« 暇な時間に「パワーバランス」について考える | トップページ | 沖縄旅行 これでもか篇 »

沖縄 移動日

今日は、移動日。
旅行をはじめて5日目なので、
さすがに息子も朝起きられず、グズグズ。
今まで、母子で沖縄やグアムに行ったときには、あえて5日目を帰る日に設定していました。
こどもたちが、月曜から金曜まで学校にいくリズムであれば、
テンションが保てるからです。
なので、今日がちょうど「休憩モード」な日だったのでしょうね。
息子が起きたい時間まで待ってから、朝食に行くと、
すでに食パンは売り切れていました。
だったらご飯という気にもなれないらしいので、気分をかえてコンビニでパンを買って、
部屋で食べました。

「チェックアウトをしなければいけない10時まで、部屋で休憩していていいよ。」
そう決めると息子は安心して、DSやマンガでくつろいでいました。

その間、もう不要と思われる私の水着やシュノーケル用の靴などと、留守番の娘に食べさせたい菓子パンなどを送る準備をしました。
送る手段は、二種類。
宅配便は、軽くてかさばるものを中心に。大きさではなく、重さで料金がかわるので、ここに靴などを入れます。(だいたい1000円くらい)
郵便局の500円の大型封筒「エクスパック」は、その封筒に入りさえすれば、500円で送る事ができます。なので、レトルト(沖縄ぜんざい等を娘用に)など、重いものを入れました。

時間がきたので、チェックアウト。
でも、「スーパーホテル」は、チェックアウト清算がない(部屋の電話もなく、冷蔵庫もからっぽ)なので、ごあいさつだけ遠くからして、おしまい。

さよらなら、「おもろまち」界隈。
1311980326996.jpg
駅前のDFSには、結局、一度も足を運べなかったなぁ〜。
息子と一緒じゃ、しょうがない。
ま、行ってもどうせ買うものないし、ブランドものを買うくらいなら、
旅に行く予算に回そうと思います。
何せ、「新婚旅行の予算、ひとり100万円」と、聞いて、
「二人で100万円で、3回(台湾、英仏、香港)、1年間に行った」
という私です。
今は、こどもたちに残せるのは、「旅のノウハウ」だ、と、こうして連れて歩いているのです。

「おもろまち」は、なんだか南大沢に似てるな、と思いました。


そして、夫を迎えるべくモノレールで空港に向かいます。
さて、空港でこのスーツケースを、
「400円で次のホテルに送るか?」
「300円でコインロッカーに預けるか?」
に、本気で迷い、コインロッカーにしました。
送ってしまうと、急に着替が必要になった時に、困ると思ったからです。
息子はもう流石におもらしはしないけれど、ソフトクリームをこぼすくらいは予想できますものね。
そして、空港からは、無料ででている「アウトレットモールあしびな〜」のシャトルバスに乗って、
アウトレットで食事。その足で、すぐ隣の「道の駅」に行きました。
翌日の「美ら海水族館」の前売り割引チケットは、コンビニでは、1割引きだけれど、道駅では、1,5割引だそうです。でも、残念ながら、「道の駅 許田」だけという事が、足を運んでわかり、ミニFMの放送を見学してアウトレットに戻りました。
「仕方ないから、アウトレットに行こうね。」
そう、息子を観念させたつもりだったけれど、
彼は、自分のお小遣いで「ワンピースのトランプ」を買うと、
もう、買い物する場所はうんざり・・という事になり、
帰りのシャトルバスの予約を変更して、早々に空港に戻りました。
あとは、夫が到着するまで、ひたすら、「空港内美ら海水槽」を眺めて、時間をやりすごし、
途中で、私の食べたいものリストの「A&W 」で、おやつを食べました。

夫の到着は、3時すぎ。
事前に、メールで、
「到着口Aは、団体の迎えで混んでいるから、Bの方の魚の水槽のところで待っている」
と、伝えたものの、
飛行機には、息子が生まれる前の家族3人で「フロリダ」に行ったきりで、
しかも、そのアトランタ乗り換え長時間フライトの後、
「俺は、もう飛行機は乗りたくない」宣言をしたため、10年以上、飛行機に乗っていない夫が、
しかも、生まれてはじめて、一人で飛行機に乗ってくるのです。
こどもが一人で飛行機に乗るシステムの「らく乗り」を使わせてもらいたいくらいの気持ちで、
念のために、息子を到着口Bに、私は、予感がしてAで待ってみました。

案の定、夫はAから現れ、息子は、それを察して、
自分からBからAに、私が預けたスーツケースもあわせて、2個を引きづりながら、
「父ちゃん〜〜、久しぶり〜〜」
と、やってきました。
息子は、Bの人の流れが途切れたので、これは、Aに違いない、と判断したそうです。

旅のDNAは、しっかり受け継がれつつあるようで、親バカでした。

家族3人が合流して、レンタカーを借り出し、そのまま高速で北部まで2時間のドライブ。
途中、道の駅「許田」で、美ら海水族館のチケットを無事に購入。
道の駅「許田」は、静岡の「魚センター」のような雰囲気です。
屋台のようなオープンな飲食店が、軒並み並んで売っている〜〜、みたいな昭和な雰囲気でした。

そして、楽天ネットで見つけた「最安値」の美ら海水族館に近いホテル、
「ベルモア東洋」。

私の動く、洗面セットも、スタンバイ、かけるだけ。
1311980337840.jpg

ここのホテルは、レストランがない素泊まり宿なので、
再び、車で食事にでかけました。
ちょうど、海に夕日が沈む時間、海岸ドライブができて・・・。
夫は、とてもまぶしかったそうです。

日課にしている、娘への長電話をして、就寝の、
移動だけの一日でした。

|

« 暇な時間に「パワーバランス」について考える | トップページ | 沖縄旅行 これでもか篇 »

子連れ旅行(水族館)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄 移動日:

« 暇な時間に「パワーバランス」について考える | トップページ | 沖縄旅行 これでもか篇 »