« ベンダビリリ | トップページ | 「スタッフ・ベンダ・ビリリ」 »

ササクサス

「墨田川アートプロジェクト」
http://gts-sap.jp/
という芸大、台東区、墨田区(GTS)が手をつなぐアートイベントのひとつ、芸大の「日比野克彦」さんが監修をする雷門1丁目~2丁目の地域密着型の「ササクサス」
http://www.sasakusas.net/5F0395AE-B004-476B-B31B-86C56DE1E20F.html
が、10、11月の休日にあいついで行われています。
ササクサスの活動の予告は、
「予告ササクサス」というページで告知をしていますが、これはあくまでもタイトルのみ。地域密着なので、「ササクサス協力店」の地図を参照に、例えば「提灯屋さん」や「快眠グッズショップ」なんかにイベントを情報を知りたい方が出向いて、直接「顔と顔」とで情報を得てほしい、というのがねらいのひとつでもあるようです。
また、その実況として「報道ササクサス」というものがあり、専用のブログがもうすぐオープンします。アートイベントを追いかけて密着取材をしてくれる模様です。

参加しているアーティストは、「芸大」の「日比野克彦研究室」の院生の皆さん、OBの皆さん、それに、「芸大」の集中講義で近藤良平さんのダンスパフォーマンスを履修された方々による「パレード」と、私の紙芝居仲間たち。
出演日程は、「予告ササクサス」のページでご覧になる事ができます。

大きなバルーンをみんなで足踏みポンプで踏んで膨らませるパフォーマンスや、家族についての「宿題」を公園で出してもらうワークショップ等、私も自分の子供と一緒に参加してみたいなぁ、と総合ゲネプロを見て思いました。

私が所属している「いまどきの紙芝居」を考える会である「Kamishibaing」も、リサーチ協力から当日のイベントまで、いくつかに分かれて参加をしています。例えば、若き街灯紙芝居師の「佐々木遊太」さんは、紙芝居劇場を自転車に載せた伝統的なスタイルで登場する他、現代風にiPhoneを使って題材となるお客様の顔を撮影して、それをiPadで紙芝居に展開。これは、私もゲネプロで実演を見ましたが、見事なものでした。と、いうかiPadがすごく欲しくなってしまった。
倍音プレーヤーでいろんな民族楽器を演奏される「シマカワコウヂ」さんは、地元の「田原小学校」にて、「戦争の話」を授業としても展開されているそうです。
そして、私は、つるさんこと「小澤敏也」さんのパンデイロチーム「ジングルジム」の一員として、活動に参加をしています。出没は、11/7(日)午後です。同じ日には、二人演劇アートの「山山山」、近藤良平さん監修「パレード」、下北沢の路上で点描を描きつづけているアーティストの
「山下祐人」さんが活動されるようです。


ちょうどちょっと前に見た映画の「ハーブ&ドロシー」
http://www.herbanddorothy.com/jp/
の予告編で、裕福でない普通の勤め人の老夫婦が、趣味で現代アートを集めているというものがありました。「お金はないけれど、彼には見る目がある」という事で、安価で、小さな部屋に納まるようなミニサイズの現代アートを細々を収集した結果、現在においてはものすごく価値のあるコレクションになり、現代アート界の注目を集めているというのです。
「アートって楽しい」
私は、その時に自分が今とり組んでいる「ササクサス」の活動と重ね合わせてそう思いました。

芸大の院生さん、OBさんたちは、美術の専門家。「アート」という言葉を使用する時には、重みがあると思います。でも、私たちジングルジムは、音楽家である「ミュージシャン」。「アートをする」と思う事自体が新鮮で楽しくてたまりません。日常のふとした出来事を美しくしてみる。面白い事を連続して並べてみる。今回出会ったアーティストの皆さんの活動を知っていくうちに、また新しいことが閃いたりもします。
「ミュージシャンも『アーティスト』なんだよね。」
そう、メンバーと確認しあって、浅草への道を楽しんで、ストップウォッチ片手に時間を計りつつ、音楽をつくっていきました。

まり先生の気持ちBGMは、「サウンド オブ ミュージック」の「コンフィデンスミー」。マリアが修道院からトラップ家に向かう時に自分を奮い立たせた曲です。

商店街の皆さんの中には、「ササクサス協力店」として、情報提供などのご協力をしていただいているお店もあります。先日は、日比野さんを囲んだ商店街の皆さんとの顔合わせもありました。熱心な質問から、浅草への皆さんの愛情を感じ取り、活動に参加させていただく気持ちが改まりました。
Cimg1702

写真は、一生の記念にと、二回しか面識のない「日比野克彦」さんにブログ用に2ショットをおねがいしたところです。
うちの幼稚園出身の全ての美術関係者たちのために、おねがいしちゃいました。
美術がんばってるみんな、
アートの話をまた、幼稚園に報告にきてね。
待ってるね。


|

« ベンダビリリ | トップページ | 「スタッフ・ベンダ・ビリリ」 »

ぺとら&外部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ササクサス:

« ベンダビリリ | トップページ | 「スタッフ・ベンダ・ビリリ」 »