« 新潟公演の動画アップしました。 | トップページ | デマ情報 »

こどもの城「ガドガド」ライブ後記

5月4日(水)の初日に行ってきました。

ANA協賛 こどもの城 ガドガドライヴ!

山本 誠(b) 坂口 勝(vo) 福沢達郎(key) 松本則之(g) 渡辺 亮(per) 小澤敏也(per)

青山 こどもの城 4F 音楽ロビー
http://www.kodomono-shiro.jp/index.shtml

二日とも 11:30~  14:30~  16:00~ の三公演
提供 全日空

こどもの城 
(入館料 ◇ こども(3歳以上18歳未満)400円/おとな500円 )


Cimg2460

それぞれが凄腕ミュージシャンなので、このメンバーが揃う事自体が見応えがある!
と、いうのは、それぞれをよく知っているマニアックな感想なのですよね。

会場を見渡してみると、
お子様連れのパパさん、ママさんは、20〜30代が中心。

まだ30代なのは、ボーカルのマーボ君だけで、
後のメンバーは、兄貴分のパーカッション亮さんを除いて、みんながつるさんの同級生。
世代がずいぶんと開いてしまっているのですが、
そこはそこで新たなつっこみどころが満載です。

例えば、写真の「つるさん&亮さんの打楽器紹介コーナー」では、
アフリカのトーキングドラム「ターマ」で、二人がお話をするというものがあるのですが、
そこで、亮さんが、
「ボバンババンボン ボンババンボバン」
と、「狼少年ケン」のフレーズを密かに出しているのですが、
「知らねぇよ」
と、場内の45歳以上くらいの方々からつっこみが!

こすって音を出す「ギロ」の仲間の「ヘコヘコ」に似た楽器では、
「魚雷」というコトバ。
今の子供は、やっぱり知らないかもですね。(笑)


公演の合間のお昼休憩での事です。
アトリウムという一般のお客様も利用する持ち込みのお弁当を食べるスペースで、
つるさんと私で昼食をとっていると、
3年生くらいの男の子が、やってきました。

「ガドガドに出ていたお兄さんでしょ。」
「そうだよ。」
「今年は、スプーンの曲はやらなかったの?」
「今回はやらないから、持ってきてないんだよ。」
「じゃ、来年やってください。」
「うん、じゃ、リクエストがでましたと、みんなにいっておくね。」

こどもの城には、GW特集のいろんなイベントが目白おしなのですが、
3公演、全部みていってくれたファンの子もいたようです。

ピアノのたっちゃんは、今回はヒマワリのサングラスを小道具にしていたのですが、
その状況に自分も周りも慣れて演奏に差し支えがないように、
なんと!リハーサルからヒマワリ眼鏡をかけていたそうです。

面白くて、いろんな楽器の不思議を紹介してくれる素晴らしい内容で、
私も自分のリトミックや、園の行事に役立ちそうなエッセンスをたくさん吸収してきました。

つるさんのホームページに元気な鯉のぼりも掲載されていますので、そちらもぜひご覧ください。

|

« 新潟公演の動画アップしました。 | トップページ | デマ情報 »

ぺとら&外部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こどもの城「ガドガド」ライブ後記:

« 新潟公演の動画アップしました。 | トップページ | デマ情報 »