« 仕方ない、ひとりで帰るか。 | トップページ | 抹茶ロール »

オトナリトミック

37AB4640-8CA4-4CA3-9079-D8E1AB37AFA1
C22B0C1E-D4BB-49F0-A8B0-A418D8B7607E
85A7A36A-ACD0-4B32-9B11-2A57EDB7E6E1

4/26は、「マンマ劇団 げきっ☆チャオ」の主催による「オトナリトミック」でした。
表現の幅をひろげるいろんな事を実践している会です。
最初に、ピアニスト、ガムラン奏者でいろんな民族楽器の達人である「福澤達郎」(たっちゃん)による「カリンバ講座」。
実際に曲を聴いた後に、床に寝転んでの音響効果を試しました。
床全体がスピーカーになったような感じ。
不思議な体験でした。
覗き見していた在園児たち。
年中、長児は、先日のリトミックで、この楽器の紹介を私がしていて、
「こんど、まり先生よりずっとこの楽器が上手な人が来るんだよ。」
と、予告していたので、
ちゃんとわかっているオーラをだしつつ、覗いていたようでした。

まず、最初は、ミニコンサートです。
今回のぺとら新潟公演の演目から、ほんの数曲です。

1「おしゃべりしようよ」(達郎作曲)
参加者の皆さんの名前を、つるさんがアフリカのトーキングドラム「ターマ」で、
たっちゃんが、ピアノで表現してくれました。このたっちゃんのピアノ技は「巨匠」と言われているというのを体験していただきましたね。

2「スプーンアレグロ」(まり作曲)
ご家庭にあるスプーンをカスタネットのように鳴らすもので、小学校公演などで大変好評な演目です。参加者の方にも、実践を体験していただきました。効果音でたっちゃんが叩いていたのは、インドネシアの竹琴のジョゲットブンブンです。

3「ドレミ」(達郎作曲)
ドレミだけで構成されている壮大な大曲です。
つるさんが、担当したのは、「チゲ鍋」「水の入ったイイチコ瓶」「タンボリン」。
私が担当したのは、「水の入ったサイダー瓶」「お茶碗」でした。
参加者の方にとって、
私が必死にやっているところが、面白かったんじゃないかなぁ?
いつも、役職として「先生のお話」をしているところしか見た事ない方にとっては、
かなり素だったかもですね。
演奏は楽しいです。夢中になります。

4「長い髪サーカス少女」(まり作曲)
絵を描いてくださっっている「きょん」さんのご紹介もしました。
うちの幼稚園での中で生まれている作品もあるくらい、私の作品は、日常に子供達と接している事がエネルギー源になっています。
つるさんが叩いていた太鼓は、ブラジルの大太鼓の「サブンバ」です。サーカスっぽい曲の時には、いつも登場させてくれるノスタルジーな音色でしたね。
巨匠たっちゃんのピアノ、いつも聴き惚れてしまいます。
内輪の話ですが、つるさんは、この曲が気に入っていて、自分でiPodに録音したものを時々、車で聴いているそうです。親子イベントでは、大きなスクリーンに映画のように映し出して上演しました。
youtubeにも出しています。

5「プレイバルーン」
たっちゃんのピアノと、つるさんのブラジルの大太鼓「アウファイア」での合奏という、豪華な演奏つきは、幼稚園のリトミックではできない事なので、ぜひ実現させたかったのです。
ぺとらで近藤さんがいらっしゃる時には、バグパイプで身体が自然に動くような感じにもなります。
こちらも、いつか体験していただける機会があるといいですね。


今回は、演奏側の都合があり、午前開催ができなかった事、園生活がなれた6月以降に予定できなかった事を申し訳なく思っています。
まだ、慣らし保育中で早く帰るために参加できなかった方がいらしたようです。
でも、私としては、このメンバー二人が、「新潟公演のリハーサルのついで」という状況で、
園からのギャランティなしでこのようなボランティアをしてくださる機会を逃したくなかったのです。

全ての方に機会があるわけではないけれど、
条件にマッチした数人でもいいから、
ラッキーチャンスを活かしたかったです。

この主旨に、げきっちゃおのメンバーが共感してくれたこと。
いつも、私の活動を応援してくださっている事に感謝をしています。

げきっちゃおのメンバーが、このオトナリトミックを体験した事が、
3月のおひなまつりに表現の実となる事を願っています。


最後の質問コーナーにて、
たっちゃんが、深〜い鉄道の話をしてくれましたね。
つるさんも、いつもあんな感じです。

昨日はいなかったバグパイプのきんど〜さんを含め、
ぺとらのメンバーの事をいつも私が、
「兄さん」と呼ぶ理由が、ご理解いただけたと思います。

人間はひとりでは生きてはいけません。
人と協力していく事を、私は音楽を通して学びました。

こどもたちや、幼稚園を見守る保護者の方々にも、
まり先生はひとりでない事をこれからもいろんな形で発信していく事を続けていこうと思います。

つるさんのジェンベでのリトミックも、
いつかやりましょうね。
昨年の続きですものね。(目 キラリン!)

|

« 仕方ない、ひとりで帰るか。 | トップページ | 抹茶ロール »

リトミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オトナリトミック:

« 仕方ない、ひとりで帰るか。 | トップページ | 抹茶ロール »