« おゆうぎ会2013 | トップページ | おおたか静流&フライングズー@井の頭ズー »

エコプロダクト2013

Img_2821_2

おゆうぎ会から数時間後、
息子パンダの宿題の調べ学習の足しにと、
「エコプロダクト2013」東京ビックサイトにいました。
思えば、娘が同じ小学6年生の時にも、
同じような宿題のために、このイベントに来ていたので、
二回目の入場です。
前回と違っていたのは、スマートフォンにQRコードを表示して、
事前登録ゲートをくぐれた事がまず、目につきました。
最初の長い棒のようなものは、電気を送る導線に弾力性を持たせたもの。

Img_2826
息子が埋まっているのは、紙を素材とした緩衝剤。
マシュマロみたいにホアホアでした。
ガラスでできた音のでる玉砂利は、防犯の目的で音がなるそうで、
「絶対に音を立てないで歩く」というコーナーを体験しましたが、
これは、「矛盾 で、パフォーマーパーツさんが挑戦した鶯廊下みたい」と思いました。
ゆるキャラもなんだかいたよ。
Img_2828
Img_2829
でも、地域を応援していないから、
違うジャンルなんだろね〜。
ここで、自慢ネタをひとつ。
「農業」を応援するブースのクイズラリーに参加をしていたら、
お米70グラムを目分量で計って、何人かで競争!というのがありました。
1位 まり先生 70,5グラム
2位 パンダ  69.5グラム
5人一組なのですが、親子で1、2を独占してしまい、
賞品のカレンダーとバンダナをもらいました。
一緒に挑戦したインド人に、
「アメイジング」と言われたよ。
京都のブースでは、
親子して、
「東京はどう?疲れた?」と気を使って声をかけてもらったけれど、
最近、これ、多いんだよね。
原宿で、「東京のおみやげに」と、声かけられるしね。
さてと、
パンダは、これをちゃんとレポートできるのかなぁ。
(ちなみに、他の子はこんなイベントに頼らずとも、ちゃんとエコとかエネルギーに関するレポートを書き上げて、すでに提出してる子もいるそうです。)
園でまり先生の事を「おっかない」と思っている皆さんには、
私がお母さんで、パンダ君はどうやってサバイバルしているのだろう?と疑問だと思うのだけれども、
パンダもよくできていて、
こんなイベントにママを連れていく時には、さりげな〜くママのリュックの端を掴んで、盲導犬の誘導のように私を連れ回してくれます。
なので、息子が興味を持つような「生き物」に関係したところしか見られず、
ホントは作品展の展示の参考になるようなところもあったのだけれども、そこはスルー。
「ゆりかもめ」と電車を乗り継いで最寄り駅からバスに乗って、コンビニに寄るために1つ手前の「汽車ポッポがある公園」に寄りました。
今日も、大きな地震に遭ってしまった時用の装備でラジオ、ランタン、ヘッドライトを携帯していました。せっかくなので、彼はそれを使いたかったらいし。
ライトを使用して、公園で確認をしたかったのは、用水路を友達たちと塞き止めて『島』と呼んでいるスペースを作ったそうで、そこを暗闇の中、ライトを当てながら、用水路まで降りて探検をしていました。。。
おゆうぎ会→衣装の洗濯→お台場→用水路探検を見守る(イマココ)
その後、コンビニに寄って、また歩いて帰りました。
長い一日、終わりました。

|

« おゆうぎ会2013 | トップページ | おおたか静流&フライングズー@井の頭ズー »

おでかけ、お散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エコプロダクト2013:

« おゆうぎ会2013 | トップページ | おおたか静流&フライングズー@井の頭ズー »