« 「旋律は笑う」ぺとらの新世界研修 | トップページ | 新年度始動 »

八景島シーパラ

DA17F082-AF09-48DB-AE6E-66418EFFE2B3

うちの息子は、魚が好き。
水族館が大好き。
将来の夢は、水族館関係なのですが、
「アクアマリンふくしま」の今回の事故には、胸を痛めておりました。
僅かに生存して、「鴨川シーワールド」に疎開した魚類があれば、
一目会いたいと思っているようです。

池袋のサンシャイン水族館は、休館中のなか、
この度のことで、井の頭水族園など都立の施設は全て休館してしまったため、
テレビで八景島がオープンしていると情報を得て、
いてもたってもいられなかったそうです。

テレビのニュースを受動的にみるだけで、
なんだかストレスがたまっていた息子は、
「ネパールの水力発電」の事ばかり口に出すようになっており、
なんだかSOSを感じていました。

セラピーのために、
電車を乗り継ぎ、
母ひとりで、息子を連れて八景島まで。

余震の心配もあり、
もうひとりのこどもを家においての外出は気がひけましたが、
何事もなく、
息子にとっては、彼の平常を取り戻せたようです。

彼は彼なりに、
水族館の生物が死ななくてもすむような未来をつくるためにはどうしたら良いのか?

いっしょうけんめい考えていた事がわかりました。

ネパール、ネパールとうわごとのように言っていたのも、
停電になっても魚が死ななくても済むようなシステム、
停電にならない社会、
水力発電などエコなエネルギーの推進・・・

こどもは、言葉が足りないし、
表現が拙いから、
一緒に行動してはじめてわかる感情もあります。

これから新学期がはじまって、
園児のみんなの気持ちにも耳を傾けていかねばと思っているところです。

頑張ろうだけではないですものね。

 

|

« 「旋律は笑う」ぺとらの新世界研修 | トップページ | 新年度始動 »

子連れ旅行(水族館)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八景島シーパラ:

« 「旋律は笑う」ぺとらの新世界研修 | トップページ | 新年度始動 »