« 2011年3月16日 | トップページ | 2011年3月19日修了式 »

2011年3月17日

さてさて、今この原稿を書いているのは、計画停電の15:50くらいです。
今日も午前中、幼稚園をあけていました。
出勤すると、今度は東京都からの通達があり、「次週からの公立学校の対応について周知のおねがい」というのがあり、表になっているものをメールのテキストに直して役員さんに一斉送信しました。年少さんは、そのまま、年中、長は、役員さんが手を加えたものがでていますが、どちらにせよ、該当のご家庭には所属する学校からプリントがでると思います。(本日配布はなかったですが)今、知っておいた方が良いのは、計画停電の影響で、なんとなくお弁当持参の日や、午後登校の日があるかも?という事ですね。園の年長組の保育室のところに掲示してありますし、各クラス役員さんのところには、コピーをおわたししていて質問にも答えてくださるそうです。情報はこれまでの経験だと変わっていく可能性がありますので、今後の情報にご注意ください。

3日連続で開催した「自由登園」は、本日が最終日。
ママたちの声では、これに参加してしまうと、スーパーの開店行列に参加しての買い出しができない。(9〜11時に実施)という中、3日間の皆勤賞の親子さんもいて、幼稚園にくるとこどもが元気になる!という事を優先してメンタルケアの大事さを共感しました。
「笑う門には福きたる!」
と、今日もたくさん笑いました。

昨日の停電中、私は、「シルクドソレイユ」のクラウンのマニアックなDVDを鑑賞していたのですが、ヨーロッパでは、道化や笑うという事は、神聖な儀式の前に、心をひとつにし、集中する前の大事な過程だったそうです。「笑う」それも、「みんなで笑いを共有する」という事が大事なのだなぁ、とタイムリーに思っていました。

「笑う」だけではなく、同じ体験をした同志の交流も大事です。今日は、「昨日の停電」をテーマに、こどもの目から、大人からと双方の意見交換をしました。コドモは総じて、「面白かった」「懐中電灯ちゃんと使えた」のような大きな使命を果たし終わった壮快な意見が多かったです。(でも、これは停電が怖くてダメージがあって登園できなかった子を除いているというデータ)
「停電中何してた?」
には、「トランプ」「DS」の他、「お人形さん遊び」というものもあり、私の心も打たれました。なんと、ファンタジーな!私も少女だったら、ぜひ、スポットライトに照らしたお人形と会話をしてみたいです。

大人たちからは、生活の智慧を拝借。昨日の夜停電の過ごし方をいくつか紹介してもらいました。
「外に出て星空観察」「寒いので足踏み昇降器で身体を動かす」
主婦の先輩、ウミ子先生は、キャンプ用の銀マットに湯たんぽをいれて簡易炬燵で暖をとったとナイスなアイディアを披露してくれました。
これ、今、早速マネをしていますが、快適です。

今日の停電は、ちょうど夕飯の仕度をしたい時間にかかっているので、皆さんも大変ですね。
時間帯によって、停電の過ごし方も違うので、それぞれ経験してみないとわからないなぁ、と思っています。
ネットでみた情報で、ペットボトルに懐中電灯をあてると、より光が拡散して明るい、というのも、次には試してみたいなぁ。

ネットの情報でも、イベントの自粛や、それとは反対に「できることはやる」という主旨の声明文、また、それに対しての「不謹慎論」なんか情報が交錯しているなぁ、という感じです。

私が楽しみにしていたロバハウスでの「おおたか静流」さんの「でんでらコンサート」は、延期になってしまいました。

例えば、電力を節約しようという世の中で、パチンコ屋さんが営業していて、それを「不謹慎」という意見があったとします。でも、経済は動かしていかないと、パチンコ屋さんにも生活をしていかないといけないという気持ちもあるという意見もある。

ネットで、無記名で意見を垂れ流している世の中だから、「メンタルセミナー」とか、気持ちが落ち込んでいる時を狙ったような誘いも見かけます。テレビでも、ワイドショー的に、惨事を報道していたりするところもあるので、目を覆いたくなります。私はラジオか、TVKでムーミン、R45洋楽なんかを見ています。

こんな記述をみかけました。
不謹慎論者へ RT 今日被災者に電話インタビューした。家を無くした40代の女性が言った。「私達は他人の幸せや喜びをねたむほど落ちぶれてはいない。皆さんどうぞ我慢せず楽しい時は笑い嬉しい時は喜んでください。私達も一日も早く皆さんに追いつきます」俺は涙をこらえ笑顔でエールを送ったtkpitter

