« 遠足本番 | トップページ | 金環日食 »

松田美由紀さん朗読会

昨年、園で観劇会をしてくださった喜劇映画研究会さんが映像で参加されるという舞台に足を運びました。

言葉は麦秋の空に収穫され、
弓は黄金色の音色を奏でる。
http://bigtory.jp/event2012/20120519.html

5/19(土)相模原メイプルホール
松田美由紀(朗読)

太田惠資(ヴァイオリン)

坂本弘道(チェロ、ミュージックソウ)


映像は、写真家としても活躍なさっている松田さんの福島の震災直後の情景とアラーキーさんの撮影された花がスライドショーとなっていました。朗読は松田さんが夫である故松田優作さんと出会ってから3度の出産それぞれ課程、そして勇作氏の死去の事が綴ってある自著。朗読するものが自分の歴史、すごい事だなぁ〜と思うとともに、女性のリピーターが多いという朗読会というのも頷ける「子宮」をテーマとした視点も面白かった。もちろん、私も出産を経験しているので、自分の時と重ねつつ、なんだか涙がでてきました。すると、周りのご婦人方も涙ぐんでいる。アラノさんが「ウルウルの朗読会」と称し、私に薦めてくださった理由がわかったような気がしました。お子様向けではないのですが、母として、女として生きる事がこれから自信となるような朗読会でした。

|

« 遠足本番 | トップページ | 金環日食 »

エンタメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松田美由紀さん朗読会:

« 遠足本番 | トップページ | 金環日食 »