« ベビー&未就園児のリトミック | トップページ | 5/10園児リトミック »

2012 5/9の未リトミ

昨日は、今年度2回目の未就園児リトミックでした。
これは、いつもの記念写真の時間に撮影した最初の写真。
ちょうど真ん中にいらしたお母さんにおねがいしました。
1336593690817.jpg
すると、私のiPhoneに反応した息子さんが、
自分が撮影すると申し出てくれて、
1336593697079.jpg
こんな風に撮れていました。
構図もあっていて、すごいねぇ〜。天才!

未リトミで、楽器を好きに鳴らしてもらって、私がピアノを弾く
と、言うのを時々行っています。
ご家庭だと騒音の問題もあって、みんなで楽器を鳴らすというは難しいと思うし、
小学校以上になると、「教わる」事はあっても遊びで鳴らすという事はなくなります。
なので、幼稚園時代くらいは、自分で好きに鳴らしてもらって良いと私は考えています。
観察していると、小さい子でも、自分なりに工夫をしてリズムを作っています。
休符とかを強制しなくても、自分でリズムが作れるほうが楽しいと思うからです。

それで、そのコーナーを昨日はじめて、
参加者のリクエストでやってみました。
園児たちむけに雨の日に、こうやってカラオケをしたり、私のピアノを鑑賞したりというコーナーを自由遊び中にせがまれるとやっているのですが、
その時に園児が一番嬉しい事は、
自分のリクエストが音になる事、だと思うのです。
今は、100円入れると音楽がなるジュークボックスなんてないですけれど、
昔はそんな機械も立川の中武デバートにあってね、私は好きでした。

昨日、未リトミででたリクエストは、
ウルトラマンタロウ、アンパンマン、ミッキーマウス、くまのプーさん、ちびまる子ちゃん。
だったかな?メモしとおけば良かったね。
園児のリクエストコーナーと同じく、仮面ライダーとかウルトラマンは、昭和限定で、とお願いしました。ウルトラマンは、「ウルトラマン80」のサビだけまで弾けます。

私は絶対音感があるので、耳に残って記憶しているものならたいていの曲はピアノで弾く事ができます。
息子や娘の保護者の係でお楽しみ会ピアノ係なんかをして、このリクエストコーナーを遊びで休憩時間にやると、「嵐」や「いきものががり」を弾く事もあります。どちらもうらおぼえですけれど・・・。
私にとっても、記憶の引き出しから、「どんな曲だったかな?」と、辿りながらピアノで再現するのは楽しい作業です。「やってみたらできた!」もあるし、できないもあります。

園児たちも、一生懸命、レアなリクエストを対戦のように考えてきてくれて、
「パイレーツオブカリビアン」も弾く事ができました。
でも、年中児で、それを考えてきてくれるなんて凄いよね。さすがうちの園児はレベルが高しです。
「赤いスイートピー」は、園児でも時々でるねぇ。お母さんがカラオケで歌っているのかな?

そんなわけで、未リトミでも、うちの園の雰囲気が伝わったかもですね。

昨日、頂いた質問。
「紙芝居で使用した音源はアプリですか?」
私がiPhoneで音を出力していたので、そんなアプリがあると思われたのですね。
自分で作曲をして、パソコンで打ち込んだものです。
ソフトは、macのガレージバンドです。
それで、その音なかに、SEでシンバル音が入っているのですが、それは小6の息子が入れました。
ガレージバンドで作成した音源は、iTtunesに入れて管理しているので、その日のリトミックで使う曲の順番に並べて日付でプレイリストを作っているので、自動で流れてくるのです。
楽団「ぺとら」では、メンバーが生演奏をしてくれます。(バグパイプ、アフリカ&ブラジルパーカッション等)なので、昨日使った音源は、メンバーに楽譜と一緒に渡すデモ音源でもあるわけです。

iPadにも、ガレードバンドは入れてあります。iPad版は、キーボードをMIDI接続しなくても単体で曲が打ち込めるので、外出先では便利です。

昨日いただいた感想。
「まり先生ワールドですね。」
そういっていただけると嬉しいですね。
逆に、うちの園児は「まり先生ワールドのリトミック」しか知らないので、
リトミックの時間に先生手作りの紙芝居とか、カラオケリクエストとか、
本来のリトミックにない部分が多くてびっくりかもです。
でもね、
我がリトミックの師のナカダテ先生の言葉です。

「リトミシャンがやる事は、なんでもリトミックになるのよ。
私なんて、階段を降りる時にも『アーフタクト』のリズムにしてしまうくらいよ。」
と。

リズムを中心に生きて活動をしているリトミシャンがやる事には、
絵でも、
物語でも、
日常生活でもリトミックになると思っています。

近年、日本でのリトミック国際大会に参加して、最近は数学的なリトミックを実践している世界的リトミシャンが多いと感じ、もう上級クラスでの受講は厳しいなぁ、と思いましたが、
私が参加した1992年のジュネーブの国際大会では、自由で他ジャンルとのコラボがたくさんありました。

幼稚園の外でも、パーカッショニストと二人で、様々なところで「大人むけ」「高校生むけ」「企業研修」などいろんなお題をもらってリトミックをしています。

ジュネーブで、私もマルー先生の授業を受けました。
「リトミシャンは、幼児でも大人でもどんな年齢の人でも教えられなければいけない」
とても、心に残って、そうなりたいと思っていろんなチャレンジをしています。

「まり先生ワールド」、
今後もがんばりたいと思います。

ご来場、ありがとうございました。

|

« ベビー&未就園児のリトミック | トップページ | 5/10園児リトミック »

リトミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012 5/9の未リトミ:

« ベビー&未就園児のリトミック | トップページ | 5/10園児リトミック »