« シズリン再現リトミック | トップページ | 2013 2/4の未リトミ »

防災頭巾の避難訓練

311の被災後、
園でも少しずつ、防災設備を手厚くしています。
窓ガラスには、飛散防止フィルムがもともと貼ってありましたが、
各クラスのピアノや、ホールのテレビなど転倒の恐れがあるものには、
ラバーや器具を装着しました。
その他、炊き出し用品等の園としての設備として求められているものも備蓄する事になり、園児達全員分の防災頭巾も備わりました。
これらは、各クラスに備わっており、いざという時には冠って外に避難できるように訓練する事になりました。
今日は、その1回目なので、冠り方などを指導する前に、
まず、素早く、かつケンカをせずにひとりずつ手にとる練習に重点を起きました。
避難をする手順を考えると、防災頭巾には記名をせずに、一番手近にある頭巾をすぐ冠る事が命を守る事につながると考えました。そして、それはみんなが同時に自律して行う必要があります。
いつものように、(うちの幼稚園の特色かもしれない教え方)で、先生たちがあえて間違った寸劇をしつつ、年長さんがトライするところをみんなで見て、一番最後に年少さんがやってみて合格!という塩梅です。
非常時には、誰か一人だけの「先生やって」に応えられない事をしっかり伝えました。先生はみんなが大切、大事、みんなで確認です。
お手本となった年長さん。
年中さんも上手です。
年少さんも最終的には、上手にできました。
でも、冠る方向がまちまちだったりします。
先生達で話し合って、冠る方向に正しいとか間違いはあえて教えない事にしました。いざという時には、時間が勝負なのはもちろん、
「間違えた」というパニックも怖いからです。
どちらの方向でも良いから、しっかり自分で押さえて頭を守って、
揺れが納まって避難をするような落ち着いた状況になったら、
担任がひとつひとつ確認して、距離を移動する時には、固定ベルトをする事にしました。
次のステップは、各保育室内での装着訓練です。
また、折りをみて、
重ねて練習してみたいと思います。

|

« シズリン再現リトミック | トップページ | 2013 2/4の未リトミ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防災頭巾の避難訓練:

« シズリン再現リトミック | トップページ | 2013 2/4の未リトミ »