« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

お着替ラプソディ

「ラプソディ=狂詩曲」とタイトルをつけました。お着替えには、いろんなバリエーションがあるという事を、今年の年少さんたちは、教えてくれていて、いと可愛し。
まず、年少の皆さんの着替えの歴史の第一章は、「プール」です。
ここで、初めて「パンツを脱ぐ」「靴下も脱ぐ」という、教室で真っ裸になるという衝撃をうけます。

その後、猛暑のために、「水浴び」という習慣ができました。熱中症予防のために水で体温を下げるために真っ裸になります。この時に、年少にとって、汗で濡れた衣類は、脱いだり着たりが困難という事がわかりました。なので、「新しい衣類を着る」というオケージョンができました。これは、新しい衣類は、乾いているだけでなく、畳んであるので、裏表が解り易いという事がわかります。最初は、汚れてもいいようにレジ袋をお持たせいただきましたが、年少さんは、レジ袋が識別できずに混乱したので、本のように立てて収納することで、こどもが取り出し易いプールバックにしました。
この時には、真っ裸になる前に「バッヂをはずす」がマストです。

運動会のシーズンとなり、「体操着に着替える」→朝、着ていた服を脱ぎ体操着袋に入れる→体操着に着替える。/体操着を脱いだら、袋に入っている朝に着てきた服を着るという新しいオケージョンができました。5月の中央公園、6月の親子レクの段階では、着替は自律させておらず、先生が手伝っていたので、自律デビューなので、また混乱します。

「パンツも脱いでる人、続出」の件です。
靴下まで脱いでいる人もいました。

年少さんにとって、「昨日と違う、事は、とっても大変なんです。」

今年の年少さんらしい弱点も見つかりました。わからない時に、自分なりに解決しようと、他の友達を見て学習しようとする事です。結果、一人が、パンツを脱いでいると、他の子も脱いでしまうのです。(苦笑)バッヂは、外さないが正解です。

解決策は、実は簡単なのです。
その日、その日、その都度、先生の話を聞けば良いのです。
年中、年長は、自然とそれができるので、まず混乱はありません。

毎日、繰り返し「着替える」事によって、
前の似たシーンを思い出して、なんとな〜く実行するとか、勝手なマニュアルをつくってしまうよりも、
その場の指示に従う方が楽だという事に、
最先端が気付き始めているようなこの頃の年少組です。

先生達も、毎朝、着替の方法、片付けのタイミング、声かけの仕方などを入念に朝ミーティングの時間に確認をしあっています。なるべく「昨日と同じ流れ」に準ずる方向で、その日に一番マッチした事をやろうとしては、います。


さて、
今日は、「朝着た服脱ぐ体操着、また朝の服着る」の日でしたが、
明日は、「朝着た服のまま練習、弁当前に新しい服着替える」の日となる予定です。

どんなドラマが生まれるのでしょうか?ドキドキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/28の未リトミ

1317298320801.jpg

たくさんのご来場ありがとうございました。
市外からの参加者もだんだんと増えてきていて、
リトミックの輪が広がってきていますね。
子育ての事を気軽に相談できて、
リトミックの入門ができて、
音楽やお話の展開が、
いつもの皆さんの子育てのヒントになるといいな、
と思っています。

今回、多かった質問、お悩みとしては、
「2歳になったので、プレ幼稚園をどうするか?」
というものでした。

他の幼稚園では、園児確保のために、
プレ幼稚園として、2歳児を受け入れて、3歳入園の場合、優先させるというところがあるようです。
言い換えれば、プレに入っている子のみが、本入園できるという制度をとっているところがあるために、
2歳の時点で、
「3歳を越してから、年少に4月入園させる幼稚園コースと、
プレから入って、入園の権利をゲットしておくコースにわかれるという、
なんだかマニュアルのような情報があって、迷われている方が少なくないようでした。

最近、この質問をおおく受けるので、
まず、最初に言うのは、
「本園では、プレ幼稚園はやっていません。」

いえ、随分と前には、「学研」の提携をうけて、空き教室でやっていた時期はあったのですが、
ほんの数年で閉めています。
違うところもあると思うのですが、やはり「プレ」を詠うのであれば、その幼稚園の顔の先生が担当して、はじめてプレであると思うのです。来るべき幼稚園生活が延長線上にあったほうが良いと私は考えます。だから、他の業者に丸投げするくらいなら、自分のできる時間を、提供しようと、今の「リトミック」を未就園児に解放という形をとっています。

