« 楽団「ぺとら」の野外活動 | トップページ | お相撲の練習 »

あけましておめでとうございます2011

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいいたします。

在園の方へ。
今年もどうぞよろしくおねがいいたします。
早速、作品展の宿題の事ですが、
取りかかっているご家庭もあると思うのですが、
題材のうち、「自由」というのは、意図がずれてしまって難しいと作家さんからのアドバイスがあり、
見直そうと思っているところです。
他の4点の題材でピンとこない方は、締め切りはまだまだ先なので、
ご相談させてくださいませ。

卒園された方からも、
次年度入園された方からも、
多数の年賀状をいただきました。
ありがとうございます。

退職された先生方とも、
一年に一度、お子様の成長などを賀状を通じて知る事ができて、
なんだか親戚のおばちゃんとして、
嬉しい感触もあります。

さて、写真は、冬休みの我が家の母子旅行のスナップ。

Img_0637


Img_0638_3

今年の息子のサンタさんのプレゼントが、「リュックサック」だったため、
「バックパッカー」のような体験がしたいという事になり、
急遽、浅草に一泊だけ、
「泊まる」事だけをしにいってきました。

ホテルにチェックイン。
最後に3人で旅行した時は、沖縄でアパートみたいなゲストハウスだったので、
「ママ、今度はちゃんとエレベーターがあるホテルに泊まれて良かったね。」
と、余計な会話をベルボーイさんに聞かれてしまう。

しばしホテルライフを満喫。
こどもがいる人はわかると思うけれど、
まぁ、トランポリンです。

休憩後、
陽が落ちる前に、「神谷バー」へ行きましょう。
大人の社交場の夜に、コドモ連れでいっては迷惑だからね。
と、思ったら、午後四時半にて、すでに大人の方で満杯、タバコの煙ムンムン。

「でもね。こうやって、入り口で食券を買ってテーブルに持ってきてくれる食堂は、昔はどこのデパートでも当たり前にあったんだよ。」
電卓みたいなオーダー機しかしらないコドモたちは、こういったアナログ的な対応を全くしらない。
電気を使わなくても、こうゆう頭の良いシステムを使えば、間違えがおきないんだよ。
こうゆうところ、いざという時の智慧として頭にインプットしておいてもらいたい。
店内には、60代くらいの男性のお一人様も多い。
たった独りの晩酌を、こんな早い時間から楽しんでいらっしゃる、嫌いじゃない。
だって、贅沢だもの。
やっぱりこの年代の方々は、ちゃんとお金を使って、世間に廻すサイクルを提供なさっていると思う。
若い世代は、お金のかからない事ばかりを考えて、食は適当にコンビニで買って、後はゲームとかなんだろうな。
うちの子たちの世代は、どうなっちゃうんだろうね。
「断シャリ」なんてとんでもない!
とっておく時代がくるのかもね。

浅草の夜は、面白い。
提灯の灯りがポッと映えて、「千と千尋の神隠し」の湯やのある街のような感じだ。
客引きがこれだけあるのも、
こどもたちにとっては、「グアム」、国内ではあまり記憶がない。

ブワン、ブワンと不思議な夜の風にあたりながら、
こども二人と腕を組んで流しておりました。

「ママが子供の頃には、このへんに『見せ物小屋』があったんだよぉ。」
叔母がSKDの団員だったので、本当によくこのあたりには繰り出していました。

夜の六区界隈。
「女の裸ばっかりの映画、800円だって。」
「ヤクザの映画専門の映画館って、珍しいね。」

パンダ君、少し、口をつつしみなさい。
それから、人の目をみないで、喉仏をみるんだよ。
ついでに、思った事をそのまま口に垂れ流すんじゃない訓練もしてみようか。

映画館、
フランス座、
ROX'Sと頭で考えて黙っていたら、脳が糖分を求めたそうです。
クレープを買っておみやげに。

ホテルのバスタブを楽しむために、「バスバブル1回分」も買いました。

部屋に入ると、お風呂の順番決めです。
「今日は、ホテルだから、お湯が使い放題です。たっぷり使おう!そして、独りごとにお湯を流して新しいのにしよう!」
「うぉ~!」

そんなこんなで、
また3学期がんばるぞぉ〜、と英気を養って参りました。


新学期がはじまったら、お相撲大会の練習ですね。
もし、機会があったら、
ちょこっとでも、テレビで観戦しておいてもらって、
醜名もちゃんと考えますので、心の準備をおねがいしますね。

|

« 楽団「ぺとら」の野外活動 | トップページ | お相撲の練習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます2011:

« 楽団「ぺとら」の野外活動 | トップページ | お相撲の練習 »