« 下北沢親子イベント | トップページ | 八景島シーパラ »

「旋律は笑う」ぺとらの新世界研修

82782767-1793-4077-A2F4-A38939E452F8

「ぺとら」のメンバーと一緒に、下北沢のライブの打ち上げとして、
「喜劇映画研究会」の無声映画の上映と、ミュージシャンの演奏のコラボのイベントにいってきました。

311以後、初めて六本木、華の都の中心に行ったという感じです。
JRの中央線のエスカレーターは、今、全て節電のために停止していますが、
さすがに六本木は東京の顔なのでしょう。
地下鉄へのアクセスは、全て動いている事に、多摩地区在住のメンバーはそろって感動。

会場の「新世界」は、オーケストラピットのような空間があったりと、「音楽実験室」というタイトルどおり面白い空間でした。

今回の催しでは、パーカッショニストの渡辺 亮さんが出演していました。つるさんにとっては、兄ような存在。私も、こどもの城時代にはお世話になりましたし、中学生の頃からの憧れのお兄さんでもあります。

きんど〜さんは、「喜劇映画研究会」には、演奏の楽師として参加した事もある経験者。いろんな角度できっとご覧になったのでしょう。

帰りに3人で車の中でも話題はつきませんでした。
バンマスの谷川賢作さんのリーダーシップ、しきりぶりに感服したこと。
バイオリンの太田 惠資さんの即興対応能力、素晴らしかった。

こんなに話す事が尽きない仲間がいるって、幸せだなぁ、と、思いつつ、
私は、きんど〜、つる両兄の会話を聞きつつ、爆睡。

良い夕べでした。

日時】2011年 3月27日(日)18:00開演(2ステージ)

【会場】音楽実験室 新世界

【企画】喜劇映画研究会

【主催】有限会社アダン

【出演】谷川賢作とSonorizzano

    谷川賢作(ピアノ)、太田惠資(ヴァイオリン)、

    桑原滝弥(ヴォイス・パフォーマンス)、

    渡辺亮(パーカッション)

【上映作品】「無声映画特選ギャグ集」2011

      「ローレル&ハーディのリバティ」1929

      「キートンの船長さん」2005

      「ちびっ子ギャングの突貫ガラクタ列車」1924

|

« 下北沢親子イベント | トップページ | 八景島シーパラ »

エンタメ」カテゴリの記事

ぺとら&外部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「旋律は笑う」ぺとらの新世界研修:

« 下北沢親子イベント | トップページ | 八景島シーパラ »