同じように、延長保育も、業者に委託していないので、長期休業や、行事前には対応していないのです。現場の先生が、ローテーションしていることで、こどもたちには、負担なく利用できていると思っています。これも、こどものいつものがわかっている保育者である事が大事、顔色や、なんとなく元気がない、は、委託ではわかりませんものね。

それにね。
たったの2歳です。
まだ、自分のこどもの事をもっと知るチャンスがあると思うのです。
自分のこどもの事を良く知ったら、
我が子にぴったりな園生活が見えてくるのではないのでしょうか?


在園のお母様方にお願いです。

これからの時期、
ときどき、園を見学に見える方がいると思うのです。
そんなとき、お母さんの目からみた、我が園を、
どうぞ、教えてあげてくださいませんか?

「幼稚園に入ったら、トモダチできるかな?」
と、ドキドキしているのは、
きっとコドモだけではないような気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ぺとらの月世界旅行」後記

Cimg2670


Cimg2678

シルバーウィーク後半は、ここ3年ほど連続で出演させていただいている、「こどもの城」の秋祭りの特設ステージにて、4回公演をさせていただいてきました。
私がまだ、幼稚園の専任ではなく、週に何回かリトミックだけを教えに通っていた講師だった頃、並行して、「こどもの城」でアルバイトをしていました。音楽事業部の皆さんとサンバをしたり、踊ったり、ピアノの弾き語りもしました。「ぺとら」のメンバーの、つるさん、たっちゃんは、そこの頃の仲間で、23~25歳の頃の私を知っている貴重な存在です。

今回は、つるさんが「おおたか静流」さんのツアーに参加のため欠番。バグパイプ&古楽器のきんど〜さん(近藤治夫)と、民族楽器とピアノのたっちゃん(福澤達郎)の3人と、二日目は、ゲストにきんど〜さんのバグパイプのお弟子さんが、バグパイプ二重奏の部分で参加をしてくれました。その他に、専属スタッフとして、喜劇映画研究会のサポートを得て、本邦初演の「音楽劇」のこけらおとしは、まさに「劇団」状態でした。

私が「こどもの城」を好きな理由は、なんといっても、そこで働いている人たちが、みんな「城」が好きで、誇りを持ってコドモたちに接している事です。今回も、「城」で働いている人たちのコドモへの接し方、ノウハウなど、たくさんの学びがありました。

園児のご家族も4家族ほど、遠いところを応援にきていただき、とても嬉しかったです。
今、園で取り組んでいる「運動会のテーマの宇宙観」、そして、「むらさきまつり」での先生たちの「月世界旅行」、観劇会での無声映画上映会「メリエスの月世界旅行」を、比べるためにも、
私が、咀嚼して、幼児にわかりやすくデフォルメした「月世界旅行」を見ていただける事は、大きな説得になります。

それは、オリジナルであるという事の証明です。

運動会やおゆうぎ会の行事のときに、本や講習で規正のものを使った場合、それは、その場だけのものになります。
例えば、「マルマルモリモリ」を運動会で踊れば、それは、テレビでヒットした振付けを真似れば良いわけで、もしかしたら、教えなくてもみんなも知っているかもしれない。
でも、それは、幼稚園では、運動会のその部分だけしか存在できない。

「月世界旅行」のパーツとして、自分で考えたものを少しずつ積み上げる事で、保育全体がつながりを持つ事ができる。自分で考えて工夫することを、こどもたちは、一緒に体験する事ができるのではないかな?と思っているのです。オリジナルなので、自分たちにぴったりです。私は、自分でつくる事が大好きです。

そんなわけで、写真にあるとおり、「月」の被り物や、舞台装置の「けこみ」も、全て、夏休み中に手作りしてみました。たっちゃんが、月になりきって、幻想的なカリンンバ(アフリカの親指ピアノ)を弾く様子、とても絵になりました。
近藤さんのバグパイプの音色が、ビルの谷間に響きました。

