« 2011年3月17日 | トップページ | 3/27親子イベント決行です。 »

2011年3月19日修了式

A71A8D46-51EF-41BC-A177-17D65C0282B3

ちゃんとできましたよ。
修了式も謝恩会も。

前晩に計画停電が中止という事がわかりましたけれど、
それにかかわらず、電気がこなくてもやるためのBGMも充電式で用意をしていました。

電気はきていたけれども、
時節柄、マイクは式中はなしにして、謝恩会のみ使用しました。
電気もセッティング中は消してこまめに節電。

こどもたちも、今は節電が身に付いているらしく、
年中、年少さんがホールで開式を待っている間、
これからすわ修了児として、入場に向かう中、
「あれ、○組さん、誰もいないのに電気ついてる」
と、話しながらきてくれたそうです。

式中は、これまでの練習のようにできましたが、途中3日間、希望者のみの自由登園中は練習ができなかったし、昨日は休園だったので、ときどきの「あれっ?」があったのですが、これがこどもたちがこどもなりにつつがなく対処してくれたのが、「賢い!」と、感動したので、黙っていればわからないのですが、あえてカミングアウトしますね。

実は、記念品の授与のパートでは、本来は、ハリボテのニセものを用意して、お盆にリボンをかけたものを用意するのですが、準備を失念してしまっていました。それで、式中にあわてて、こどもたちが実際に持って帰る本物の記念品を式中にこどもたちに渡したのです。
今までの練習では、ハリボテのものに似せたそれまたのニセモノを使用していました。
私は、式中に走って保育室から係の子の分の風呂敷3つを用意したし、壇上のウリ先生に目で合図をしたので、これで係の子は自分の風呂敷を受け取れば良いと思っていました。
でも、壇上では、理事長先生は、係の子に、自分のではない風呂敷を渡してしまいました。
最初の係の子は、ふと、
「違う」と思ったように感じましたが、
式中の空気を感じてそのまま受け取ってくれました。他の二人もそれに続きました。
修了式では、無駄な会話をせず、粛々と進むものという事を優先し、
自分の判断で、
理事長先生の間違いを指摘せずに、すみやかに静かに段から降り、席に戻りました。

賢い!なんて、わかっているんだ!
まり先生、心の中で号泣。

その後、精勤賞、皆勤賞の表彰では、年齢的に年少さんのみ、練習は2回しか参加していないので、できる範囲ということで、練習によって受け取り方、戻り方を覚えさせるのではなく、その場で指示をする事にしているのですが、今年は場の空気が違ったんですね。
年少の精勤賞の二人、なぜか、先生達の指示ではなく、自分の判断で、
「こんな場にふさわしい、なんとなく自分で判断した動き」
を、してくれました。
誰か先生の顔を見てくれさえすれば、指示を目で出せるのですが、
「私が自分で決めます」オーラで、目もあわさず、でも、静かにりっぱにやりとげました。

それをみていた年長、年中、間違いを指摘する事なく、
みんなで見守っていました。
みんなで静寂を守りました。

こんな空気の読める良い子の幼稚園児がいるでしょうか?
うちの子たち、本当に素晴らしいです。

式中は、こんな時期だからなのか、一通の祝電もなかったので、
私が用意した「谷川俊太郎」さんの詩を朗読しました。
送り出しの曲は、例年「ショパンの別れの曲」なのですが、今年は「困難に打ち勝つ」というメッセージをこめて、映画「サウンドオブミュージック」の中の「すべての山に昇れ」という曲を弾きました。情景として、ナチスから逃れたトラップ一家が、山を昇って国外へ向かうのですが、7人兄弟が手をたずさえて、大きい子が小さい子を助けながら、一歩ずつ進んでいくというものです。

地震の最中、私たちと園児は、全員で園庭の真ん中で身を寄せ合って、揺れに耐えました。
学年関係なく、みんなでひとつの岩のように、固まっていました。
この情景が、私の中では、この音楽と一致したのです。
終わらない山はないのです。
昇ればいつかは、終わる。
今、大変だけれどがんばろう!

年長さんは、もう幼稚園から離れてしまうけれど、
それぞれの山を昇ってほしいという願いをこめて、
今年は、旅立ちのイメージではなく、
「昇れ!」という念をこめました。

謝恩会では、サプライズで、
ママたちへ、
「お弁当今までつくってくれてありがとう」のサンキューカードの授与式を行いました。
例年は、最後のお弁当の日に、空のお弁当箱をあけるとさりげなく入っている手書きのカードです。
今年は、ひとりひとりが、心をこめて、お母さんに手渡しをできるように、
しつこく、しつこく説明をしてから、実際にママのところに向かいました。
年長児が考える、心いっぱいの気持ちのこめての渡し方に泣けました。
だって、ちょっとそれは王子様のようで、ひざまずく子もいて、
ママたちは、抱きしめて泣いていました。

最後に、先生たちが壇上に並ぶと、
こどもたちにも、
「これが先生たちの見納め」
と、わかったようで、ここで、ほとんどの子が泣きました。

その姿をみて、私たちも泣きました。
謝恩会を開いてくれて、ありがとうございました。
一生忘れられない会になりました。


砂場 ブランコ さようなら
さようなら 
さようなら
さようなら

|

« 2011年3月17日 | トップページ | 3/27親子イベント決行です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

感激!!!
お弁当ありがとカード、良かったです。
素敵な謝恩会になったんですね☆

さくらさん、さくらのママさん、
本当に卒園おめでとうございます☆

みんなと園で会えなくなるのはとっても寂しいけど、
「離れる」気はしません。
これからもよろしくね♪♪♪

投稿: きょん | 2011年3月20日 (日) 11時50分

無事に卒園できました!
見送ってくださった年少、年中のお友達、保護者の皆さん、先生方、ありがとうございました。小学校に行っても不安はありますが、幼稚園で培った経験を元に、みんな頑張れると思います。
DVDの上映はなくなりましたが、その分作品は長く作りました。年少時から撮ってきた写真をたくさんいれました。
DVDの焼ミスがあったらしく、不具合がある方は申し出てください。スミマセン(汗

まり先生の代わりに写真を撮る事もなくなりました。けど、これからは卒園児保護者としてまり先生をサポートして行きたいと思います。くるくるレインボー、業者として働くので発注してくださいねw
これからは、私は学校での作業が増えます。帰り道に幼稚園をのぞく事しかできませんが、園児の元気いっぱいの遊んでいる姿を見て、私も元気がもらえそうです。

toきょんさん
ありがとう!
いよいよ4月から年長さんだね。今後、停電やらなんやらで、不安があると思うけど、新しく年少さんで入園してくるお友達の面倒をヨロシクお願いします。
1年後小学校で待ってます♪

投稿: yumita | 2011年3月23日 (水) 23時02分

きょんさん、yumitaさん
修了式、こんな時期でしたけれど、
無事に終わってほっとしています。
式中に、余震もなく、断水もしてなく、停電もなかった。
想定していた、心配な事が全てナッシング。
ほっとして、ふぬけ状態です。
でも、次年度からのこと。
停電と上手につきあって、
水道水も飲まないですむような体制、
どうやったら、節電と幼稚園が両立するか?
一事業所として、街を歩きながら考えているところです。

yumitaさん、卒園しても、よろしくおねがいしますね。

投稿: まり | 2011年3月24日 (木) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年3月19日修了式:

« 2011年3月17日 | トップページ | 3/27親子イベント決行です。 »