« でんでらコンサート | トップページ | 放射線測定器はかるくん »

この時期のぐずりについて

在園の皆さんには、臨時に、以下のような文面と、現在、園で流行っている感染症についてのお便りをだしました。
次年度に入園をお考えの方や、小さいお子さんをお持ちの方むけに、
この時期に気をつけたい、「こどものぐずり」の参考になればと思い、転記いたします。
午後のぐずりついては、新入園児の頃の「ママに会いたい」といった理由から、熱中症の疑いのあるものや、疲労をうまく表現できない場合もあります。前年度に、暑い夏に元気に遊んだ経験のあるコドモは、汗腺も発達し、汗をかく、水分を補給するサイクルができているので、大丈夫なのですが、生まれてから、ずっとクーラーに頼っていた子は、暑さに免疫がなく、他の子よりも、疲労が高くなります。ご家庭を連絡をとりながら、暑さにまけない元気な身体を応援していきたいと思っています。

**********************************


☆暑さが厳しくなりましたので、熱中症の予防のため、任意で持参している水筒の中にイオン水などをお持たせいただいても構いません。弁当に保冷剤を入れる場合は、必ず記名して自己管理ができるようにしてください。(落とし物が多数でています。)また、年少児は、弁当袋(保冷目的)を別持ちにしての登園は、転倒防止のためにお控え下さい。市販品の首巻き保冷帯は、首しめの事故に繋がるために、使用はご遠慮いただきたくおねがいします。園では、クラスの様子をみて、予定日以外でもプールや水遊びなどの環境設定をし、対策を考えていますが、様子をみて、熱中症の初期症状の疑いがある場合には、家庭連絡の上、引き取りをおねがいする事があります。

☆朝からぐずりがある、発疹があるなど、気になる事や、登園の判断を迷う事がありましたら、直接登園せずに、まずは電話でご相談下さい。せっかく登園する気持ちできたのに、シールさえ貼れずに帰る事は、こどもにとっても残念な気持ちがするものです。現在、感染の可能性のある事柄などを、ご助言させていただきたく存じます。

☆現在、園では、放射能測定器「はかる君」を行政を通さずに、独自で申し込みをしております。詳しい事は、後日お知らせいたしますが、引き続き、外遊び後のうがい、手洗いなどを今後とも徹底させていくつもりです。

☆プールの後などは特に、お弁当後の外遊びが終わった2時からの時間は、怪我やケンカも起き易く、ぐずりの多い時間になっています。「泣いたからお迎えをお願いする」のではなく、我慢でつらい経験をする事で明日の登園の意欲がなくなったり、「幼稚園が嫌」という事にならない事を願って、ご家庭に相談をする事があります。前日の様子や、朝の体調などを伺った上で、その後の保育が難しい場合には、早めの降園をおすすめする事もあります。ただ、その状況は、他の子から観て「泣いたからお迎え」と映るかもしれませんし、お子様にとっても、もうその頃には、疲労や不調がピークに達してしまう場合があるようです。朝の登園時の担任の視診の折り、その時々に応じた対応を、ご家庭とご一緒に提案させていただきたく、お願い申し上げます。

                    
                    

|

« でんでらコンサート | トップページ | 放射線測定器はかるくん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この時期のぐずりについて:

« でんでらコンサート | トップページ | 放射線測定器はかるくん »