私は、普段は、幼稚園の先生をしていますが、
こうして、ときどきは、「人前に立つ」という経験をさせてもらって、
いろんなドキドキを経験しました。

ここでの、模様は、実は、また、幼稚園にて繋がります。
お楽しみにしていただきたいので、ナイショにしますが、
本番の合間に、こっそりと仕込みに参加しました。

あ〜。ホントに面白いです。
「月世界旅行」というお題で遊ぶは、まだまだ続きます!
Cimg2679


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふかがわニコニコ

明日は、未就園児リトミックの日です。
小さい皆さん、ご来場、お待ちしております。

そして、今度の日曜日には、深川のチャリティイベントに参加します。

私は、リトミックのワークショップを2回します。
「ぺとら」とありますが、
パーカッションのつるさんと二人です。

いつものまり先生のリトミックに、伴奏をアフリカのジェンベでするイメージで、
実は、高校に出張など、いろんなところで出前をしているのですよ。

空き瓶や、金物、スプーンの演奏のミニコンサートもします。
たったの100円でいろんなワークショップを受ける事ができるし、
チャリティにもなるので、
ご興味があったら、ぜひ。

以下、主催のユッキーさんの告知をコピペしました。

10月2日(日)深川東京モダン館で
子供向けのイベントを主催しました

その名も「ふかがわにこにこ」といいます
よかったら遊びにいらしてください

12時~17時入場料100円
(この収益の一部を東日本大震災の被災地に寄付致します)

★対象年齢 3歳以上~小学校低学年くらい★
...
私の地元東京深川でアーティスト仲間を集めて
子供たちがにこにこしちゃうような
ワークショップイベントをします

深川東京モダン館さんの協賛のもと
モダン館2周年イベントの初日に子供たちとにこにこな
一日になればと思います

☆アーティスト紹介☆

★YUKKIY 音とリズムで遊ぼう 
このイベントの深川出身のシンガーソングライター
太鼓でリズムと音遊び 2階 14時 /16時

★楽団ぺとら ぺとらの音楽で遊ぼう 
子供や子供心を持った大人にオリジナルの楽曲を
届けている素敵で楽しい楽団ぺとら 
今回は親子向けに楽しいリトミックを
届けてくれます 2階 13時/15時

★soraworks 修平 Reap みんなで絵を描こう
アート集団soraworks
お姉さんお兄さんと一緒に絵を描こう
描いた絵はイベント終了後もモダン館に展示される予定です
2階 12時~17時

★しらいのりこ にちようかふぇ
深川東京モダン館おなじみの週末癒しカフェにちようカフェ
遊び疲れた子供、ご家族にお飲みものをご用意してくれます
2階(有料)

★micarina クッキーにお絵かき
かわいくておいしいお菓子を作るお菓子作家
美味しいクッキーにかわいくお絵かきができます
1階12時/13時半/15時/
(各回先着10名様 ※1回500円)

★越智友起子 似顔絵
神戸岡本のイラストレーター
このイベントのために神戸から来てくれます
あなたにそっくりな似顔絵をかいてくれますよ
1階 12時~17時 (1人様300円)

【ふかがわにこにこのおやくそく】
※大人の人に読んでもらってね

1 
駐輪場は限られています。自転車で来られても駐輪できない
場合があります。ご了承ください


お食事はご用意していませんのでなるべくお食事を済ませてからの参加をご協力ください


お絵かきのコーナーがたくさんあります
汚れてもいい服装で来てください


体験コーナーは先着順です。人数によっては参加場合がございますのでご了承ください


保護者の方同伴でお願いいたします
お子様から目を離さないようご協力お願いいたします

20110916_183020


| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のSF感

台風一過。
Img_1475
屋根の修理もすぐに、大工さんが来てくれました。
理事長先生は、早朝5時から、床を拭いたり、見回りをしてくれたので、
今日は、無事に通常保育ができました。

前回の大きな台風で、屋根が壊れてしまった時には、
片付けのために、1日お休みをいただいて、職員で片付け掃除をしたのですね。
今日、走馬灯のようにみるみる思い出されていきました。

