« おおたか静流「庭の千草」 | トップページ | 雪の幼稚園 »

宇宙爆発楽団!「光のパレード」

COSMIC EXPLOSION ORCHESTRA

まり先生の「紙芝居ing 」の仲間たち、
宇宙爆発楽団のクローズLIVEに潜入してきました。

今日は、平日だけれども、幼稚園の「作品展」の代休で、
れいしうさん直々のお誘いもあり、
「長編紙芝居」を観るのに絶好のチャンスだったので、
入谷の公共施設に足を運びました。

主催は、地域の婦人会のようでした。

れいしうさんが、
「トモダチです。」
と、会の方にご紹介くださったノリで、
楽屋コーナーにて、コウヂさん、松っちゃんと近況報告。

紙芝居といっても、
約1時間の長編です。

コウヂさんの前説。
すごい上手。
ターゲットの年齢、ドンピシャリでとっても勉強になりました。

お客様は、皆さん浅草地域に長く住んでいて、
紙芝居のテーマでもある「東京大空襲」の経験もある方が多い。
もともと、戦争体験のヒアリングから生まれた紙芝居なのだけれど、
それを更に皆さんからの体験談も伺って、
広めたいという主旨に皆さんの熱気は広がった様子でした。

現に私の前の席のマダムは、
紙芝居が始まる前から、もうアンケートに記入を初めていらっしゃいました。

紙芝居は、絵師の松っちゃんが自らめくり、
ストーリーテーリングは、スズキスズさん。(何故がマイケルを彷彿させるファッションできめていたぞ)、
楽師のコウヂさんは、ハング、ジェンベ、チベタンボウル、倍音、口琴・・・、いろんなモノの演奏担当。
黒幕担当というご紹介のれいしうさんは、飛行機の飛ぶ音などの効果音などを地味だけれども、とても楽しそうに演じていました。スーパーだ。

休憩時間は、健康体操。(勝手に命名)
こうゆうところも、実に、上手いなぁ。
ターゲットにドンピシャ。

なので、
終演しての質問コーナーでは、
コウヂさんの楽器の紹介や、
衣装の秘密などもくりひろげられ、
コウヂさんが言うところの、
「褒められて伸びる」要素がたくさんの賞賛がありました。

初代ピアノ屋岡野勇仁さんの鍵盤演奏も観られると思って出かけたのですが、
今回は欠番のようでした。

「いまどきの紙芝居ing」で、一緒のステージをつくった仲間たち。


れいしうさんは、シュトカプーとして。
コウヂさんは、スズ&コウヂ。
岡野勇仁さんは、紙芝居モダン。
スズキスズさんは、紙芝居師ソロ。
松原理恵子さんは食担当。

みんなそれぞれ、別のグループだったり担当だったりしたところが、
今は、ひとつのグループになったのだね。

宇宙で爆発した瞬間を観てはいないのだけれども、
ちょっとだけ立ち会ったような感覚で、
興味深く、拝見させていただきました。

勉強になったなぁ。

「ぺとら」もがんばらにゃ。

|

« おおたか静流「庭の千草」 | トップページ | 雪の幼稚園 »

エンタメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙爆発楽団!「光のパレード」:

« おおたか静流「庭の千草」 | トップページ | 雪の幼稚園 »