« 新年会 | トップページ | 諸国お化け物産展 »

2013ピューロランド修了遠足

Img_2960

東京都多摩市虹の向こうのピューロランドに修了遠足に行ってきました。
Img_2961
ボートライドを楽しんだ後は、
「知恵の木ステージ」の上にある「幸せの鐘」に行きました。
Img_2962
次は、10:30からのディスカバリーシアター「ジョエルペット キラデコ アイドルオーディション」を観覧しました。新しいストーリーでした。
Img_2963
次のシアターの開演時間まで、
「キティズハウス」に行きました。
なにせ、この日は、一年で一番空いている金曜日なので、
待ち時間はゼロです。
団体は私たちだけとの事でした。
Img_2964_2
それで、何回も行っている私も初めて気付いたのですが、
こどもたちが、
「あ、これ、笑っていいともだ!」
と、言っていたコーナーがありました。
テレフォンショッキングに出演して、クイズに正解したのでしょうか?
「これ見れただけで、ここに来て良かったね。」
と、言っていた子もいたので、
こどもって、面白いなぁ、と思いました。
Img_2965
新しいショーで、
「パワーザキティ」という戦隊もののストーリーがありました。
サイドカーのオートバイに乗って登場してきたり、
なんだかとってもかっこ良かったです。
お昼は、ランチチケットを持って、スナックカウンターでお弁当を受け取って、好きな場所で食べました。
お昼をすませたグループから、メルヘンシアターへ。
「オズの魔法使い」は、宝塚歌劇団の「小池修一郎」さんの演出なので、
とても見応えがあります。前回のこのシアターの演出は、宮本亜門さんだったので、ピューロとしても劇場スタイルの座席であったりと、色々と力を入れているところです。
テレビのキティザパラダイスの収録もこの劇場です。
Img_2967
宝塚作品らしく、物語が完結した後は、レビューで、
けっこう長くご挨拶的な全出演者のご披露があります。
この劇場のみ、英語と中国語の字幕が入っていて、
それも私は、楽しみで、「オール パフォーマー」なんてちゃんと書いてあります。
でも、うちの園児の何人かは、このシステムがわからず、
「終わったのに、何でまだやるの?」
みたいに立ち上がっている子もいたりして・・・。
世の中のいろんな流儀があるんだねぇ〜。
そういった事も経験できて良かったです。
Img_2971
最後は、「ビリーヴ」。知恵の木ステージ周辺のショーです。
これも含めて、ほぼ最前列か、2列目くらいから、うちの園で席をゲットする事ができました。
ご家族で行かれる時には、休日で混んでいる日が多いでしょうから、
同じ場所でもまったく違う場所の雰囲気だったと思います。
余裕があるので、スタッフさんたちも、たくさん声をかけてくださいました。
親子で行くよりも、
幼稚園団体で行くと、こどもたちも「一人のお客様」として扱ってもらえるので、
ちょっと嬉しい気持ちになるようです。
パレードには、マイケル・カリーが手がけた大きな幻想的な動物達、大連雑技団による「アクロバティック白鳥の湖」や、いろんなサーカスの芸もあります。でも、一番、こどもたちにとって良い経験は、最前列でかぶりつきなので、ダンサーさんたちが手でハイタッチをしてくれたり関わりを持ってショーに参加できる事だと思います。
お父さんの肩車で遠くの方から、全景を見るのでは、テレビで見るのと変わりません。ジャグリングの後、パフォーマーが、フーッと安堵のため息をついたりが、空気感で伝わるのがライブ感覚だと思います。
その楽しさを知って欲しいなぁ、と、先生は思うのです。
今時は、ミュージシャンがライブを企画しても、
「行けないけれど、ユーストリームの中継はないの?」
と言われて、がっくりきてしまうそうです。
テレビやパソコンで見るのと、生は違うって、
また、うちの子たちは、「おおたか静流」さんのコンサートで感じてくれる筈です。
楽しい経験をして帰ってきました。
年長さんたちのお土産話をたくさん聞いてくださいね。

|

« 新年会 | トップページ | 諸国お化け物産展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013ピューロランド修了遠足:

« 新年会 | トップページ | 諸国お化け物産展 »