延長保育の部屋や、ホールの一部も後始末があり、
その後に、予定どおりお誕生会があったので、まり先生大失敗!
いつものように園歌をピアノで弾いている時に、指は動いているのに、
無意識になってしまい、独りで2番で終えてしまい、ご丁寧にピアノの蓋まで閉めてしまいました。
そして、空気は凍り、誰ひとり、つっこんでもくれず、
司会の先生が、恐る恐る「まだ2番でした」と報告してくれました。(恥)

この後、通常通り「運動会の練習」、そして、通常通り「お誕生会後の片付け皿洗い」もあり、
てんこ盛りの一日でした。

ほっとできたのは、
延長保育の時間。
もう、床もすっかり乾いていたので、延長の子たちにもおもちゃの清掃や片付けを手伝ってもらった後、昨日の台風半日で突貫製作した「宇宙人」を仕上げました。

色塗りは、年少男子に手伝ってもらったものです。

Img_1476

左から解説。
「いわゆる火星人」
重力の問題で、一般的にこんな感じと言われているのを絵にしました。
「かわいいアバター」
記憶画で、しかも、年少さんと描いたらこんなになったのですが、ポイントは、意志を伝える脳から伸びた束。
「スタートレックの酒場にいそうな悪そうな宇宙人」
おたずねものっぽいです。
「一見、可愛いけれど一番凶暴なイウォーク族」
スターウォーズシリーズにでてくる味方の種族。原始的な武器を持っている。
スターゲイトSG-1では、「ファーリガン」というパロディででてくる。

Img_1477
「ノックス」
とても進んだ文明を持っているが、自然を愛し、普段は、原始的な生活をしている。宇宙船などは、普段は見えないベールでかくし、自分たちは未開人だと装っている。髪と木の葉は同化している。
スターゲイトSG-1

「マーズアタック」
ティムバートン監督の映画にでてくる火星人。呼吸のために、地球上では、ガムをかんでいる。

「ミイラ星人」
こどもの考えたオリジナル。地球では、服は、動き易く考えてつくるけれど、ミイラ星では、あえて、動きづらくしたものを着ている。「靴なんて、青にしなくていいんじゃない?」
と、こどもにダメだしされたのが、印象的。

「グレイ」
かっぱ寿司のCMにもでてくる、エリア55にいるとされている一番有名なタイプのエイリアン。
スターゲイトシリーズでは、「アスガード」という名前で、繁殖は、クローンで行っていることで、コピーのコピーは弱くなっていくことで、絶滅する。

「ティルク」
スターゲイトシリーズおでこにバースマークをつけたゴアウルドという征服種族に服従しているジァファという種族の戦士。「インディード(確かに)」というのが口癖。

何の計画もなしに、
ポンポンポンと、私の中での「有名な宇宙人」をひねり出したら、
こんな感じになりました。

偏っているなぁ〜。
「月世界旅行」のジュール・ヴェルヌの小説も、ほとんど小学生で読みました。

楽しいな〜〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小丸シュー

1316656140354.jpg
2011/9/22のお誕生会ケーキは、「小丸シュー」でした。チョコレートクリーム、カスタードクリームです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「宇宙人のコスチューム」絶賛製作激励中!

いよいよ運動会が近づいてきました。
家庭の宿題で「宇宙人の洋服を作ってください」という事から、さすが!我が園のご家庭という事で、いろんな嬉しい声を聞いています。
ひとつ、ご紹介すると、「数字星人」(もしくは、足し算星人)というアイディアが、ご家庭での話し合いと、母が子を観察した中から湧き出たそうです。価値観は、宇宙によって違う、という世界感まで表している傑作ですね!例えば、地球の価値感では、「お金」や「愛」を重きを置いているけれど、宇宙が異なると「数字」がでてくるかもしれない。でも、現在、我が地球においては、「数」を中心には動いていない!宇宙的な柔らかい発想だなぁ、と思うのです。最初のうち、みんなは「宇宙」と「世界」の違いがよくわからなくて、何かの動物に例える星人になったという声が多かったです。ダーウィンの進化論になぞれば、フクロオオカミと狼が異なる大陸で似た進化をしたように、他の宇宙でもウサギやキリンに似た進化をとげたヒューマノイド型があっても不思議ではないけれど、園全体が、地球の生き物だらけの宇宙という発想じゃない方がいいなぁ〜、と声をかけてきました。
おゆうぎの音楽は3つのパートから構成されています。ストーリーは、以下のイメージです。

