« ショコラ | トップページ | お祭り »

スズメバチにご注意!

二学期始業してしばらくは、とっても暑い日が続いていたので、
「ジガバチ」が、園庭にきてしまいました。
土の中に巣をつくろうと地面の近くに飛んでくるので、
すぐに報告をもらって、網で捕獲、ハチスプレーで殺虫して、マンホールの中に捨てていました。
暑いのは、もう終わりかと思って、油断していたら、
昨日は、なんと!「スズメバチ」に対面してしまいました。

自宅での事です。

少し早めに帰宅して、洗濯物をとりこんで、いつものように風呂場の脱衣所で畳んで収納していました。
気付いたのは、かなり後半戦です。
洗濯物の山が少しすっきりしてきたところで、息子パンダの黒いズボンの上に、
「スズメバチ」がいて、私をガン見していました。

目があいました。

急いだり、声を出すと危険なので、とにかく目をそらし、脱衣所から出るとドアを閉め、玄関の外に捕虫網をとりにいきました。

えらいなぁ、私。
職業での経験が活きました。

昨日もかなり寒かったので、スズメバチ氏も動きが緩慢だったため、
いつものように捕虫網に納まりました。

さて、ここからが問題です。
すごく考えました。

園でジガバチを処理するときも、
できるだけ二人の先生で手分けをして、
ひとりが網をはずす、ひとりが殺虫スプレーをかけると複数の目で確認をするようにしています。

家でひとりでやるのは危険。
そう判断しました。

もし、万が一、失敗して、スズメバチに威嚇されて刺された場合。
家でひとりなので、助けが呼べない。

とりあえず、捕虫網ごとビニール袋につつみ、
小4の息子パンダの帰りを待つことにしました。

息子の黒ズボンも、まだスズメバチと一緒です。
家の外のなるべく日陰に出しておきました。
気温が低ければ低いほど良いと思ったからです。

でも、そのスズメバチ氏が、なんらかの方法で仲間を呼んでしまったら、
「どぉ〜しよ〜〜〜」
とは、思いましたが、その時には、私は家に篭城しているので大丈夫と思いました。

ほどなくして、息子が帰宅。
ことの顛末を話すと、
「もっと気温がさがる夜まで待とう」と彼がいうので、
そのまま放置。

夜になって、おそるおそるビニール袋をあけ、殺虫スプレーをして、
何重にもビニール袋に包んで、ゴミ箱に捨てました。
パンダのズボンは、諦めました。


それで、
その事を先生方に報告したところ。

今の季節、「スズメバチ」が危ないそうです。
巣に戻るのを寒くて諦めて、越冬するために洗濯物の中にまぎれこんで、
そのままタンスにしまってしまう事もあるそうです。
それを知らないで、着てしまって、「チクン」と刺されて病院に直行!という事もあるそうですよ。

洋服ダンスの鍵穴にも、入り込むそうです。

寒くなって、慌てているのは、
虫たちも同じなのですね。


そういえば、
まだ蚊もいました。

慌てて吸っているようで、
すっごく小さな痕しか残ってなかったけれどもね。

とにかく、
「スズメバチ in the 洗濯物」には、ご注意を!

|

« ショコラ | トップページ | お祭り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スズメバチにご注意!:

« ショコラ | トップページ | お祭り »