また、「みんなで外食をして経済を動かそう!」というのもありました。仕事に行きたくても行けない状況からの収入減とか、いろんな問題もでてきそうだけれども、さっき覗いたセブンイレブンに元気に並んでいるおにぎりからも、そんなメッセージがあるようで、思わず買ってしまいそうになりました。(今日はもう用意してしまったんだ、また今度ねおにぎりよ)

夜、停電が終わったら、今日は、ユーストリーム番組を見る予定です。
ひとつは、毎週木曜日に視聴をしている「YUKKIYのモダンチャンネル」。紙芝居仲間のピアニストの岡野勇仁さんが、音楽監督をやっている番組です。収録を公開しているのですが、それも今晩は、「歩いてこられる方限定」としているようでした。みんな、一生懸命考えているんだなぁ。

考えていると言えば、こちらも今だからこそ、一緒の時間を共有したいと思いました。
wonosatoru
  再告知】この非常事態下、20:00から西麻布新世界にて演奏会『ヲノサトル・ムードコア・エクスペリエンス』開催いたします。主旨は以下のブログに書きました。 http://bit.ly/g73oB5
なお、この演奏会は20:00から次のチャネルでUST生中継の予定です。 http://bit.ly/g1Ze7k

こちらもブログを拝見したのですが、自分のこどもをベビーシッターに預けてまで本番をして、その最中に大きな地震があったら?などの葛藤がつぶさに記録されていました。

私も、3/11以来、たくさんの細かい決断をしてきました。保育時間は?通達は?職員の通勤確保は?コドモのメンタルケアのための遊びの場を確保したい。でも、それは、私の自己満足ではないのか?職員は、食料を確保できているのか?
だからこそ、このひとつひとつの葛藤に目を通した時に、震えました。人間は考える生き物なんだから、間違っていたとしても、一生懸命考えればいいや。と、今は、思っています。

3日間の自由登園に参加してくれた親子さんからは、
「発電所でどうやって電気をつくるのか?」という私がした話が、後で家族で膨らんだという嬉しい意見を頂戴しました。

私にできること。
きっと、いろんなオトナの事を、コドモの言葉に翻訳すること。
なのかもしれないです。

子供達も、知っていればパニックにならない事もあるのかもしれませんね。

保育人生22年になりますが、もちろん、こんな経験初めてです。
この三日間のうちの自由登園にきてくださった方。
こられなかったけれど、ブログを通じて、園の雰囲気を感じてくださった方、
ありがとうございました。

明日は、修了式前日のため、職員それぞれ、当日を全力投球するために休園させていただきます。
私も、明日は開店と同時にスーパーに並んでみようかな?
もうそろそろ、状態がよくなっている事を祈ります。

みなさんも、一緒にがんばりましょうね!(握手)


|

« 2011年3月16日 | トップページ | 2011年3月19日修了式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

幼稚園の後、某飲食店に勤めている私は11時半から仕事でした。
開店と同時に17名の予約のお客様がご来店して大忙しでした。
計画停電の為、停電中は営業を停止しています。その分、店の利益も減り、時給のパートで仕事をする主婦達も収入が減ります。
そんな中、みんなで同じご飯を一緒に食べて、笑って、さらに経済効果UP!とてもすばらしいと思います。

さて、息子ですが・・・。自由登園は3日間休まずに元気に登園できました。
これで、正真正銘3年皆勤になりました。
私自身、仕事を始めて子供にとって寂しい想いをさせてしまったかもしれません。
でも、幼稚園は楽しい!と毎日頑張って行っていました。
これからは、小学校。幼稚園の前を通る時は、大きな声で「せんせー!」と呼んで手を振ってくれると思います。
いよいよ明後日は卒園式。思いっきり泣くぞ~!!!

投稿: yumita | 2011年3月17日 (木) 23時01分

yumitaさん
修了式、謝恩会。
無事に終わりましたね。
自由登園も全参加。
立派な3年皆勤です。

園児との別れの日でもあるけれど、
そのファミリーとの別れでもあるんですね。

これからも、ブログで応援してくださいね。
バザーでは、作品を買えるといいな。
クルクルレイン棒も、
いつか機会があったら業者としてお願いするかもです。

いままで、
ありがとう!

投稿: まり | 2011年3月20日 (日) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年3月17日:

« 2011年3月16日 | トップページ | 2011年3月19日修了式 »