うそこの月世界という設定のシーン。
運動会というお祭りが開かれるらしい。
全宇宙から、それぞれの星の代表が、月に集まってきます。
ネコの集会のように、ぞわぞわと集合していくイメージ。
宇宙のマナーに従って、四歩歩いたら、深く深くお辞儀をします。
隅々まで、お辞儀をして礼をつくしたところで、
自分のコミュミティ(組)ごとに、整列します。
ズンタ、ズンタとリズムが聞こえたら、
「トゥルン、トゥルン」と、星の会話を始めます。
星の会話は、声なんて使いません。
腰の振りで、波動を作用させて、宇宙の平和のために友好を深めます。
「ハ~イ、天の川銀河の果ての星の人よ。こんにちは。」
「ハ~イ、アンドロメダからやってきたよ。この太陽系の太陽は、まだ若いね。」
途中で、会話は、電波も使います。
頭からアンテナを出す種族に注目です。
友好の会議は終了です。
それでは、皆さんさようなら。
また、会う日まで。
銀河鉄道に乗って、みんな、それぞれの星に去っていきました。

このお遊戯の動きには、
「未曾有」を表現するために、
「歩きかた」でありえないのは、どんなのか?
色々をこどもたちと試行錯誤をしながら、動きを考えました。
きっと、観た事のない表現だと思います。
想像力があれば、大丈夫!
そのためのツールとしての宇宙というキーワードなので、
「空気がないから」「ありえないから」「いけっこないから」
は、いいっこなし!

そんなわけで、昨日連絡網でお知らせしたとおり、1締め切りは30日です。2記名した紙袋に入れてお持たせください。3リハーサルで一端着用して、その日に持ち帰ります。4当日にご家族で管理し、昼休みに着装させてください。

それで、ご質問が多いのが、衣装の具合によっては、フード等を付けたいので、園で用意する被り物との兼ね合いとしていかがなものか?というものでした。役員会と各委員長との連絡会で、この案件について、参加者の皆さんで討議をした結果、園では被り物(ヘアバンドのようなもの)のキットを配布して、アレンジやデコは自由という方式にしましょうという事になりました。そうすれば、例えば「ネコ型星人」であれば、ヘアバンドにネコ耳をつけても良いという事になります。キットの用途は自由なので、カチューシャ冠り、ハチマキ冠り等自由です。キットが用意でき次第、持ち帰りをします。衣装と同じ袋に入れて、管理をします。

さて、おゆうぎで表現するのは、宇宙人が、月に大集合をする様。運動会全体のテーマも、「月世界旅行」としています。
そして、実は、今回は、その先があるのです。今年度の保護者会主催の観劇会は、喜劇映画研究会プレゼンツ「1902年の無声映画『ジョルジュ・メリエス作 月世界旅行』」に、園児の手作り楽器で伴奏をつけるワークショップを企画しています。水先案何人は、パーカッショニストの渡辺亮さんです。

そうです。今年のテーマの終点の「月世界旅行」が、観劇で、運動会で全体で「月世界」や、宇宙という世界観にだんだんと浸っていって、「むらさき祭り」の先生たちの出し物で、園児たちは、もっと「宇宙」を題材として遊ぶ事で跳んでしまおうと思っています。(このむらさきまつりでお披露目するものは、9/23、24にこどもの城のショートバージョン)
そんなわけで、今年の園での活動は、「月世界旅行」というレールを、まるで銀河鉄道999のように寄り道をしながら進んでいるというわけです。

「地球上にある、どこかの地域の好きな動物を忠実に再現しなさい」というデザインの課題だったらどんなに楽なのか!と、思われる方もいる事と思いますが、「どこかの宇宙にいるかもしれない宇宙人を想像して作ってください」と、幼稚園から宿題をだされた2011年と、後で、こどもたちに、あの年は、「未曾有」という言葉で表現されていたように、いろんな事があって、「想像力があればなんとかなる!」と、先生達は言いたかったんだろうなぁ、と、思い出してもらえたら嬉しいです。

