「買い物の日」とする事にした。
電車でいけるアウトレットという事で、
「越谷レイクタウン アウトレット」
「入間アウトレット」
を目的地と設定。
当然、寄り道しながらなので、
武蔵野線に乗り(当然、最寄り駅の武蔵野線駅までは歩き)、
まずは新座で下車。
息子の当座の趣味の「トイザらス巡礼」である。
バトルスピリッツのカードが、消費税付きで普通にレジで売っているところと、
ガチャガチャに組み込まれているところがあり、それには消費税がない。
というと、消費税なしが良いようだが、消費税付きの方には、時折レアカードが入っている時がある。
彼としては、できるだけ、人がいかなそうな辺鄙なところにあるトイザらスを尋ねたいという「ちいさんぽ」的な展開だ。
それで、新座店は、ガチャガチャで、
ちなみに先日足を運んだ湘南モール店は、レジでした。(いらない情報←)
その後、
越谷を通り過ぎ、「新三郷」へ。
IKEAで、スウェーデン料理を食べる。
その後、越谷レイクタウンアウトレットに行き、チェロスを食べる。
もちろん、ブレザーっぽいものが売ってそうなところはかたっぱしから試着。
しかも、値段の高いものは却下。
なにせ、本当に1日限りの服です。
お姉ちゃんは、ただの一度もその後、袖を通す事はなくリサイクル行きでした。
ズボンは、前日の金曜日に、また別の場所で入手しておきました。
本人の名誉のために、詳しくは言えませんが、
かなり特殊なサイズです。
私も、遠目にはそう太って見えないかもしれませんが、がっしり体系なので、
こどもたち二人とも遺伝してしまったのかもしれません。
それで、そのズボンを試着している時に、パンダから衝撃の一言が・・・。
「それでさ。ボクとしては、別に新しく買わなくてもさ、
前から持っている奴でもいいんだけれど。
ほら、小学校の入学式の時、紺の上下買ったよね。」
息子よ。
それ、幼稚園卒業の時のサイズですから。
今はもう、その服。
幼稚園のおゆうぎ会の衣装箱に入ってますから。
まったく、自分が巨大になった事への自覚がない。
しかし、さすがの息子も、
「越谷」にあるモード系だったり、オヤジ系だったりするスーツがことごとくフィットしないのには、落ち込んでいた。
オヤジ系だと、腕が短い。
モード系だと、前がしまらない。
それで、
陽のあるうちに早々に最後の切り札である「入間アウトレット」に足をむける事にした。
武蔵野線「新秋津」から、徒歩で西武線「秋津」で移動。
西武線で「入間市」下車。そこからバスに乗って「入間アウトレット」です。
頭の中でなんとなく予定していた「エディバウアー」に向かいます。
偶然、私はこの日、エディバウアーのパンツにフリースでした。
私と息子がいろいろと吟味していると、
すぐにスタッフの方が手伝ってくれそうだったので、
「小学校の卒業式、1日しか着ないから安価で」
という今までの条件と、
せっかくなのエディバウアーなので、
「後でママが着回せるもの」
という条件をつけ加えたところ、
最安値は3000円からのブレザーを取り揃えてもらえました。
パンダの肌触りチェックもお眼鏡にかない、
10数分で決める事ができました。
「ママ。俺、ここのお店の服。何着目?」
パンダは、すっかり常連気取りで、
まるで、今まで、ママがこっそり俺の服をここで買ってきていて、タンスに入れていたんでしょ。みたいな勢いで店員さんにアピールしてたけど、
「アンタのは、はじめてで1着目だから」
の答えに、
『それは意外だけれども、良い仕事だね〜』
みたいな貴族か!みたいな微笑みを浮かべていました。
安く買う事ができたので、
ついでに靴も買う事にします。
「あれっ?ママ。卒業式って、上履きじゃなくて、靴で体育館なの?」
違うって。
でも、外で写真とかを撮ったりするから、ちゃんと外の靴も必要なんだけれど、
これだけのためにローファーとか革靴とかは買っていられないので、
普段の外出用にも使えそうな雨の日用の合成皮革の靴を買いました。
良かった良かった。
私には滅多にない、母としての「やった感」でいっぱいです。
帰路は、
私は、なんとなく「箱根ケ崎駅」までバスでそこから八高線と思って、時間もiPhoneで調べていたりしたのですが、土日祝は、立川まで直行バスがでているそう。
45分500円でノンストップです。
土曜日なので、
立川で部活帰りのエリザベスお姉ちゃんと合流しようと思ったけれど、
あいにく、お姉ちゃんはすでに帰宅していて、
私が朝にこしらえておいたカレーを食べていたので、
パンダと立川で何かを食べて帰ろうと思った。
でも、ここで食べたいものが二人で折り合わず、
折り合ったと思ったら、夜なので禁煙席が設けられてなかったりで、
食べずに帰ろうかと、バスに乗った。
降りたバス停から家までは、25分くらい歩く。
途中のラーメン屋に寄るのかと思ったら、
パンダは「うどんの気分」だというので、珍しく私もすぐに同じ気分になれた。
お腹いっぱいにして、たくさん歩いて、
しかも、パンダのリュックには、
旅の最初にIKEAで買った大皿も入っていて、
私のリュックには、IKEAのパンと、越谷のチェロスも入っていて、
パンダの両手には、ブレザーと靴。
そんななか、また歩いて家路に着いたのでした。
ミッション修了!

|

« 音のない世界で | トップページ | 2013 1/15の未リトミ »

パンダ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレザー漂流記:

« 音のない世界で | トップページ | 2013 1/15の未リトミ »