楽しい、楽しい。
ちょっと他にはない、運動会にしましょうね。

裏面に、この3連休に「こどもの城」秋祭りで行う「裏 月世界旅行」のストーリーも掲載しておきますね。
私の中では、ちょうど、「ハックリベリーフィン」と、「トムソーヤ」のようなスピンオフの作品となっています。
夏休みに、「月世界旅行」という素材を使って同時進行で二つの物語(運動会おゆうぎ、こどもの城での音楽劇)をつくるのは、とても楽しい作業でした。園のバザーでは、これのダイジェスト音楽省略版を先生たちのみで上演しますね。お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/23,24 ぺとらの月世界旅行@こどもの城

いよいよ、次の連休が、本番!
という事で、今日が最終リハーサルでした。

今回は、「ぺとら」の運転手兼段取リストの「つるさん」が、
おおたか静流さんのツアーでお休みのため、

きんど~&まりりん&たつろう

の3人での本番です。

今回は、1902年に製作された無声映画、ジョルジュ・メリエス監督の「月世界旅行」のエッセンスを、2~3歳のこどもたちに共感できるように変換したオリジナル作品です。

「メリエス」の作品は、もちろん面白いし、エキセントリック!この無声映画に極上の生演奏をつけたら、そりゃあもう!素晴らしいことです。

でも、就学前、就園前のこどもたちの言語世界に、歩み寄ってストーリーを考える事が、楽団「ぺとら」ならできるかな?と考えたのです。

無声映画に音楽をつけようとするミュージシャンは、いっぱいいるだろうし、「ぺとら」だって、いつかチャンスがあればチャレンジしてみたいです。

でも、「プロのコドモ師」として、もっと先にチャレンジしてみたかったのが、
この「超訳」=「こどもにわかる世界観」ということでした。


こどもが、飽きずに座って舞台鑑賞するには、
「自分が参加して、その働きによって、主人公を助ける」
というプロセスがかかせません。

笑いの要素も、コドモには重要です。しかも、それは、コドモがちょっと上から目線になれるものが喜ばれます。

そして、結末として、「みんなのおかげでめでたし、めでたし」の大円団が好まれます。

後楽園遊園地でのヒーローショーのような「君と握手!」の雰囲気を想像してみてください。

メリエスの月世界旅行の雰囲気を、いかにコドモが喜びそうなところに持っていく。音楽つきです。


ストーリー
ちょっと昔、まだ魔法と科学が混在していた時代。
魔法使い(まりりん)は、冒険大砲クラブを代表して、人類で初めて、「月」への冒険を呼びかけます。それには、科学の博士を集めなくてはいけないのですが、そのために、こどもたち(会場のお友達)の力を借り、クイズに正解することで、「魔法のパワー」を溜める事にしました。そして、見事、大砲を製作する事に成功し、発射!月の顔面に突き刺さる形で着陸します。月はとっても痛がりました。

魔法使いまりりんと、大砲に乗った乗組員の6人は、月面に静かに着陸しました。それは、まるで、世界が眠るような音楽が流れているようでした。月の住人、サーカスの団長は、ここのところ、そのように月に漂着してくる宇宙からやってくる不思議な生き物たちを狩って集めていました。彼は、そうゆう生き物を全部「猿」と呼んでいました。そして、「猿」たちにサーカスで芸をさせていたのです。

地球から来た一行も、まんまと「猿」として捕まってしまい、とうとう、「月のサーカス」で芸をする瞬間がやってきました。まりりんは、月に集められた宇宙の各種の猿たち(会場のお友達)も巻き込んで、素晴らしい踊りを披露します。感動した月の人たちに、惜しまれつつも、拍手喝采のどさくさにまぎれて、無事に地球に帰還するのでした。めでたし、めでたし。


バグパイプ親方に、「風の谷のナウシカ」のユパ様みたいなコスプレさせて、台詞も言わせています。

ジャワガムラン界の寵児のたっちゃんに、「月」の被り物をさせて、顔にロケット大砲が刺さって「痛い!」って、言わせています。


「こどもの城」の企画スタッフが、続けて「ぺとら」を選んでくれる理由として、
観ているコドモたちがキラキラで参加できること。そして、音楽に溢れていることと言ってもらえました。


焼きそば、綿飴、ゲームもある普通のお祭りですので、
ご興味がある方、ご来場お待ちしております。


夕方17時からは、入館料が無料になります。
晴れの場合のみ、17:30から2回目のステージがありますので、大変お得です!


9月23(祝金)24(土)
こどもの城 秋祭り連続4公演「ぺとらの月世界旅行」
出演  ぺとらまりりん(歌語り踊り) 近藤治夫(古楽器) 福澤達郎(ピアノ、民族楽器)
こどもの城入館料(こども400円、おとな500円のみでご覧になれます。)
晴れの場合23日、24日ともに 屋上ふしぎケ丘特設ステージ
14:55 4階音楽ロビー前にてミニパフォーマンス
15:00 開場パレード
15:10 ふしぎケ丘特設ステージにて第一ステージ
17:30 同開場にて、第二ステージ  

雨の場合、地下フリーホールにて、1回公演となります。お時間にご注意ください。
9/23 15:00~15:30
9/24 16:10~16:40
Cimg2624


Img_1471


| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/14 の未リトミ

1315986867513.jpg
本日は、本当にお暑い中、未就園児のリトミックへご来場いただき、
ありがとうございました。

この会は、第一に、リトミックの普及を目的としていますので、1回ごと、いつ来ても大丈夫、お休みをしても大丈夫。予約不要で、1回、家族で300円(これは、施設費として、園の収益となります)といった気軽なものです。

「リトミックって、どんなものだろう?」
という親子さんが、はじめて体験してみる場として、
これからも、続けていきたいと思っています。

そして、
もっと、やってみたいと思ったら、
それぞれの仲間とリトミックのサークルを作ってもらっても良いし、
私が外部でやっているところにきていただいても良いし、
我が園に入園されると、もっといい!
という気持ちです。

今日は、
初めての方が多かったので、初歩の初歩で、いろんなステップを体で体験していただきました。
これは、自分で歩いて実践できていなくても良いのです、
ましてや、上手になんてできなくてもいい!

まり先生が弾くピアノのリズムと、
ママが、背中を叩いてくれるリズムが一致している。
そこに気付いてくれたら、いいんです。
そこが発見の第一歩になります。

今日、一番のポイントは、
「スキップ」。
スキップを体得するだけじゃなくて、
次に、スキップのリズムが聴こえるのに、
自分は、あえてじっと動かないでいる。
そうすると、一回、会得しているので、体が動きたくてたまらなくなる。
「いいよ」
と、許可がでて、スキップをするときの爽快感!
スキッとする感覚。わかりましたか?

幼稚園に入る前に、
ぜひ、知ってもらいたい感覚です。

できる、できないではなくて、
知ったり、わかったり、感じてもらえれば良いです。

正解がないのが、この年齢のリトミックだと思っています。


次回は、9/28(水)。
以下。10/19(水), 11/18(金), 12/15(木), 1/12(木), 2/1(水)です。


その他、
9/23,24は、今日、ちょっとだけ上演した「ぺとらの月世界旅行」をバグパイプと、いろんな民族楽器、ピアノで「青山 こどもの城」にてお披露目します。ダンスコーナーもあります。(3歳以下無料、こども400円、大人500円の入館料のみ)

10/2は、深川モダン館で東日本大震災チャリティで、リトミックワークショップをします。
パーカッショニストが、ジェンベを叩いてくれて、リトミックをします。
1時と3時の2回公演。

10/22は、成人むけにブラジルの打楽器の初級講座とレクチャーがあり、私は助手をします。パパが一緒なら、ご家族でも参加できそうですね。ひとり、1楽器なので、楽しいですよ。BOSSA AOYAMAで検索していただいて、申し込めば無料です。


あと、新入園関係では、10/15土から願書配布、入園説明会。
10/8運動会、午前に未就園児競技あり。午後は12:30より、全員宇宙人になってお遊戯あり。
10/28 園のバザーです。  うどんがでるそうです。
11/1願書受付。

園は、いつでも見学可能です。実際に、園児に混じって遊んで見学してください。
ご質問、ご相談も、いつでも受け付けます。
(10/6は、高校にリトミックを出張で教えにいくために、10時以降不在です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運動会おゆうぎ「うそこの月世界旅行」

未就園児リTミックは、明日、9/14ですよ!
9:30〜園庭で遊べます。10時受付、10:20よりリトミックをはじめます!

前に「想像力を膨らまそう!」という記事を書いたので、その続編です。

今日は、その事をブログに書こうと思っていて、
ちょうど、テレビのCMで新垣由衣さんが、「想像力を膨らまそう!」と言っていたので、
それが何のCMかを調べたかったのですが、見つかりませんでした。
誰か教えてくださいね。

震災以降、
私ができる事をずっと考えていました。
私の微々たる力をどこに向けるべきなのか?

こどもたちには、よく言っています。
「未曾有の出来事が起きたときに、大切なのは想像力。自分の頭で考える力。」

今は何でもマニュアルがあって、
たとえこどもでもあっても、
正解のあるぬり絵のようなものには取り組めても、
「自分で考える事」「正解のないもの」にはおよび腰です。

だから、想定できない事を体験してみよう!
というプロジェクトが、今回の「宇宙人」になってみよう!というものなのです。

運動会全体も、想像力をかきたてられるようなのびのびとしたものになってきています。

おゆうぎも、在園の皆さんの各ご家庭でつくられる「宇宙人」の衣装を想像しながら、
誰ひとり、同じ星の出身者がいないような(兄弟を除く)面白い光景になっていっています。

宇宙人といって、すぐSF映画のどこかにあるようなもの、
例えば、スターウォーズにでてくるエイリアンのようなものを作らなければいけないの?
見本にあった、黒いTシャツじゃないといけないの?
見本にあった、お寿司をつけなきゃいけないの?
見本にあった、ストローをつけなきゃいけないの?

いろんな質問や噂を聞きましたけれど(笑)、もともとの狙いが、
「想像力」で、「個性」をだしたいわけなので、
何かにとらわれることはないのです。

私の中のイメージでは、未来というよりは、
先の観劇会ででてくる「ジョルジュ・メリエス」の月世界旅行のような、むしろ昔、1902年。(→とびすぎ)
その時に月面で出会った月人は、古代エジプト時代に、スターゲイト(星の輪)をくぐって、渡来した地球人に近い形をしたヒト型の宇宙人。
そんなイメージの自作の宇宙人アイテムを、こどもたちに披露しました。

もちろん、未来系でも良いですよ。
想像する事が大事なのですから。

おゆうぎのストーリーは、こんな感じです。

うそこの月世界という設定のシーン。
運動会というお祭りが開かれるらしい。
全宇宙から、それぞれの星の代表が、月に集まってきます。
ネコの集会のように、ぞわぞわと集合していくイメージ。
宇宙のマナーに従って、四歩歩いたら、深く深くお辞儀をします。
隅々まで、お辞儀をして礼をつくしたところで、
自分のコミュミティ(組)ごとに、整列します。

ズンタ、ズンタとリズムが聞こえたら、
「トゥルン、トゥルン」と、星の会話を始めます。
星の会話は、声なんて使いません。
腰の振りで、波動を作用させて、宇宙の平和のために友好を深めます。
「ハ〜イ、天の川銀河の果ての星の人よ。こんにちは。」
「ハ〜イ、アンドロメダからやってきたよ。この太陽系の太陽は、まだ若いね。」

途中で、会話は、電波も使います。
頭からアンテナを出す種族に注目です。

友好の会議は終了です。
それでは、皆さんさようなら。
また、会う日まで。
銀河鉄道に乗って、みんな、それぞれの星に去っていきました。

このお遊戯の動きには、
「未曾有」を表現するために、
「歩きかた」でありえないのは、どんなのか?
色々をこどもたちと試行錯誤をしながら、動きを考えました。

きっと、観た事のない表現だと思います。

想像力があれば、大丈夫!
そのためのツールとしての宇宙というキーワードなので、
「空気がないから」「ありえないから」「いけっこないから」
なんて、言わないでくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お月見

1315792675906.jpg
お月見の行事をしました。
お団子は手作りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザルツブルガートルテ

1315446574282.jpg
2011年八月のお誕生会のケーキは、ザルツブルガートルテでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »